GJ > 競馬ニュース > 横山典弘「27年ぶり」ドバイ決戦へ。「自分の命と引き換えに僕を守ってくれた」盟友ホクトベガの死で止まった時間…今度こそ無事完走を
NEW

横山典弘「27年ぶり」ドバイ決戦へ。「自分の命と引き換えに僕を守ってくれた」盟友ホクトベガの死で止まった時間…今度こそ無事完走を

【この記事のキーワード】, ,
横山典弘「27年ぶり」ドバイ決戦へ。「自分の命と引き換えに僕を守ってくれた」盟友ホクトベガの死で止まった時間…今度こそ無事完走をの画像1
横山典弘騎手 撮影:Ruriko.I

無敵の女王ホクトベガの訃報から27年

 

「(1つ)前のレースの馬が残っているかと……」

 1995年の6月13日、「事件」は起きた。この日に川崎競馬場で行われたダートの女王決定戦エンプレス杯には、中央から2年前のエリザベス女王杯(G1)を制した「女王」ホクトベガが参戦することで注目されていたが、この衝撃的な結末を誰が予想できただろうか。

「ホクトベガ、2番手以降を大きく離して今、ゴールイン! 2着は……今、入線、これが黄色い帽子5番のアクアライデン」

 ゴール前とは思えない、やや間の抜けてしまった実況になったのも仕方がない。何せ、2着以下の後続馬がなかなか来ないのだ。ホクトベガと横山典弘騎手が2着アクアライデンにつけた着差は、なんと3.6秒。約18馬身という圧倒的な大差は、4着馬に騎乗していた山崎尋美騎手が「(1つ)前のレースの馬が残っているかと……」と錯覚してしまうほどだった。

 帝王賞などを制したダート王ナリタハヤブサと同じナグルスキー産駒。芝G1馬のホクトベガだが、デビューから3戦連続でダートを使われるなど、早くからその高い適性が見込まれていた。しかしながら、ここまで強いとは……。当時の地方関係者だけでなく、競馬ファンの度肝を抜いたことは言うまでもない。

 ホクトベガはその後、これがフロックでないことを証明するかのようにダートでは連戦連勝。その強さは牝馬の枠を超え、7連勝を達成した1996年にはJRAの最優秀ダートホースに輝いている。

 翌1997年。そんな「砂の女王」が矛先を向けたのが、世界の頂だった。前年に世界最高賞金レースとして誕生したドバイワールドCである。

 壮行レースとなった川崎記念には、スタンド改装中の影響もあって3万人程度しか収容できないはずだった川崎競馬場に約6万人が押し寄せた。ホクトベガは、そんなフィーバーに応えるように堂々の勝利。地方交流10連勝となり、通算16勝目はグレート制導入以降のJRA所属馬の最多勝利を更新する記録となった。

 日本のダート最強馬として、まさに満を持す形で挑んだ世界の頂上決戦ドバイワールドC。主戦の横山典弘騎手や中野隆良調教師ら関係者だけでなく、日本の競馬ファンの期待も高まった一戦だったが、レース後にもたらされたのは思いもしない訃報だった。

 4コーナーで転倒したホクトベガは、後続馬を巻き込む落馬事故の発端となり、左前腕節部の複雑骨折。レース後に予後不良と診断され、安楽死処置を受けたのだ。

横山典弘騎手「馬に命を助けてもらって、今こうしていられる」

「自分の命と引き換えに僕を守ってくれた。本当にそう思っているんだ」

 あれから数年後、競馬ライターの平松さとし氏の取材を受けた横山典騎手は、当時をそう回想している。実は当初、ドバイ遠征についてオーナーサイドからは慎重論もあった。しかし、最終的には横山典騎手を始めとした陣営の熱意が勝った格好で遠征が実現した背景があった。

「馬に命を助けてもらって、今こうしていられる」

 結果論だけで誰が悪いと決めるのは、決してフェアではない。だが、主戦騎手として、当時の鞍上として横山典騎手に大きな影響を与えたレースになったことは言うまでもないだろう。現在の代名詞「ポツン」を始めとした馬に無理をさせない騎乗スタイルは、ホクトベガという盟友の別れを経て培われたものだ。

「招待されて、遠征することが決まりました」

 今月、中山記念を勝ったマテンロウスカイがドバイターフに挑むことが決まった。取材に応じた松永幹夫調教師が発表した鞍上は、主戦の横山典騎手である。本騎手がドバイで騎乗するのは、ホクトベガとのドバイワールドC以来27年ぶりだ。

 実は、ホクトベガの遺体は検疫の関係で日本へ運ぶことができなかった。故郷の酒井牧場のお墓には、本馬のたてがみが遺髪として納められているそうだ。今回の横山典騎手のドバイ遠征には、そんな背景もある。結果への期待も然ることながら、まずは無事に完走することを祈りたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

横山典弘「27年ぶり」ドバイ決戦へ。「自分の命と引き換えに僕を守ってくれた」盟友ホクトベガの死で止まった時間…今度こそ無事完走をのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配