GJ > 競馬ニュース > アーモンドアイ8冠に黄色信号!?
NEW

JRA大本命アーモンドアイ8冠に黄色信号!? 安田記念(G1)「単勝1倍台」敗北の歴史と、過去の傾向から浮かび上がるアノ馬!

【この記事のキーワード】, ,

JRA大本命アーモンドアイ8冠に黄色信号!? 安田記念(G1)「単勝1倍台」敗北の歴史と、過去の傾向から浮かび上がるアノ馬!の画像1

 7日、東京競馬場で安田記念(G1)が開催される。今年はアーモンドアイが史上初の「G1・8勝」をかけて出走することに加えて、G1馬10頭の超豪華メンバーが集結したことで盛り上がること必至だ。

 ヴィクトリアマイル(G1)で余裕を見せながらも圧勝したアーモンドアイは、“まるで追い切りだった”とまで言われるほど。豪華メンバー集結とはいえ、単勝オッズは1本かぶり間違いないだろう。

 そこで、過去10年の安田記念で単勝オッズ1倍台の馬が出走したレースを振り返ってみたい。

 2014年 ジャスタウェイ1着(単勝1.7倍)
 2016年 モーリス2着(単勝1.7倍)
 2019年 アーモンドアイ3着(単勝1.7倍)

 圧倒的な支持を集めた3頭だが、勝利したのはジャスタウェイ1頭のみ。勝率は33%で、もし3頭の単勝を購入した場合の単勝回収率は「56.7%」という散々たる数字だ。

 ジャスタウェイは人気に応えて勝利しているものの2着とハナ差の辛勝。また、このとき2着が16番人気グランプリボス、3着が10番人気ショウナンマイティだったため、3連単は37万3470円の高配当が飛び出した。圧倒的1番人気が勝利しても、「荒れる」安田記念は健在といったところだろうか。

 今年のアーモンドアイは単勝1倍台のジンクスに加えて、過去の名馬が跳ね返された「G1・8勝」の壁を越えなければならない。ただでさえ、今年の安田記念は強敵ぞろいなのに“見えない敵”とも戦わなければならない。いくら現役最強馬とはいえ、勝利するのは容易いことではなさそうだ。

 また、安田記念にはリピーターが目立つ傾向もある。過去10年の結果は以下の通り。

 スマイルジャック 10年3着、11年3着
 ストロングリターン 11年2着、12年1着
 グランプリボス 12年2着、14年2着
 ショウナンマイティ 13年2着、14年3着
 モーリス 15年1着、16年2着
 ロゴタイプ 16年1着、17年2着
 アエロリット 18年2着、19年2着

 かなり高い確率でリピーターが馬券に絡んでいることがお分かりになるだろう。今年の出走メンバーで、該当する可能性があるのはインディチャンプとアーモンドアイの2頭。だが、アーモンドアイには前述の懸念材料があるため除外すると、馬券の要としてインディチャンプが浮上するのだ。

JRA大本命アーモンドアイ8冠に黄色信号!? 安田記念(G1)「単勝1倍台」敗北の歴史と、過去の傾向から浮かび上がるアノ馬!の画像2

 昨年はマイラーズC(G2)4着から安田記念に挑戦して勝利したインディチャンプ。今年はマイラーズCを勝利して大一番に挑むため、万全の態勢と言えるだろう。

 さらに鞍上の福永祐一騎手は先週の日本ダービー(G1)をコントレイルで制したばかり。皐月賞(G1)をコントレイルで制した翌週に、マイラーズCをインディチャンプで勝利しており、偶然にも今回も同じ流れ。福永騎手の2週連続G1制覇に追い風だ。

 過去の法則からはアーモンドアイよりもインディチャンプの方が、軸としては最適なのかもしれない。

JRA大本命アーモンドアイ8冠に黄色信号!? 安田記念(G1)「単勝1倍台」敗北の歴史と、過去の傾向から浮かび上がるアノ馬!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内