GJ > 競馬ニュース > 【フェブラリーS】JRAダート馬、芝馬、園田、南関、個性豊かなメンバー集う砂の頂上決戦! 競馬クイーン桃井はるこが狙うのは歴代最多5勝の武豊ではなく……『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』
NEW

【フェブラリーS】JRAダート馬、芝馬、園田、南関、個性豊かなメンバー集う砂の頂上決戦! 競馬クイーン桃井はるこが狙うのは歴代最多5勝の武豊ではなく……『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』

【この記事のキーワード】,

【フェブラリーS】JRAダート馬、芝馬、園田、南関、個性豊かなメンバー集う砂の頂上決戦! 競馬クイーン桃井はるこが狙うのは歴代最多5勝の武豊ではなく……『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』の画像1

 2月も半ばになり、ちょっとずつ春めいてきた感じがしますね。先日、ラジオの生放送の前にスタッフさん達との雑談の中で「スマホがない時代はどうしてたの?」という話になりました。

「とくに、おたくはどうやって出会ってたの?」

 と。その質問をされて、久しぶりに「伝言ダイヤル」のことを思い出しました。

 1990年代、コンピュータに強い理系の人はパソコン通信(インターネットより前に、コンピュータと電話回線を使って文字で交流するネットワークがあったのです)をやっていましたが、そうでないマニア寄りの人は、公衆電話から伝言ダイヤルに吹き込まれたメッセージを聴いていました。

 今も災害用に活用されていますが、それとはちょっと違うものです。昔の伝言ダイヤルは、シャープから始まる特別な番号に電話した後、あらかじめ決めておいたボックス番号と暗証番号をプッシュフォンで入力して、留守番電話のようにメッセージを残してやりとりするのです。アイドルの中にはファンクラブのメンバー用に私設の伝言ダイヤルを開設しているグループもありましたよ。

 競馬に関しても、スマホがない時代は発走が遅れるとテレビの中継の時間に収まらなくなって、翌日の新聞を見るまで結果がわからなかったとか、テレホンサービスで実況を聴いたとか、なんとなく聞いたことがあります。今は語られることはない通信手段って、他にもありそうな気がするんですよね。もし知ってる方がいたら教えてほしいです。

 さて、今年最初のG1・フェブラリーステークスが今年もやってきますよ! 私にとって本格的に競馬ファンになるきっかけとなった思い入れのあるレースなんですよね。(そのエピソードを知りたい人はこの連載の第2回を読んでみてね。https://g-journal.jp/2023/05/post_337372.html

 早速本命を発表しましょう! ◎はドンフランキーとします。JRAの重賞を勝った中で最重量の馬で、最大重量は598kg! テレビに映っていても大きくて目立つと話題になっていましたね。プロキオンS(G3)では逃げ切り勝ち。中京競馬場1400mの芝スタート、ワンターンという舞台でJRAでのG3初勝利となりました。距離適性が懸念されていますが、地方競馬の1600mとは違い、コーナーの数が増えるわけではなく単純に距離が延びるだけなので、ワンターンのコースだと短距離傾向の馬でもチャンスがあると見ています。

 ダイワメジャー産駒といえば自身も安田記念(G1)を勝っていますし、芝のマイラーというイメージがあるので、ダートコースといっても、マイルになるのはいいんじゃないでしょうかね。東京1600mのスタート直後は芝を走りますし、他に有力な逃げ馬がいないので、楽にハナに立つことができるでしょう。トライアルの根岸S(G3)でも、前が止まらない流れになりました。今回もそうなんじゃないか? と思っています。

 ダートのイメージはあまりありませんが大舞台に強く経験豊富な池添謙一ジョッキーが鞍上というのも頼もしいですね。ドンフランキーは骨折明けだそうですが追い切り後のインタビューでは動きは戻ってきつつあるということでした。距離実績がないからこそ人気を落としていますが、だからこそ狙い目なんじゃないでしょうか! 父ダイワメジャーは種牡馬として引退したばかりですが、その後継に名乗りを上げるのはドンフランキーかもしれませんよ。

 対抗〇はガイアフォースです。今まで芝レースで戦ってきた相手が強すぎますよ! 2022年のセントライト記念(G2)ではその年の菊花賞馬アスクビクターモアを破っての優勝。2023年の天皇賞・秋(G1)では世界最強馬イクイノックスをはじめ、ジャスティンパレス、プログノーシス、ダノンベルーガに次ぐ5着。この年の有馬記念勝ち馬ドウデュースは7着だった中で、先行して粘りこみました。

 安田記念4着、マイラーズC(G2)2着など、直線が長いコースでのマイル適性もあります。しかし……、前走チャレンジC(G3)では1番人気に推されながら6着と敗れたとはいえ、なぜ芝G1で活躍する一線級の馬がいきなりダートG1に挑戦するのか。疑問は尽きませんが、だからこそ人気にはならないでしょう。

 初ダートだということもあり砂を被るのを嫌うでしょうから、スタートから前目に行くでしょうね。芝スタートでスムーズに運べば、ドンフランキーとのワンツーもあると思ってます! キタサンブラック産駒で、母父のクロフネ譲りとなる芦毛の白い馬体が美しいガイアフォース。クロフネも芝を使っていながらジャパンカップダート(G1)を優勝しましたし、ガイアフォースも秘めたダートの血を覚醒させてきっと活躍してくれるでしょう!

 相手は、前走東京大賞典(G1)で本命に推し、2着に入ったウィルソンテソーロ。去年2着のレッドルゼル。園田の星イグナイターとします。去年のレースもそうだったんですが、逃げと追い込みが両立する展開も警戒しておきたいです。

 芝から来た馬、南関東の馬、園田の馬など、個性豊かなメンバーが揃いそうな今年のフェブラリーS。今年最初のG1を的中させたい! 私の極端な穴党っぷりを参考にしつつ、日曜日を楽しみにしていただけたらと思います。私は去年9月からサービスが開始されたJRAアプリを使って、リアルタイムでレースを観たいと思っています。便利な時代ですねっ。

(文=桃井はるこ)

【フェブラリーS】JRAダート馬、芝馬、園田、南関、個性豊かなメンバー集う砂の頂上決戦! 競馬クイーン桃井はるこが狙うのは歴代最多5勝の武豊ではなく……『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』の画像2
おしゃれで静かなカフェを教えてもらっちゃった。(背景あんまり見えないけど……)

■告知

●2/24(土)夜 新宿ロフトプラスワンにてトークライブ『はるこの秘密Volꓸ 28 善は急げ!”アキバ系”前夜を語れ!』 開催。
スペシャルゲスト:水野あおい(桃井はるこが原点とするアイドル)
( https://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/274531 )

●文化放送「超!A&G+」にて メインパーソナリティを務める 『サバイバルクイズシティ ラジオ編』が毎週火曜日19:30~放送中! 放送終了後にはYouYubeでのおまけ生配信も。
( https://www.joqr.co.jp/qr/program/sqc/ )

●パーソナリティを務める『THE WORKS』がFM NACK5(79.5MHz)にて毎週日曜日24時から放送中。
( https://www.nack5.co.jp/program/theworks/ )

●ライト・ゲージオンラインショップにて過去のライブDVDやオフィシャルグッズが販売中。( http://rg-music.shop-pro.jp/ )

その他最新情報
桃井はるこ公式ホームページ http://rg-music.com/momoi/
桃井はるこX https://twitter.com/momoiktkr

桃井はるこ

桃井はるこ

シンガーソングライター、声優。2013年オルフェーヴルの引退レースに感動し、東京大賞典で競馬現地初観戦。中央、地方ともに好き。最強の思い出は2016年有馬記念フェスティバルで一列目を引き武豊騎手とルメール騎手の間の席で観覧したこと。落ち着いたら北海道の牧場にまたひとり旅に行きたいな。

Twitter:@momoiktkr

【フェブラリーS】JRAダート馬、芝馬、園田、南関、個性豊かなメンバー集う砂の頂上決戦! 競馬クイーン桃井はるこが狙うのは歴代最多5勝の武豊ではなく……『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  3. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  7. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  8. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  9. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】