GJ > 競馬ニュース > アーモンドアイ一蹴した名牝の血が宝塚記念前に激突!ハナ差の激戦を制したのは川田将雅と弟のコンビ
NEW

アーモンドアイ一蹴した名牝の血が宝塚記念前に激突!ハナ差の激戦を制したのは川田将雅と弟のコンビ

【この記事のキーワード】, ,
有馬記念を制したリスグラシュー
有馬記念を制したリスグラシュー

 9日の京都競馬場で行われた6Rの3歳未勝利戦。18頭のフルゲートで争われた芝1800mの一戦を制したのは、川田将雅騎手が騎乗した1番人気のエボルヴィング(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)。昨年12月のデビュー戦から前走の未勝利戦まで2着が続いたが、3戦目にして初勝利を手にした。

宝塚記念前にリスグラシューの近親対決が実現

 その勝ち馬を上がり最速33秒9の末脚でハナ差まで追い詰めたのが、松若風馬騎手が騎乗した4番人気シュヴェルトリリエ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)。両馬が横一線に並んだゴール前の壮絶な叩き合いは写真判定の結果、エボルヴィングに軍配が上がった。

 重賞でもなく3歳未勝利戦に過ぎなかったこのレースだが、血統的に魅力のある2頭の対決となった点はファンの興味を引いた。

 というのも勝ち馬のエボルヴィングの母はリリサイド、2着のシュヴェルトリリエの母母もまたリリサイドだったからである。勘のいい読者は既にお気づきだろうが、リリサイドといえば名牝リスグラシューの母として知られる馬。つまり、リスグラシューの全弟と初仔の対決だったわけだ。

 春のクラシックへの参戦は叶わなかったものの、リスグラシューが晩成タイプだったように、成長力に定評のある母系は魅力。今後の活躍次第では、秋の重賞挑戦や大舞台も視野に入ってくるかもしれない。

あのアーモンドアイも有馬記念は勝てなかった
あのアーモンドアイも有馬記念は勝てなかった

 宝塚記念前に近親2頭の対決で名前の挙がったリスグラシューだが、本馬は古馬になって本格化を迎え、4歳秋にエリザベス女王杯(G1)を制して初G1制覇を成し遂げ、翌19年の6月に宝塚記念を快勝。10月には豪州のコックスプレート(G1)も優勝し、ラストランの舞台となった有馬記念(G1)でアーモンドアイを一蹴して有終の美を飾った。

あのアーモンドアイも有馬記念は惨敗

 現役時代に芝G1・9勝の偉業を達成したアーモンドアイだが、9勝中6勝を東京競馬場で制した東京巧者。宝塚記念に出走したことはなく、19年の有馬記念がグランプリ初挑戦だったものの、単勝1.5倍の圧倒的支持に応えられず9着に完敗した。こういったことも歴代最強牝馬として突出した実績を持ちながら、パーフェクトとは言い切れない一面といえるだろう。

 近年で有馬記念と宝塚記念の両グランプリの連覇は、先述のリスグラシュー(19年宝塚、有馬)、クロノジェネシス(20年宝塚、有馬、21年宝塚)、イクイノックス(22年有馬、23年宝塚)らが成功。今年は昨年の有馬記念を優勝したドウデュースにグランプリ連覇の期待がかかる。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

アーモンドアイ一蹴した名牝の血が宝塚記念前に激突!ハナ差の激戦を制したのは川田将雅と弟のコンビのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬