GJ > 競馬ニュース > 武豊も「上手い3人」に挙げる関西若手No.1に関東圏「48戦0勝」の壁…G1馬と臨むフェブラリーS(G1)で一矢報えるか
NEW

武豊も「上手い3人」に挙げる関西若手No.1に関東圏「48戦0勝」の壁…G1馬と臨むフェブラリーS(G1)で一矢報えるか

武豊も「上手い3人」に挙げる関西若手No.1に関東圏「48戦0勝」の壁…G1馬と臨むフェブラリーS(G1)で一矢報えるかの画像1
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

岩田望来騎手、痛恨の2連敗…

 11日、東京競馬場で行われた共同通信杯(G3)は、戸崎圭太騎手が騎乗したジャスティンミラノが好位から抜け出して優勝。デビューから2連勝を飾り、春のクラシックへ名乗りを上げた。

「追ってからも味のある馬で、強かったです。乗りやすかったので距離も問題ないと思います」

 テン乗りでの一発回答に白い歯をこぼした戸崎騎手。無敗で朝日杯フューチュリティS(G1)を制したジャンタルマンタルを相手に1馬身半の差をつける完勝だっただけに、順調なら皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)でも主役級の扱いを受ける可能性もありそうだ。

 そんなジャスティンミラノの勝因の一つとして挙げられるのが、鞍上の好騎乗だろう。スタートでやや後手を踏んだものの、「ペースも遅くなりそうだったので位置を取りにいきました」とは戸崎騎手のレース後コメント。結果的に、1000m通過が1分2秒7というスローペースで、後方待機勢はそろって脚を余す形で敗れており、戸崎騎手の好判断が勝負の分かれ目の一つになったかもしれない。

武豊も「上手い3人」に挙げる関西若手No.1に関東圏「48戦0勝」の壁…G1馬と臨むフェブラリーS(G1)で一矢報えるかの画像2
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 そんなジャスティンミラノと同じくスタートで遅れてしまい、位置を取りに行ったものの6着に敗れたのは、岩田望来騎手が騎乗した5番人気のベラジオボンド(牡3歳、栗東・上村洋行厩舎)だ。

 単勝オッズはジャスティンミラノの6.6倍に対し、ベラジオボンドは7.3倍。レース前のファンはキャリア1戦の2頭に対して、ほぼ同等の評価を下していた。

 最初のコーナーに5番手で入ったジャスティンミラノに対し、ベラジオボンドは3番手。しかし、1枠1番からインを進んだベラジオボンドは次々に前に入られてしまい3角で6番手、4角では7番手まで位置を下げていたのだ。結果的に上がり3ハロン32.9秒の末脚で追い上げたものの、6着までが精一杯だった。

 岩田望騎手といえば、4日に開催された東京新聞杯(G3)でも断然人気を集めたマスクトディーヴァに騎乗したが大きく出遅れ。最後の直線で末脚を伸ばしたが、6着に敗れている。

 昨年は全国リーディング5位、今年もここまで同6位と、今や関西の若手No.1とさえ言われる岩田望騎手だが、重賞では平場ほど結果を残せていないのが現状だ。

 特に深刻なのが、栗東所属の岩田望騎手にとってはアウェイとなる関東圏(東京・中山)での成績だろう。すでに重賞を7勝している同騎手だが、先週の共同通信杯や東京新聞杯を含めて東京と中山で開催されたJRAの重賞ではデビューから48連敗中。

 48頭のうち10頭は、3番人気以内と勝つチャンスがある馬にもかかわらず1勝が遠い。

G1馬と臨むフェブラリーS(G1)で一矢報えるか

 そんな岩田望騎手にとって大どんでん返しのチャンスがやってくる。それがキングズソードと挑む18日のフェブラリーS(G1)だ。同馬とは昨年暮れの東京大賞典(G1)でもコンビを組み、2番人気で5着に敗れているが、J.モレイラ騎手を背に2走前のJBCクラシック(G1)を圧勝した実力馬でもある。

 昨年の夏に武豊騎手が“上手いと思う若手騎手”3人の名前を挙げた際、横山武史騎手、坂井瑠星騎手と共に岩田望騎手の名前が挙がった。レジェンドからも高く評価されている若武者は48戦全敗の舞台で結果を残すことができるか。フェブラリーSでは、一矢報いる騎乗に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊も「上手い3人」に挙げる関西若手No.1に関東圏「48戦0勝」の壁…G1馬と臨むフェブラリーS(G1)で一矢報えるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ