GJ > 競馬ニュース > 【単勝1.1倍】ルージュスエルテ「衝撃」の5馬身圧勝劇! 国枝栄調教師「リスグラシューのようになってほしい」ハーツクライ最後の大物出現か
NEW

【単勝1.1倍】ルージュスエルテ「衝撃」の5馬身圧勝劇! 国枝栄調教師「リスグラシューのようになってほしい」ハーツクライ最後の大物出現か

【この記事のキーワード】, ,
【単勝1.1倍】ルージュスエルテ「衝撃」の5馬身圧勝劇! 国枝栄調教師「リスグラシューのようになってほしい」ハーツクライ最後の大物出現かの画像1
横山和生騎手 撮影:Ruriko.I

 22日、東京競馬場で行われた6R・2歳1勝クラスは、圧倒的1番人気に推されたルージュスエルテ(牝2歳、美浦・国枝栄厩舎)が勝利。単勝1.1倍に応える5馬身差の圧勝だった。

 噂の大物は、やはりホンモノだった。

 9頭立てで行われた芝1400mのレース。スタートを決めたルージュスエルテは、鞍上の横山和生騎手が軽く促すとスピードの違いでハナへ。単勝12.3倍と大きく水をあけられた2番人気のピンクヴェノムら後続も必死について行ったが、ラスト400mを切ったところでジョッキーが軽く促すと、あっという間に突き放された。

 結局、鞍上がムチを一度も使わないノーステッキ勝利。1頭だけがまったく次元の異なる走りを見せ、まるで公開調教のような楽勝劇だった。

「強いレースでした。スローペースだったこともあって、道中は首を振って行きたがっていましたし、スパートした際も頭が高く、まだまだ本気で走れていない様子……。

レース後に横山和騎手も『先に向けての課題は残ったが、今日に限っては順当じゃないでしょうか』と話した通り、まだまだ幼さが残っていますが、それであの走りですからね。非常に大きなスケールがある馬だと思います」(競馬記者)

 記者曰く、このレースは事前にちょっとした話題になったという。週明けの段階での登録馬は、なんとルージュスエルテただ1頭だったのだ。最終的に9頭立てとなったが、1勝クラスのレースながら1勝していたのは、わずか3頭という寂しいメンバー構成だった。

国枝栄調教師「リスグラシューのようになってほしい」

「デビュー前の追い切りから2歳馬離れした時計を出していたこともあって、(管理する)国枝調教師が同じハーツクライ産駒の『リスグラシューのようになってほしい』と期待をかけるなど、非常に評判が高かった馬。

結果的に寄せ集めのようなメンバー構成になってレベルに疑問符は付きますが、少なくともレース自体の上がり3ハロン33.4秒は2歳の芝1400m戦で史上最速タイ。まだまだ本気で走っていない中で、あの瞬発力ですから末恐ろしい存在ですね」(別の記者)

 ルージュスエルテの文句なしの圧勝劇には、国枝調教師も大きな手応えを得たようだ。気になる次走については「クラブ(東京ホースレーシング)と相談して」としながらも「マイルから1800mくらいまで走ってくれれば」と12月の2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルF(G1)を意識したコメントを残している。

 今年の2歳世代がラストクロップとなるハーツクライ。果たして、ルージュスエルテは「ハーツクライ最後の大物」と称される存在になれるか。“リスグラシュー2世”の今後には大きな注目が集まりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【単勝1.1倍】ルージュスエルテ「衝撃」の5馬身圧勝劇! 国枝栄調教師「リスグラシューのようになってほしい」ハーツクライ最後の大物出現かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!