GJ > 競馬ニュース > 凱旋門賞(G1)展望
NEW

【凱旋門賞(G1)展望】「史上初・3勝」狙う最強女王エネイブルに「武豊×ジャパン」が不退転の覚悟で挑む! 超新鋭・ラヴ&ディープインパクト産駒ファンシーブルーも虎視眈々

【この記事のキーワード】, ,
【凱旋門賞(G1)展望】「史上初・3勝」狙う最強女王エネイブルに「武豊×ジャパン」が不退転の覚悟で挑む! 超新鋭・ラヴ&ディープインパクト産駒ファンシーブルーも虎視眈々の画像1
エネイブル 競馬つらつらより

 10月4日(日曜)、フランスのパリロンシャン競馬場で世界最高峰の一戦・凱旋門賞(G1)が開催される。

 今年も好メンバーが集まったが、優勝候補筆頭に名を挙げられるのは、『最強女王』の称号奪還に燃えるエネイブル(牝6、英・J.ゴスデン厩舎)だ。

 2019年、エネイブルは前人未到の凱旋門賞3連覇を置き土産に同年限りで引退する予定だった。だがレースでは、最後の直線で外から強襲したヴァルトガイストに交わされて2着。約2年半ぶりに敗れ、主戦のL.デットーリ騎手は「私は日曜(凱旋門賞当日)の夜、涙を流しました」とレースを終えた夜に泣いたことを告白していた。

 陣営も敗戦でキャリアを終えるわけにはいかないと考えたのだろう。引退を撤回し、現役続行を明言。エネイブルは凱旋門賞3勝目を目指すことになった。

 だが今年7月のエクリプスS(英G1)から始動したエネイブルは、単勝1.5倍の1番人気に支持されていたものの2着。逃げたガイヤースを捉えきれずに敗れるなど、不安を感じさせるスタートを切ったが、続くキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1)で2着に5馬身半差を付けて圧勝。さらに前走のセプテンバーS(英G3)では約61キロの斤量も物ともせず、2着を7馬身離し完勝。完全復活を印象づけている。

 エネイブルは今年の凱旋門賞を制し、有終の美を飾ることができるのだろうか?

 凱旋門賞・3勝目を狙うエネイブルの前に立ち塞がるのが、新鋭・ラヴ(牝3、英・A.オブライエン厩舎)。

 昨年まで勝ち負けを繰り返していたラヴだったが、今年に入って距離を伸ばしてから本領発揮。英1000ギニー(英G1)を2着に4馬身1/4差つけて勝利すると、英オークス(英G1)も後続に9馬身差の完封勝ち。2017年にエネイブルが記録した2分34秒13を0.07秒更新するレースレコードも叩き出した。

 オブライエン厩舎の秘蔵っ子の快進撃はその後も続き、ヨークシャーオークス(英G1)でも2着に5馬身差をつけて快勝。欧州の大手ブックメーカーによる凱旋門賞の単勝オッズで、エネイブルに次ぐ2番人気に浮上している。

 3歳牝馬は凱旋門賞で斤量的に有利とはよく言われるところ。今年、エネイブルは58キロの斤量を背負うがラヴは55キロと3キロも軽い。この斤量差も武器にエネイブルに競り勝ち、世代交代を推し進めたい。

【凱旋門賞(G1)展望】「史上初・3勝」狙う最強女王エネイブルに「武豊×ジャパン」が不退転の覚悟で挑む! 超新鋭・ラヴ&ディープインパクト産駒ファンシーブルーも虎視眈々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か