GJ > 競馬ニュース > 「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍
NEW

「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍

【この記事のキーワード】, ,
「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

「タンタンとタンとタケユタカ」

 今月1日にYouTubeで公開され話題となったWebCM「BOSSハートTAKE YUTAKA『タンタンタケユタカ』篇。その反響は留まるところを知らないようだ。

 今年で38年目を迎えた武豊騎手の“お仕事”にフォーカスを当て、競馬学校時代からの同期である蛯名正義調教師がラップ調に歌いながら紹介していくこのCM。視聴したファンからは「中毒性ヤバすぎだろ」「頭の中で鳴り止まなくて困っています」「毎日聞くことが日課となってしまった」「蛯名調教師の美声がたまらん」といった感想が今も多く聞かれている。

 動画は公開からわずか3週間足らずで脅威の340万再生を突破。今後もさらに再生回数を伸ばし続けていくことだろう。

 思わぬところで脚光を浴びることとなった武豊騎手&蛯名調教師だが、競馬の方でも18日、東京1Rのローリーグローリー(牝3歳、美浦・蛯名正義厩舎)でコンビを組むと、好位追走から直線で抜け出して白星を挙げた。

話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星!

 ダート1400mで行われた未勝利戦。2番人気に推された武豊騎手とローリーグローリーは五分のスタートを決めると、スッと2番手を追走。直線で逃げ馬を交わして先頭に立つと、最後はC.ルメール騎手が騎乗する1番人気レッドアレグロの追撃をクビ差でしのぎ切っている。

「最後の直線はレッドアレグロに並ばれても抜かさせない勝負根性を披露した上、手応えにもまだ余裕がありそうでした。1分26秒1の勝ちタイムも、3Rに同条件で行われた新馬戦を2秒以上も上回っています。

ローリーグローリーはインゼルレーシングが所有するジャスティファイ産駒の牝馬ということで、デビュー5連勝中の大物オーサムリザルトと同じ。母ローリーポーリーは現役時代に海外G1・3勝、祖母ミスティーフォーミーも海外G1・4勝という良血であり、近親にもG1・3勝のユーエスネイビーフラッグや仏G1馬のバリードイルなど活躍馬が多数います。

今後順調に成長していけば、オーサムリザルトに続くような活躍も期待できるかもしれません」(競馬誌ライター)

 蛯名厩舎とのコンビでは昨年9月以来の白星となった武豊騎手もレース後、「まだ随所に若さを見せていましたが、並んだら伸びる感じでした。能力がありますね」と、ローリーグローリーの素質の高さを認めている。

 ゆくゆくは武豊騎手×蛯名調教師の代表的な1頭と呼ばれるくらいまで出世してくれることに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?