GJ > 競馬ニュース > 【ジャパンC(G1)展望】イクイノックスVSリバティアイランドの頂上決戦開幕! ドウデュースの武豊は間に合うのか
NEW

【ジャパンC(G1)展望】イクイノックスVSリバティアイランドの頂上決戦開幕! ドウデュースの武豊は間に合うのか

【ジャパンC(G1)展望】イクイノックスVSリバティアイランドの頂上決戦開幕! ドウデュースの武豊は間に合うのかの画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 26日、東京競馬場では国際招待競走のジャパンC(G1)が行われる。当初は少頭数で覇権が争われると思われていたが、結局、フルゲート18頭(特別登録21頭)による戦いが見られそうだ。

 中心はもちろん世界No.1ホースのイクイノックス(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)だろう。

 通算成績は9戦7勝、2着2回。敗れた昨春の皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)はまだ体質的に弱く、満足な調教ができなかった。昨秋以降は体質も強化され、昨年の天皇賞・秋(G1)からG1を5連勝中だ。

 ただ5戦すべてを圧勝しているわけではない。昨年の天皇賞・秋は大逃げを打ったパンサラッサをゴール寸前で捉えての辛勝。今春の宝塚記念(G1)もスルーセブンシーズとの差は僅かクビだった。

 ただ4歳秋を迎えて更なる進化を果たした可能性は高い。それを証明したのが連覇を果たした前走の天皇賞・秋だ。

 ジャックドールが序盤から飛ばして、1000m通過が57秒7のペースを3番手で追走したイクイノックス。直線で先行馬が次々と脱落するなか、イクイノックスだけは最後までその脚色が衰えなかった。

 走破時計は従来のレコードを0秒9も上回る驚異的な1分55秒2。現役最強、世界最強に加えて、史上最強という称号にも近づいている。

 そんなイクイノックスの不安要素を一つ挙げるとすれば、前走から中3週というレース間隔だろう。これまでで最も短かったのは、皐月賞からダービーの中5週である。

 管理する木村調教師も『スポーツニッポン』の取材に対して、「ここまでトラブルはないですが、前走の反動に関しては大丈夫ではないです。毎日精査しながら進めています」と不安を隠していない。

 それでも1週前追い切りでは、美浦ウッドコースで6ハロン81秒8-ラスト11秒4を馬なりでマーク。陣営の危惧も杞憂に終わる可能性が高いだろう。

【ジャパンC(G1)展望】イクイノックスVSリバティアイランドの頂上決戦開幕! ドウデュースの武豊は間に合うのかの画像2
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

 そんなイクイノックスの連勝を止めるとすれば、リバティアイランド(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)をおいて他にいないだろう。

 こちらもデビューから6戦5勝、2着1回と、イクイノックスと同じく連対を外したことがない。唯一の敗戦は、最後の直線で馬群をさばくのに手間取り、差し届かなかった昨年のアルテミスS(G3)だけだ。

 その後は同世代の牝馬を相手にG1を4連勝中。牝馬三冠レースでの着差は、桜花賞(G1)から順に、3/4馬身、6馬身、1馬身。最も大きな着差をつけたのは、今回と同舞台のオークス(G1)だった。

 ぶっつけ本番で臨んだ前走・秋華賞(G1)は馬体重10kg増で、先を見据えた仕上げにも見えた。圧勝したオークスと同じ叩き2戦目となる今回は、秋華賞以上のパフォーマンスも期待できるだろう。

 デビュー戦でJRA史上最速タイの上がり3ハロン31秒4をマークするなど、その末脚はイクイノックスと遜色ない。4kgの斤量差を味方につければ、王者を撃破するチャンスは十分ある。

 1週前追い切りは、栗東CWで6ハロン86秒8-ラスト12秒0をマーク。しまい重点の内容だったが、陣営は「ダイナミックでブレもなく走ってくれたし、使った上積みはありますよ」と答えており、自信を隠していない。打倒イクイノックスに秘策はあるか。

【ジャパンC(G1)展望】イクイノックスVSリバティアイランドの頂上決戦開幕! ドウデュースの武豊は間に合うのかの画像3
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 2頭の間に割って入るなら、昨年のダービーでイクイノックスを破り世代の頂点に立ったドウデュース(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が最右翼だろう。

 不本意な結果に終わった昨秋のフランス遠征を経て、今年初戦の京都記念(G2)を快勝したドウデュース。今年の2戦目はドバイターフ(G1)を予定していたが、現地で左前肢跛行を発症し、出走取消となった。

 春は結局、京都記念の1戦に終わったドウデュース。復帰初戦に陣営が選んだのは、天皇賞・秋だった。イクイノックスに次ぐ2番人気に支持された一戦は、ライバル馬をマークする形で中団を進んだが、直線で伸びを欠き、国内では初の馬券圏外となる7着に沈んだ。

 ただ主戦の武豊騎手がレース前に足を負傷し、戸崎圭太騎手が代打を務めていたのは周知の通り。その武騎手は同日に負ったケガの回復が当初の想定より遅れており、ジャパンCの週に何とか間に合う予定。武騎手が万全な状態で臨めるかどうかも一つのポイントになるかもしれない。

【ジャパンC(G1)展望】イクイノックスVSリバティアイランドの頂上決戦開幕! ドウデュースの武豊は間に合うのかの画像4
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 レース展開のカギを握るのは、現役屈指のステイヤーで、G1・3勝の実績馬タイトルホルダー(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎)だ。

 陣営からは大逃げを匂わせるコメントも出ているが、ジャパンCを逃げ切ったのは、キタサンブラック、タップダンスシチー、カツラギエースの3頭しかいない。

 古馬になってからは国内全レースで1~2番人気と、マークされる立場だったタイトルホルダー。前走オールカマー(G2)も積極果敢に逃げて、ローシャムパークの2着に粘っており、復調気配なのは間違いない。今回はかなり気楽な立場で臨めるため、道中でうまく息を入れることができれば激走の可能性は十分にあるだろう。


 ただし、パンサラッサ(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)が出走してくれば、タイトルホルダー陣営は戦略を練り直す羽目になるかもしれない。

 パンサラッサは前走のドバイワールドC(G1)後に右前脚の繋靱帯炎を発症し、戦列を離れていたが、急転直下でジャパンCに登録。現時点で翌週のチャンピオンズC(G1)との両睨みだが、出走に踏み切れば間違いなく逃げの手に出るだろう。


 パンサラッサとタイトルホルダーがやり合って思わぬハイペースになれば、昨年の二冠牝馬スターズオンアース(牝4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)にもチャンスが生まれる。

 三冠を懸けて臨んだ昨年の秋華賞で3着に敗れると、その後は大阪杯(G1)2着、ヴィクトリアマイル(G1)3着と惜敗が続いている。今秋は天皇賞・秋に出走予定だったが、右前脚の蹄不安で、無念の回避となっていた。新たにW.ビュイック騎手とコンビを結成し、昨年のオークス以来となる勝利を狙う。


 この他には、昨年の当レースで2番人気に支持されるも直線で不利があって5着に敗れたダノンベルーガ(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)、昨年の覇者ヴェラアズール(牡6歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)なども出走を予定。

 なお、今年は海外からハーツクライ産駒のコンティニュアスと、フランスのイレジン(セ6歳、仏・J.ゴーヴァン厩舎)の2頭が参戦を予定していたが、前者は後肢に違和感が出たため出走を取りやめている。

 イクイノックスとリバティアイランドはともに自在な脚質を持つだけに、その位置取りにも大きな注目が集まるだろう。26日の東京最終12Rに行われるジャパンCの発走時間は15時40分を予定している。

【ジャパンC(G1)展望】イクイノックスVSリバティアイランドの頂上決戦開幕! ドウデュースの武豊は間に合うのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【クイーンS】ボンドガール武豊は「仲間外れ」の孤軍奮闘!? 「休み明け」C.ルメールは新潟ではなく札幌参戦
  2. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 武豊「マジック炸裂」も次走で鞍上問題発生!? 一撃“5億円”獲得「世代ナンバーワン牡馬」が参戦予定
  4. 重賞勝ち馬で「伝説」に匹敵のセントライト記念!? アルナシーム優勝で朝日杯が話題も…休養中の実力馬が秋の復帰に準備着々
  5. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  6. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  7. JRA「暑熱対策」に関係者からブーイング続出!?朝帰り避けられぬ可能性も…「遅過ぎる最終レース」に現場は戦々恐々
  8. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  9. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  10. 【クイーンS】藤田伸二を背に初重賞制覇を飾った「名牝」、今年の狙い目は武豊騎乗「恵量」の3歳馬?【東大式必勝馬券予想】