GJ > 競馬ニュース > 【中山記念】怪物ハイセイコー衝撃の「大差勝ち」から半世紀…好メンバー集結の一戦で勝利し「叫び」を上げる馬は?【東大式必勝馬券予想】
NEW

【中山記念】怪物ハイセイコー衝撃の「大差勝ち」から半世紀…好メンバー集結の一戦で勝利し「叫び」を上げる馬は?【東大式必勝馬券予想】

【この記事のキーワード】, ,

【中山記念】怪物ハイセイコー衝撃の「大差勝ち」から半世紀…好メンバー集結の一戦で勝利し「叫び」を上げる馬は?【東大式必勝馬券予想】の画像1

 今週末2月25日、東京大学をはじめとする国公立大学の入学試験が始まる。私たちの時代は3月3日だったから1週間早いのは現役生にとって厳しいな~。

 しかし昨今、古馬が相手のG1でイクイノックスのように3歳馬、明け4歳馬が快勝するケースが多くなっている。現役の受験生諸君も落ち着いてゲートさえ出れば年上の浪人生など怖くない!フレッシュな力で頑張れ!

 同日のJRAでは、東で中山記念(G2・中山芝1800m)、西で阪急杯(G3・阪神芝1400m)、伝統の2重賞が行われる。

 特に中山記念は戦前の1936年創設で天皇賞より古い歴史を持ち、今年で第98回。勝ち馬は1978年と翌年のカネミカサを筆頭にエイティトウショウ、バランスオブゲーム、カンパニーらが連覇しているように「中山得意の中距離馬」の独壇場だ。

 近年もその傾向が続くが、ジャスタウェイ(ドバイデューティーF・現ドバイターフ)、ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C)、ウインブライト(クイーンエリザベス2世C、香港C)、パンサラッサ(ドバイターフ、サウジC)と、海外G1レース制覇へはばたく登竜門となった。

 そんな“スーパーG2”の中山記念、生涯忘れられないレースは今からちょうど50年前、勝者は稀代のアイドルホース、ハイセイコー。前年、皐月賞を制したものの当時史上最高の単勝支持率66.6%の日本ダービーを3着に敗れ、秋も菊花賞2着、有馬記念3着でファンの間にはその実力に疑問符が湧き始める。

 さらに年明け初戦のアメリカジョッキークラブCではダービー・菊で苦杯をなめたタケホープから2.1秒差9着と初の掲示板外。地に落ちた怪物……そんな声を払拭するため駒を進めたのがこの中山記念である。

 宿敵タケホープも距離不足とわかっているのに天皇賞・春への試走なのか、ハイセイコーを打ちのめして人気・実力とも王座を得たいのか出走してきた。注目の一戦は当時全国発売じゃないのに関西でも生中継され、当時中学2年の私も固唾をのんでTVの前で見守った。

 天候は晴れながら前日の雨でドロドロの不良馬場、9頭立てでゲートは開く。“走る精密機械”トーヨーアサヒの逃げを流星の黒い巨体はぴったりマーク。4角で並びかけ直線で先頭に出ると残り1ハロンでぐいぐい加速し先頭でゴール。

 電光掲示板には「大差」の文字が光り満員の観衆は度肝を抜かれ、私にはハイセイコーが「浮気なファンどもよ!俺の実力を思い知ったか!」と叫んでいるように聞こえた。

 そして入学以前ながら東大式鉄則「ダートが得意な馬は芝の重馬場も走る」を得る。逆もまた真なりで「芝重好走馬はダートでも要注意」……これは現在でも芝に見切りをつけた馬がダート転向初戦でしばしば穴をあけるので覚えておいて損はない。

 先日のフェブラリーS(G1)2着、ガイアフォースもそうか。よく考えりゃハイセイコーはダートの大井時代、すべて2着に7馬身以上の差で全6戦を圧勝。同じ父チャイナロックを持つ“先輩の怪物”タケシバオーも天皇賞・春を勝つ前のダートのオープンレースで大差勝ちしている。

 現代のようにダートのG1や地方交流レースが数多あるならハイセイコーも歴史的名馬となり海外制覇も夢ではなかった……と先日のパンサラッサ(中山記念~サウジC優勝)の引退式で妄想にふける私であった。稀代のアイドルホース生涯最高のパフォーマンスとして諸氏も記憶されたい。

 この辺で「東大馬券王の大よそー」に移ろう。

 例年以上の好メンバーが登録してきたが軸は中山記念を3年前と去年の2度制覇、中山コース8戦5勝、海外G1もぜひ勝ちたいヒシイグアスで不動だろう。

 個人的にはジオグリフが勝って「俺は世界一のイクイノックスを負かした、たった2頭の1頭だ。実力を思い知ったか!」とハイセイコーばりに叫んでほしい。いやエルトンバローズも「俺もソングラインに勝ったよ」と負けちゃいない。さらに去年の皐月賞馬、ソールオリエンスも「俺の戦歴はハイセイコーにそっくり、中山も4戦3連対だ!」。

 結論はヒシイグアス1頭軸で上記3頭と中山得意のソーヴァリアント、ボーンディスウェイも含めた5頭への3連単マルチ60点。そんな予想もたまにはエエヤン!いや、こいつも中山のニュージーランドT(G2)勝ち馬。洒落だと軽視したら痛い目にあいますぞ。

尼崎昇

尼崎昇

初めて見たダービー馬はタニノハローモア。伝説的な名馬の走りをリアルタイムで見てきた筋金入りの競馬通は「当たって儲かる予想」がモットー。過去に東京大学で競馬研部長をつとめ、スポーツ新聞やラジオ解説を担当した勝負師の素顔は「隣の晩ごはん」や「おもいッきりテレビ」などの大ヒット番組を手掛けたキー局の敏腕プロデューサー。德光和夫、草野仁ら競馬界の著名人との親交もあり、競馬談義を繰り広げる仲である。

【中山記念】怪物ハイセイコー衝撃の「大差勝ち」から半世紀…好メンバー集結の一戦で勝利し「叫び」を上げる馬は?【東大式必勝馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  6. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  7. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  8. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性