GJ > 競馬ニュース > 地方競馬で大量除外
NEW

地方競馬「大量除外」でまさかの「牝馬限定戦」に。思い出されるJRA函館スプリントSの「16億円」

【この記事のキーワード】, , ,

地方競馬「大量除外」でまさかの「牝馬限定戦」に。思い出されるJRA函館スプリントSの「16億円」の画像1

 7日、地方競馬で「異例」の事態が発生した。

 園田競馬8Rは12頭立てで行われるはずだったが、半数以上の7頭が「競走除外」になった。

 競走除外の原因は負担重量の「記載間違い」のためだった。本来、3歳牡馬は55キロの斤量だが、ミスにより出馬表に56キロと記載。牝馬との斤量差が2キロに広がってしまい、公正な競馬が確保できなくなるとして7頭の牡馬が競走除外になった。

 これにより、12頭立ての3歳混合戦で行われるはずのレースが、5頭立て“牝馬限定戦”になってしまった。すでに予想をしていたファンにとっては、痛手だったはずだ。

 今回、園田競馬で発生してしまった大量の競走除外だが、昨年にJRAでもこれ以上の競走除外が発生したことは記憶に新しいだろう。

 昨年6月、JRAは禁止薬物テオブロミンが混入された飼料添加物グリーンカルを摂取した恐れがあるとして、その週に出走する156頭を競走除外にすると発表した。

 このグリーンカルの流通、販売を行っていたのは主にJRAファシリティーズなど、JRAの関連の4社。正規のルートで購入した商品が原因で、156頭ものサラブレッドが予定のレースに出走できない事態となってしまった。

 禁止薬物騒動が発生した週に行われた函館スプリントS(G3)も、この煽りを大きく受けた。本来、13頭立てで行われる予定だったが、約半数の6頭が除外。この除外対象にはダノンスマッシュなどの有力馬も含まれており、がっかりしたファンも多かっただろう。

 この競走除外の影響は馬券売上にも顕著にみられた。このときの函館スプリントSの売上は27億2416万6700円で、前年から37.1%減少している。金額にして、約「16億円」の減少だ。やはり大量除外がファンの購買意欲を大きく下げたことが、売上ダウンの原因に思われる。

 それだけに園田競馬の大量除外も大きな影響を与えたのではないだろうか。影響額も気になるところだ。

 ちなみに5頭立てで行われたレース結果は、2番人気→1番人気→3番人気の順で決着。三連複210円、三連単1620円の堅い配当になった。もしかすると配当よりも、返還金額の方が多いなんて人もいたのでは……。

 馬主、陣営には全く非のない除外だけに、今後は同様の事態が起こらないことを願うばかりだ。

地方競馬「大量除外」でまさかの「牝馬限定戦」に。思い出されるJRA函館スプリントSの「16億円」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ