GJ > 競馬ニュース > 「天から降ってきた」運命の出会いで新鋭オーナーが初出走初勝利の快挙! グランアレグリアと同じ一族の好素材が抜群の勝負根性でデビューV
NEW

「天から降ってきた」運命の出会いで新鋭オーナーが初出走初勝利の快挙! グランアレグリアと同じ一族の好素材が抜群の勝負根性でデビューV

【この記事のキーワード】, ,
「天から降ってきた」運命の出会いで新鋭オーナーが初出走初勝利の快挙! グランアレグリアと同じ一族の好素材が抜群の勝負根性でデビューVの画像1
坂井瑠星騎手 撮影:Ruriko.I

 16日の阪神5Rに行われた2歳新馬戦(芝1600m)は、5番人気のデルシエロ(牡2歳、栗東・清水久詞厩舎)と坂井瑠星騎手のコンビが優勝。2着馬との追い比べをハナ差で制してデビュー戦白星を決めた。

 8頭立てのレース。2枠2番のデルシエロはまずまずのスタートを切ると、道中でインの4番手を追走。本馬を含め先行集団5頭が一団となって4コーナーを回り、最後の直線を迎える。

 逃げていた1番人気シャトーディフの手応えが怪しくなると、外から3番人気のバレルターンが急襲し一旦は先頭。そこへ内の狭いところを割って抜けてきたデルシエロも並びかける。最後は2頭のマッチレースとなったが、わずかにハナ差でデルシエロに軍配が上がった。

「外から差してきたバレルターンの勝ちパターンかと思いましたが、デルシエロもインの狭いところを割って伸びると、最後は素晴らしい勝負根性で見事に競り勝ちました。実は同馬はG1・6勝を挙げたグランアレグリアと同じ一族出身でもあるだけに、これだけの走りを見せてくれたのもある意味納得です。

現時点で馬体重は400キロと牡馬にしては小柄ですが、もう一回り成長してくれば上のクラスでも楽しみな存在になると思いますよ」(競馬誌ライター)

運命の出会いで新鋭オーナーが初出走初勝利の快挙!

 なおレイデオロ産駒のデルシエロを昨年のセレクトセールにおいて2200万円(税込)で購入した白石明日香オーナーは、今回の勝利でJRA馬主として初出走初勝利の快挙を達成した。

 銀座のクラブ『Blair』、『Blair deux』のオーナーである白石オーナーは、「銀座のママ」としても一部ファンの間で有名だ。ちなみに馬主になろうとしたきっかけは競馬ゲームが好きだったからであり、これまでで一番ハマったのはゲームセンターで稼働していた『STARHORSE(スターホース)』(セガ)のようだ。

 そんな白石オーナーは2021年11月に晴れて中央馬主に登録。そして持ち馬を購入すべく、昨年7月に開催された『セレクトセール2022』に参戦した。

 ただ、当初目をつけていた本命候補の馬たちは、予算オーバーで落札することができなかったようだ。そこで作戦変更のために会議をしていたところ、セリ会場のパドックでちょうど前を歩いていた馬が、後にデルシエロと名付けられるネオヴィクトリアの2021だったようである。

 白石オーナーもこれも何かの縁だと感じたようで、同馬のセリに参加。見事に落札して翌年にデビューを果たすと、馬も人も初出走初勝利の快挙を成し遂げたのだから、馬主としてこれ以上の喜びはないだろう。

 ちなみにデルシエロの馬名意味は、スペイン語で「空から」。白石オーナーは今回の勝利後、デルシエロについて自身のSNSに「『天から降ってきた』という意味でつけたのですが、まさに私にとってこの馬はそういう出会いでした。これからも楽しみです!」と、同馬に巡り会えたことの喜びと今後の期待を投稿している。

 またレース後には騎乗していた坂井騎手も「オーナーの初めての馬で勝つことができてよかったです」と話し、デルシエロの走りについても「最後までしっかり走れて、いい内容でした」と高評価を下している。

 次走については現時点で未定のようだが、管理する清水久調教師によるとマイルあたりの路線を視野に入れているようだ。デルシエロと白石オーナーの今後の活躍に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「天から降ってきた」運命の出会いで新鋭オーナーが初出走初勝利の快挙! グランアレグリアと同じ一族の好素材が抜群の勝負根性でデビューVのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬