GJ > 競馬ニュース > 武豊 1日4勝爆発も凱旋門賞へ不安大!?
NEW

JRA武豊「3連勝」含む1日4勝爆発も凱旋門賞(G1)へ不安大!? 「騎手冥利に尽きる」待望の海外遠征へアクセル全開も大きな「落とし穴」が……

【この記事のキーワード】,

JRA武豊「3連勝」含む1日4勝爆発も凱旋門賞(G1)へ不安大!? 「騎手冥利に尽きる」待望の海外遠征へアクセル全開も大きな「落とし穴」が……の画像1

 待望の世界挑戦が決まり、モチベーションも最高潮だったはずだが……。

 27日、中京競馬に参戦した武豊騎手が5Rから7Rまで怒涛の3連勝。来週10月4日の凱旋門賞(仏G1)挑戦へ向け、日本競馬が誇るレジェンドがいよいよギアを上げてきた。

 この日、初騎乗となった4Rで4番人気のスマートパサートでハナ差の接戦を演じ、惜しくも2着に敗れた武豊騎手。しかし、返す刀で挑んだ5Rの新馬戦を逃げ切ると、そのまま6R、7Rと3連勝。さらに8Rも2着し、4R~8Rまで5戦連続連対と爆発した。

 その後、9Rでは4着に敗れたものの、10Rで再び1着となり1日4勝目。今月はここまで月間8勝とやや波に乗り切れない感があった武豊騎手だが、この日は一気に勝ち星を積み上げる結果となった。

「5戦連続連対と大活躍だった武豊騎手ですが、1番人気の騎乗は1度だけと馬券的にも美味しい存在でしたね。特に5番人気で1着となった6Rでは、逃げたレッドエランドールと2番手のラデツキーが、そのまま残る先行有利の流れを測ったように差し切りました。

騎乗馬のキスラーは、凱旋門賞で騎乗するジャパン(牡4歳、英・A.オブライエン厩舎)を“半持ち”しているキーファーズの所有馬。出国前にいいアピールができたのではないでしょうか」(競馬記者)

 ジャパンからの騎乗依頼は、武豊騎手にとって待ちに待った朗報だった。というのも本馬はキーファーズの代表・松島正昭氏が「凱旋門賞で武豊騎手を乗せる」という条件で権利の半分を購入。武豊騎手も「騎手冥利に尽きる」と感無量の様子だったからだ。

 今年は新型コロナウイルスの影響によって、海外遠征が極めて難しい状況。しかし、武豊騎手は自身の公式HPで「(ジャパンからの)騎乗オファーをいただいたら、ボクは迷いなく参戦するつもりです」と綴り、さらに「帰国後に2週間の自宅待機があるとしてもです。それほどの夢が、凱旋門賞には詰まっていると思っています」と公言。世界最高峰の舞台に、キーファーズと共に立つことに並々ならぬ意欲を燃やしている。

 しかし、その一方で残念な結果に終わったのが、大本命コントレイルの完勝で幕を閉じた神戸新聞杯(G2)だ。

JRA武豊「3連勝」含む1日4勝爆発も凱旋門賞(G1)へ不安大!? 「騎手冥利に尽きる」待望の海外遠征へアクセル全開も大きな「落とし穴」が……の画像2

「武豊騎手が騎乗していたのは、キーファーズ所有のマイラプソディ。3コーナーでは外から抜群の手応えで進出し、先頭をうかがう勢いでしたが、その直後に急失速……。最後の直線では、ほぼ何もできずに前の馬から8馬身差の最下位でゴールしました。

レース後、管理する友道康夫調教師がキーファーズの公式HPを通じて『肺からの鼻出血が確認されました』と語った通り、どうやらレース中にアクシデントがあったようで……。JRAの規定では来月10月27日まで1カ月の出走停止になるため、同月25日に行われる菊花賞(G1)への出走も叶わなくなりました」(別の記者)

 さらに武豊騎手は、最終レースでもキーファーズ所有のプリュスに騎乗。今回が初ダートということで5番人気の支持を集めたが、ハナに立ったものの最後の直線で失速し14着に大敗……。

 凱旋門賞へ向け、「キーファーズ軍団」で弾みをつけたかったが、尻すぼみの結果が本番へ影響しないか、逆に心配される結末となってしまった。

JRA武豊「3連勝」含む1日4勝爆発も凱旋門賞(G1)へ不安大!? 「騎手冥利に尽きる」待望の海外遠征へアクセル全開も大きな「落とし穴」が……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か