フェブラリーステークスの最新ニュース記事 まとめ

(210件)

フェブラリーステークスは、JRAが施行する最も古い歴史を持つダートの重賞競走で、開催条件は東京のダート1600m。1997年に前身のフェブラリーハンデキャップからフェブラリーステークスに改称され、中央競馬のダート重賞競走として初めてG1に昇格。負担重量もそれまでのハンデから定量に変更、上半期のダート最強馬決定戦として位置付けられている。

2007年から外国馬の出走も可能になり、2016年からブリーダーズカップ・チャレンジの対象競走にも指定された。本競走を好走した馬は「ドバイミーティング」に招待されるケースもあり、2011年の優勝馬トランセンドは、同年のドバイワールドカップ(G1)でヴィクトワールピサの2着に入った。

Ranking

23:30更新
  • 総合
  1. 【皐月賞(G1)予想】距離不安のあるジャンタルマンタルは消し! 76年ぶりの牝馬Vを期待してレガレイラを本線に
  2. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  3. 【皐月賞】ジャンタルマンタルは距離不安!? レガレイラはゲート難? 若さが目立つシンエンペラー「3強」に不安要素が露呈…ライバルたちも上位進出チャンスあり【現場マル秘情報】
  4. 皐月賞(G1)「J.モレイラ全開」でコスモキュランダ厳戒態勢!? 重賞「勝率100%」で3連勝…温厚なマジックマンが「大レースの鬼」と化している理由
  5. 【皐月賞】とにかく「切れる馬」を狙え!レガレイラではなくディープインパクトの再来が面白い…アノ馬の2着付けで勝負
  6. アーモンドアイの近親が「豪脚一閃」でデビュー戦快勝! この血統でも「単勝万馬券」の超人気薄、「レース前に気づけていれば」の声も
  7. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?
  8. 【皐月賞】桃井はるこの本命馬は牝馬レガレイラではない!? 穴党クイーンのイチオシは?【モモーイの超!大穴でグッジョブ!】
  9. 【皐月賞】ちょっと手広く選んでみました!本命は中山未経験でも関係なく買いたいあの馬で!【UMAJOモモのオイシイ競馬】
  10. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート