GJ > 競馬ニュース > 武豊「世界レベルでやれる馬」海外重賞ウイナーと再コンビ決定! 気になる「主戦」川田将雅の動向は?
NEW

武豊「世界レベルでやれる馬」海外重賞ウイナーと再コンビ決定! 気になる「主戦」川田将雅の動向は?

【この記事のキーワード】, ,

武豊「世界レベルでやれる馬」海外重賞ウイナーと再コンビ決定! 気になる「主戦」川田将雅の動向は?の画像1

 韓国のソウル競馬場で10日に開催されたコリアスプリント(G3)を、4馬身差で快勝したリメイク(牡4歳、栗東・新谷功一厩舎)。次走に予定している11月3日のJBCスプリント(G1)では、武豊騎手と再コンビを結成することが分かった。

 武豊騎手が前回リメイクに騎乗したドバイゴールデンシャヒーン(G1)では、勝ち馬から1馬身3/4差の5着に健闘。レース後のレジェンドは「世界レベルでやれる馬」と話すなど、勝てこそしなかったもののポテンシャルの高さに称賛していた。

 ただ、レースではスタートで出遅れてしまっており、最後方付近からの競馬を余儀なくされたのは悔やまれるところ。実際にレース後、リメイクを管理する新谷調教師は「ゲートの出遅れが響いた」「今回初めて出遅れたので、調整していかないと」と話すなど、スタートのロスを相当悔いていた様子だった。

 ちなみにリメイクは帰国後のレースではゲートをほぼ五分に出ていることから、これまでのキャリアで出遅れたのは武豊騎手と臨んだドバイだけとなっている。レジェンドにとってもJBCスプリントでは、まずスムーズにスタートを決めたいところだ。

武豊「世界レベルでやれる馬」海外重賞ウイナーと再コンビ決定! 気になる「主戦」川田将雅の動向は?の画像2
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

気になる「主戦」川田将雅騎手の動向は? 

 その一方で、今回の乗り替わりで気になるのは、リメイクの主戦・川田将雅騎手の動向だ。

 昨年まで9戦中5戦で手綱を取るなど、元々は福永祐一元騎手(現調教師)のお手馬であったリメイク。福永師の騎手生活最後の騎乗馬となったのも本馬だ。ただ同師が騎手を引退したことで、3月のドバイゴールデンシャヒーンでは武豊騎手を新パートナーに迎えると、世界の強豪を相手に5着と健闘した。

 帰国後は福永元騎手を以前から慕っており、「福永イズム」の継承者でもある川田騎手に手綱が託されることとなる。初戦のプロキオンS(G3)こそ2着に敗れたが、続くクラスターC(G3)とコリアスプリントを連勝。陣営の期待に応えていたが、今回もコンビ続投とはならなかった。

「今年のJBCスプリントには川田騎手のもう1頭のお手馬であり、一昨年の同レース覇者でもあるレッドルゼルも出走を予定しています。また翌4日に米国で開催されるブリーダーズCクラシック(G1)に、今年のドバイワールドC(G1)を制したウシュバテソーロとのコンビで遠征することが濃厚です」(競馬誌ライター)

 いずれにせよ川田騎手の他馬との兼ね合いの関係で、リメイクの手綱は再びレジェンドの元にやってきたものと思われる。春にコンビを組んだときよりもリメイクは一層力を増していると思われるだけに、今回は初G1のタイトルを手にするチャンスだろう。

 川田騎手には他にもお手馬がいるだけに、結果次第では武豊騎手がリメイクの新・主戦となる可能性もある。果たして、どのような手綱さばきを見せてくれるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「世界レベルでやれる馬」海外重賞ウイナーと再コンビ決定! 気になる「主戦」川田将雅の動向は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは