アーモンドアイの最新ニュース記事 まとめ

(357件)

アーモンドアイ(2015年3月10日生まれ)は、JRA所属の競走馬である。2018年に日本競馬史上5頭目となる牝馬三冠を達成。同年のジャパンC(G1)では勝ち時計2分20秒6をマークして世界レコードを樹立した。2020年度ロンジンワールドベストレースホースランキングでは牝馬世界1位にランクイン。日本調教馬として初めて総獲得賞金が19億円に到達した。引退後はノーザンファームで繁殖入り。初年度にはエピファネイアの初仔を受胎し、2022年1月に初子となる牡馬が誕生した。2023年1月には2番仔としてモーリス産駒の牡馬を出産した。美浦・国枝栄厩舎、主戦はC.ルメール騎手。

主な勝ち鞍は桜花賞(G1)、オークス(G1)、秋華賞(G1)、ジャパンC(G1)、ドバイターフ(G1)、天皇賞・秋(G1)、ヴィクトリアマイル(G1)など多数。引退レースのジャパンC(G1)ではコントレイル、デアリングタクトなどと三冠馬同士の激戦を制し有終の美を飾った。

Ranking

5:30更新
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  6. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  7. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  8. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性