GJ > 競馬ニュース > 「38年連続重賞V」武豊&ソーダズリングに匹敵!? 「単勝269.0倍」超人気薄を馬券圏内に導いた「最強助っ人」に絶賛の嵐!
NEW

「38年連続重賞V」武豊&ソーダズリングに匹敵!? 「単勝269.0倍」超人気薄を馬券圏内に導いた「最強助っ人」に絶賛の嵐!

「38年連続重賞V」武豊&ソーダズリングに匹敵!? 「単勝269.0倍」超人気薄を馬券圏内に導いた「最強助っ人」に絶賛の嵐!の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 17日に行われた京都牝馬S(G3)は、2番人気ソーダズリングが優勝。鞍上の武豊騎手は1987年のデビューから38年連続の重賞勝利となった。

 武豊騎手はレース後「反応が良すぎて先頭に立つのが少し早いかなと思いましたが、ラストまで我慢してくれました」と相棒を称え、自身の記録については「あと20年くらいは続けたいですね」と笑ってみせている。

 そんなレジェンドが偉業を成し遂げた今年の京都牝馬Sだが、単勝269.0倍の超人気薄で3着に入り三連単17万円超えの波乱を演出し、武豊騎手とソーダズリングに匹敵するインパクトを残したのが、B.ムルザバエフ騎手とコムストックロード(牝5歳、美浦・中野栄治厩舎)のコンビではないだろうか。

超人気薄を馬券圏内に導いたB.ムルザバエフ騎手に絶賛の嵐!

「38年連続重賞V」武豊&ソーダズリングに匹敵!? 「単勝269.0倍」超人気薄を馬券圏内に導いた「最強助っ人」に絶賛の嵐!の画像2
B.ムルザバエフ騎手 撮影:Ruriko.I

 短期免許でのJRA初参戦となった2022年12月から翌年3月にかけて、ホープフルS(G1)を含む重賞3勝をマークするなど、いきなり大きな爪痕を残したムルザバエフ騎手。再来日した昨年12月にもドゥラエレーデとのコンビでチャンピオンズC(G1)、東京大賞典(G1)で連続3着に好走するなど、もはや日本でもおなじみの存在になりつつある。

 この日も京都2Rでさっそく今回の来日初勝利をマークした同騎手だが、京都牝馬Sでコンビを組んだコムストックロードは勝ち星からは2年以上遠ざかっていた馬であり、前走のカーバンクルS(OP)でも16番人気の最低評価で13着に敗れていた。

 同馬は昨年の京都牝馬Sでもシンガリ18番人気で16着と見せ場なく敗れていたことから、「最強助っ人」の異名を持つムルザバエフ騎手が跨ることとなったにもかかわらず、今回も16番人気という低評価に甘んじたのも無理はない。

 レースでコムストックロードとムルザバエフ騎手のコンビは最後方付近を追走。4コーナーでは一番外を回しており、人気が人気だけにこの時点で人馬に注目していたファンはほとんどいなかったと思われる。

 しかし、最後の直線に入るとコムストックロードはムルザバエフ騎手の右ステッキに応えてしぶとく脚を伸ばし、ゴール前では上位2頭を急追。惜しくも連対には届かなかったものの馬券圏内に入ってみせた。

「いくらムルザバエフ騎手が乗るとはいえ、コムストックロードの近走の成績からして好走は厳しいと完全にノーマークでしたが……これは恐れ入りました」(競馬誌ライター)

 2、1番人気のワンツー決着だったにもかかわらず、三連単17万円オーバーという波乱を演出したこともあり、コムストックロードを圏内に導いたムルザバエフ騎手には「やっぱりムルザバエフ騎手は神!」「これからも買い続けることにします」「通年免許取得してほしいです」など絶賛のコメントがSNSやネット掲示板に多く寄せられた。

 参戦初日から強烈なインパクトを残したムルザバエフ騎手はレース後、「今日はゆっくり脚をためてみようと思った。外を回りましたが、いい反応でした」と、さらりと言ってのけている。

 続く12Rで早くも来日2勝目をマークしたムルザバエフ騎手。短期免許は4月14日まで予定されており、皐月賞(G1)ではビザンチンドリームとの再コンビも発表されている。これから約2ヶ月、その手綱さばきから目が離せないこととなりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「38年連続重賞V」武豊&ソーダズリングに匹敵!? 「単勝269.0倍」超人気薄を馬券圏内に導いた「最強助っ人」に絶賛の嵐!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬