GJ > 競馬ニュース > 昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの“忘れ物”の行方
NEW

JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの“忘れ物”の行方

【この記事のキーワード】, ,
JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの忘れ物の行方の画像1
アーモンドアイ

 ラストランを迎えたコントレイルが有終の美を飾った先週のジャパンC(G1)も終了し、今週から中央競馬は12月に突入。各メディアでも有馬記念(G1)に触れた内容も増え、いよいよ今年も終盤が近づきつつあることを意識する時期になった。

 年内の中央競馬開催もラスト1ヶ月となったため、そろそろ気になり始めるのが今年の年度代表馬争いの行方である。ちなみに昨年の年度代表馬に選出されたのは、9冠馬の女傑アーモンドアイだった。

 それも先述のコントレイルがほぼ手中に収めていた状況からの大逆転で選ばれたことは記憶に新しい。

 実際、コントレイルとアーモンドアイとの間には、ジャパンCまでの間に決定的な差があった。過去、牡馬の三冠馬は衆目一致で年度代表馬に選ばれるケースがほとんどだったため、何事もなければ父ディープインパクト以来となる無敗の三冠を達成した同馬が選ばれた可能性が高い。

 春のアーモンドアイは、牝馬限定のヴィクトリアマイル(G1)で挙げた1勝のみ。しかも安田記念(G1)でグランアレグリアに完敗を喫して2着と精彩を欠いていた。秋に天皇賞を制したとはいえ、インパクトで劣る。これに対し、菊花賞(G1)も制して無敗の三冠まで達成したコントレイルの圧倒的有利は火を見るより明らかだった。

 ただ、現役最強の座を狙うにはアーモンドアイを倒したという勲章は何よりも箔がつくだけでなく、三冠馬3頭が激突する世紀の対決を望むファンの声も陣営の背中を後押ししたかもしれない。

 そして香港C(G1)に向かうことが濃厚と考えられていたアーモンドアイ陣営が、ジャパンC参戦を表明したことでファンの夢はついに現実のものとなる。

JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの忘れ物の行方の画像2
コントレイル

 しかし、コントレイルは同年に牝馬の無敗三冠に輝いたデアリングタクトとともに挑んだものの、アーモンドアイに返り討ちに遭ってしまった。この直接対決での敗戦が年度代表馬に選ばれなかった原因となったのは、おそらく間違いないだろう。

「選考の基準として重視されるのが、直接対決の結果です。ただでさえ、同年に牡牝の無敗三冠馬が誕生した記録的な年でもありましたが、アーモンドアイが2頭をまとめて負かしたことにより、これが決定打となったのでしょう。

もしジャパンCでの対決が実現しなければ、コントレイルの年度代表馬が濃厚だったと思いますが、それはあくまで結果論。むしろファンの見たいレースに応えた各陣営に敬意を表したいです」(競馬記者)

 昨年、大きな盛り上がりを見せたこの年度代表馬争いだが、今年はまさに混迷の様相を呈している。

 G1レースを2勝したエフフォーリアが他馬をリードしているとはいえ、出走を予定している有馬記念で敗れるようだと一気に分からなくなる。直接対決を重視すれば、クロノジェネシスが有馬記念を勝利するとこちらが優勢か。さらに白毛のアイドル・ソダシもチャンピオンズC(G1)の結果次第でまだまだチャンスが残っているだろう。

 はたして、コントレイルが手に入れることができなかった忘れ物を今年手にするのは、一体どの馬だろうか。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの“忘れ物”の行方のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬