GJ > 競馬ニュース > 【天皇賞・秋(G1)展望】世界No.1イクイノックスVSダービー馬ドウデュースが1年5か月ぶりに激突!「近5年4勝」C.ルメールVS「歴代最多6勝」武豊の頂上決戦
NEW

【天皇賞・秋(G1)展望】世界No.1イクイノックスVSダービー馬ドウデュースが1年5か月ぶりに激突!「近5年4勝」C.ルメールVS「現役最多6勝」武豊の頂上決戦

【この記事のキーワード】, ,
【天皇賞・秋(G1)展望】世界No.1イクイノックスVSダービー馬ドウデュースが1年5か月ぶりに激突!「近5年4勝」C.ルメールVS「現役最多6勝」武豊の頂上決戦の画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 29日、東京競馬場では第168回天皇賞・秋(G1)が芝2000mを舞台に開催される。最大の注目は、もちろん世界No.1ホースのあの馬だろう。

 今春のドバイシーマC(G1)でレーティング129を獲得し、目下G1を4連勝中のイクイノックス(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)である。2走前に叩き出した数字は、半年以上経った今も世界1位のままだ。

 昨年の春は皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)で連続2着に敗れたイクイノックス。特にダービーはドウデュースとクビ差の惜敗だった。

 連勝街道が始まったのはちょうど1年前。1番人気に推された昨年の当レースで上がり32秒7という驚愕の末脚を見せ、逃げるパンサラッサを捉えてG1初制覇を成し遂げている。その後は有馬記念(G1)を完勝すると、前出のドバイシーマCを3馬身半差で圧勝。さらに帰国初戦の宝塚記念(G1)でスルーセブンシーズを退けた。

 この秋は11月のジャパンC(G1)を最大目標に掲げ、当初は秋1戦だけの可能性もあったが、陣営は秋盾とジャパンCの“両獲り”を決意したようだ。

 ジャパンCには中3週で臨むことになるため、今回は仕上がりが大きなポイントとなる。次走を見据えて7~8分の出来で出走してきてもおかしくないが、18日の1週前追い切りは美浦南Wで6ハロン78秒9-11秒8の好時計を馬なりでマーク。態勢は十分に整っている。

 鞍上はもちろんデビューから全8戦で手綱を取っているC.ルメール騎手。2018年のレイデオロから昨年のイクイノックスまで過去5年で4度の秋盾獲りに成功している。1週前追い切りで愛馬の感触を確かめると、『スポーツニッポン』の取材に「心身ともにいい。秋は彼にとってベストシーズン」と自信をのぞかせており、連勝を5に伸ばす可能性は高そうだ。

【天皇賞・秋(G1)展望】世界No.1イクイノックスVSダービー馬ドウデュースが1年5か月ぶりに激突!「近5年4勝」C.ルメールVS「現役最多6勝」武豊の頂上決戦の画像2
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 昨年5月のダービー以来、イクイノックスと約1年5か月ぶりの直接対決を迎えるドウデュース(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)は完全復活を懸けて秋初戦に臨む。

 ご存じの通り、ダービーではイクイノックスを振り切ったものの、皐月賞では先着を許しており、通算成績は1勝1敗。ドウデュースもジャパンC参戦を予定しているが、まずは3度目の対決で勝ち越しておきたいところだろう。

 昨秋は国内に専念したライバルに対し、ドウデュースはフランス遠征を敢行。しかし、ニエル賞(仏G2)4着、凱旋門賞(仏G1)19着と、本来の力を全く発揮できなかった。

 国内復帰戦は今年2月の京都記念(G2)だった。エフフォーリアとの2強対決で注目されたが、競走を中止した相手を尻目に直線で持ち前の切れ味を発揮すると、2着馬に3馬身半の差をつけて快勝。改めて能力の高さを見せつけた。

 3月には再び海外へ転戦。ドバイターフ(G1)に矛先を向けたが、現地での調教後に左前肢ハ行を発症し、レース前日に無念の出走取消となった。その後は無理をさせず、京都記念から8か月半の間隔を空けて大一番に臨む。

 この秋は天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念と計3戦を予定。先を見据えた仕上げで臨むことになるのか、それともいきなりの全力投球か。秋の盾7勝目がかかる鞍上・武豊騎手の手腕にも注目だ。


 秋華賞(G1)で牝馬三冠を達成したリバティアイランドの中内田充正厩舎×川田将雅騎手の黄金コンビだが、天皇賞・秋はプログノーシス(牡5歳、栗東)で金星を狙う。

 同馬はデビュー2戦目の毎日杯(G3)でシャフリヤールの3着に食い込むなど早い時期から期待されていた。その後は3歳夏から4歳夏にかけて間隔を空けながら3連勝で3勝クラスを突破。オープンに昇級したものの、上のクラスでは後方から差し届かずの惜しい競馬が続いた。

 そんなプログノーシスが重賞初制覇を飾ったのは今年3月の金鯱賞(G2)。最後の直線で後方一気の末脚を披露し、中距離界のスター候補に躍り出た。

 同レースで大阪杯(G1)の優先権を手に入れたプログノーシスだったが、疲れもあって回避。陣営は4月のクイーンエリザベス2世C(香港G1)への挑戦を決断した。

 日本からは他にダノンザキッドとジェラルディーナのG1馬2頭も出走していたが、香港の絶対王者ロマンチックウォリアーに迫ったのはプログノーシスだった。Z.パートン騎手を背に道中は最後方の7番手を追走。直線ではややスムーズさを欠きながらも残り200mから鋭く伸びて2着に健闘している。

 その後は一息入れ、夏の“スーパーG2”札幌記念に出走。海外遠征の疲れも全く見せず、2着馬に4馬身差をつける会心の勝利で2つ目の重賞タイトルを手中に収めた。

 札幌記念の勝利については陣営から緩い馬場への適性もあったというコメントが出ている。今回は条件が全く異なる東京の軽い馬場が舞台。5歳を迎え本格化を果たしたプログノーシスの真価が問われることになるだろう。

【天皇賞・秋(G1)展望】世界No.1イクイノックスVSダービー馬ドウデュースが1年5か月ぶりに激突!「近5年4勝」C.ルメールVS「現役最多6勝」武豊の頂上決戦の画像3
スターズオンアース

 昨年の二冠牝馬スターズオンアース(牝4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)は、オークス(G1)以来の勝利を狙う。

 昨年の秋華賞では三冠にあと一歩まで迫ったが3着に惜敗。今年初戦の大阪杯は前残りの展開を1頭だけ後方から追い込んで僅差の2着と現役トップクラスの力を見せた。

 さらに3戦連続で1番人気に支持されたヴィクトリアマイル(G1)でソングライン、ソダシという一流マイラーに交じって3着。オークス後と秋華賞後の2度の骨折を乗り越え、常に上位争いを演じてきた底力はもっと評価されるべきだろう。

 ヴィクトリアマイル後にルメール騎手が「マイルでの瞬発力の差が出た」と敗因を挙げていたように、距離は2000m以上がベター。キャリア10戦全てが3着以内という安定感の持ち主で、条件が好転する今回も当然上位争いに顔を出すはずだ。

 今回はルメール騎手に替わってM.デムーロ騎手が手綱を取るが、大舞台でどんな騎乗を見せてくれるだろうか。

【天皇賞・秋(G1)展望】世界No.1イクイノックスVSダービー馬ドウデュースが1年5か月ぶりに激突!「近5年4勝」C.ルメールVS「現役最多6勝」武豊の頂上決戦の画像4
ジャスティンパレス 撮影:Ruriko.I

 今年の天皇賞・春(G1)で待望のG1制覇を遂げたジャスティンパレス(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)にも勝機はある。

 前走の宝塚記念でイクイノックスとスルーセブンシーズの3着に好走したように、中距離でも実力は上位だ。今回は横山武史騎手と初コンビを結成し、17年キタサンブラック以来の春秋盾制覇を狙う。


 ダノンベルーガ(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)は、昨年のダービーでイクイノックスとドウデュースを押しのけて1番人気に支持された世代屈指の素質馬。同レースで4着に敗れると、その後は昨年の当レース3着を含めて惜しい競馬が続いている。3戦連続となるJ.モレイラ騎手とのコンビで、昨年の共同通信杯(G3)以来、1年8か月ぶりの勝利をつかめるか。


 これ以外には、今春の大阪杯を制したジャックドール(牡5歳、栗東・藤岡健一厩舎)が1年ぶりに藤岡佑介騎手とのコンビで臨むほか、昨年のセントライト記念(G2)勝ち馬で、今春はマイル路線でも結果を出したガイアフォース(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)、重賞3勝の実績馬ヒシイグアス(牡7歳、美浦・堀宣行厩舎)なども虎視眈々と金星ゲットを狙う。

 大目標のジャパンCを前に世界No.1のイクイノックスがその強さを見せるのか、それともドウデュースがダービーに続きライバルを撃破するのか、あるいは思わぬ伏兵が現れるのか。注目の天皇賞・秋は29日、15時40分に発走を予定している。

【天皇賞・秋(G1)展望】世界No.1イクイノックスVSダービー馬ドウデュースが1年5か月ぶりに激突!「近5年4勝」C.ルメールVS「現役最多6勝」武豊の頂上決戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か