GJ > 競馬ニュース > 【ジャパンC】C.ルメール「どちらが強いか分からない」アーモンドアイとの比較に一歩前進…イクイノックスが挑む賞金王とG1・9勝の名牝が残したスーパーレコード超え
NEW

【ジャパンC】C.ルメール「どちらが強いか分からない」アーモンドアイとの比較に一歩前進…イクイノックスが挑む賞金王とG1・9勝の名牝が残したスーパーレコード超え

【ジャパンC】C.ルメール「どちらが強いか分からない」アーモンドアイとの比較に一歩前進…イクイノックスが挑む賞金王とG1・9勝の名牝が残したスーパーレコード超えの画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 26日に開催される今秋最大の注目レース・ジャパンC(G1)。出走を予定している各馬の最終追い切りが、東西トレセンで行われた。

 G1・5連勝中の現役最強馬イクイノックス(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)は、美浦のウッドコースで3頭併せを敢行。真ん中に進路を取ると、両サイドからのプレッシャーもまったく問題にすることなく、終始楽な手応えで堂々と駆け抜けてみせた。

 マークした時計は5ハロン67秒5、ラスト1ハロン11秒3。これは前走・天皇賞・秋(G1)の最終追い切り時とほぼ同じタイムである。キャリア初の中3週というタイトなレース間隔がやや危惧されているものの、稽古の動きからみればレコードタイムを叩き出した前回と遜色のないデキであるとみていいだろう。

 ジャパンCを勝てば史上最多に並ぶG1・6連勝となる。さらに優勝賞金の5億円を獲得すれば、歴代賞金トップであるアーモンドアイの19億1526万3900円を上回るだけでなく、史上初の20億円ホースも視野に入る。

 レコード勝ちの反動が多少気になるところではあるが、現時点でのデキに関してほとんど問題なしと言えそうだ。主戦のC.ルメール騎手も「イクイノックスはいまがピーク」と話すように、終わってみればこの世界ナンバーワンホースにとっては何もかもが杞憂だったということになるのかもしれない。

G1・9勝の名牝が残したスーパーレコード超え

 また、これだけ充実期を迎えているのであれば、イクイノックスにはジャパンCでアーモンドアイの最多賞金更新だけではなく、同馬が2018年にマークした東京・芝2400mのレコードである2分20秒6の更新にも注目が集まる。

 もともと今年のジャパンCは、タイトルホルダーの単騎逃げでレースが進むことが予想されていた。ただ、ここに現役屈指の逃げ馬であるパンサラッサも参戦を表明。どちらも先手を奪ったときにもっとも本領を発揮するタイプの馬である。仮に2頭がハナ争いを演じる展開になればハイペースは必至だろう。

 それに加え、東京競馬場のある府中市は、今週末にかけて好天が続く予報となっている。そのため当日はパンパンの良馬場で開催されることが濃厚。展開面、そして絶好の馬場コンディションであることを考慮すると、トーセンジョーダンのレコードを約1秒も更新した天皇賞・秋に続いて、ジャパンCでもスーパーレコードが記録される可能性は十分ありそうだ。

 奇しくもイクイノックスとアーモンドアイ両馬の主戦であるルメール騎手は天皇賞・秋の後、2頭について「どちらが強いか分からない」とコメントしていたが、果たしてイクイノックスはアーモンドアイの最多賞金を上回るとともに、「更新不可能」とも思われた2分20秒6の壁を越えることができるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【ジャパンC】C.ルメール「どちらが強いか分からない」アーモンドアイとの比較に一歩前進…イクイノックスが挑む賞金王とG1・9勝の名牝が残したスーパーレコード超えのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”