GJ > 競馬ニュース > エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去?アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か…「ぶっちぎり」の重賞リーディングも後押し
NEW

エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去?アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か…「ぶっちぎり」の重賞リーディングも後押し

エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去?アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か…「ぶっちぎり」の重賞リーディングも後押しの画像1
撮影:Ruriko.I

 キタサンブラックイクイノックス親子にトップタイの2000万円が設定されている2024年度の種付け料。その次に1500万円でエピファネイア、スワーヴリチャード、コントレイルと続いているが、中でもエピファネイアの産駒は今年も快進撃を続けている。

 自身の現役時代は菊花賞(G1)、ジャパンC(G1)の2勝だったG1勝利数も、代表産駒のデアリングタクト(牝馬三冠)、エフフォーリア(3勝)が更新した。種牡馬として鮮烈なデビューを飾ったこともあり、その評価はうなぎ上りとなった。

父の早熟疑惑を産駒の快進撃が払拭

 ただ、種牡馬エピファネイアにとって、一部のファンから有り難くない評価を下された時期もあった。

 それは同馬産駒の成長力が乏しいのではないかという早熟疑惑だ。父の名を大いに知らしめた功労者であるデアリングタクトやエフフォーリアが、3歳時に大活躍しながら古馬になって苦戦。華々しい戦歴を誇っていた2頭だけに、成長力不足を指摘したファンが出たのも仕方なかったかもしれない。

 また、当時にそれ以外の馬が古馬で重賞を制した例は、2021年のアメリカジョッキークラブC(G2)を制したアリストテレスのみ。そんな“希望の光”もAJCC優勝を最後に重賞戦線で連敗が続いてしまった。そういった状況も疑惑から確信へと変わった一因となったのだろう。

 しかし、22年10月に5歳牝馬のイズジョーノキセキが府中牝馬S(G2)を優勝したころから風向きに変化が表れ始めた。翌23年6月に5歳馬のジャスティンカフェがエプソムC(G3)、7月にもセルバーグが中京記念(G3)、今年に入っても1月の日経新春杯(G2)をブローザホーン、2月の小倉大賞典(G3)をエピファニーが優勝しているのだ。

 少し前であれば、古馬の重賞レースにエピファネイアの産駒がいるだけで割り引くという予想もそれなりに効果が見られたものの、今となってはもはや過去の話になったと考える方がよさそうである。

 実際、今年に入ってエピファネイア産駒の重賞勝利数は、単独トップの5勝でリーディングを独走中。2位タイのハーツクライとキズナの2勝を大きく突き放しており、ブッチギリといっても差支えがないほどの好成績を残している。

 芝のG1で歴代最多となる9勝を挙げたアーモンドアイとの配合も実現し、当初は古馬になっての活躍を疑問視する声も出ていたエピファネイアだが、産駒たちが早熟疑惑を払拭してくれたことで、今後もより一層期待が持てそうだ。

 名牝との間に生まれた初仔はアロンズロッドと名付けられた。注目の集まる本馬に期待されるのは、「名牝の子は走らない」ジンクスの克服か。順調なら今年の夏以降のデビューが待っているだけに、こちらも楽しみに待ちたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去?アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か…「ぶっちぎり」の重賞リーディングも後押しのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ