GJ > 競馬ニュース > 【フェブラリーS】レース直前に「920万円投入」で人気急上昇?超大穴ペプチドナイルに激走サイン…「安過ぎる153万馬券」に陰謀論唱えるファンも
NEW

【フェブラリーS】レース直前に「920万円投入」で人気急上昇?超大穴ペプチドナイルに激走サイン…「安過ぎる153万馬券」に陰謀論唱えるファンも

【この記事のキーワード】, ,

【フェブラリーS】レース直前に「920万円投入」で人気急上昇?超大穴ペプチドナイルに激走サイン…「安過ぎる153万馬券」に陰謀論唱えるファンもの画像1

 18日、東京競馬場では今年最初のG1、フェブラリーSが行われた。白熱したレースで真っ先にゴール板を駆け抜けたのは、11番人気の伏兵ペプチドナイル(牡6歳、栗東・武英智厩舎)。鞍上の藤岡佑介騎手は、6年ぶり2度目のG1制覇を飾った。

 今年のフェブラリーSは、滑り込みで出走を決めたオメガギネスが1番人気、昨年のダートG1で上位争いを演じたウィルソンテソーロとドゥラエレーデが2~3番人気で続く混戦ムード。しかし、終わってみれば上位人気馬はそろって馬券圏外に沈み、5番人気のガイアフォースが2着、13番人気のセキフウが3着に入り、3連単は153万500円の高配当となった。

 当然の如く、優勝したペプチドナイル絡みの馬券を握りしめていたファンは最後の直線で熱狂したに違いない。

「安過ぎる153万馬券」に陰謀論唱えるファンも

 しかし、1番人気→12番人気→9番人気の決着だった昨年のチャンピオンズC(G1)の3連単の払戻が約190万馬券に対し、フェブラリーSは11番人気→5番人気→13番人気の組み合わせだったにもかかわらず153万馬券。SNS上では「思ったほどの配当じゃなかった」というファンの声も散見された。

 実はペプチドナイルの単勝オッズは、当日朝から終始50倍台で推移していた。実際に発走時刻の約5分前の時点では60倍台に到達しそうな勢い。その時点で、人気順も16頭立ての14番人気だったのだが……。

「レース後に単勝の配当を見た時は驚きました。ペプチドナイルの最終オッズはなんと38.0倍まで下がっていましたから。逆に人気順は数分の間に一気に11番人気まで上がっていました」(競馬誌ライター)

 実際に『TARGET frontier JV』(JRA公式競馬データを分析することができる競馬データベースソフト)で確認できる時系列オッズの推移を調べると、締め切り直前の約5分間でペプチドナイルの単勝には約920万円が投じられていた。これは最終的に5番人気だったガイアフォースの約940万円に迫る数字である。

 つまり、レース直前に少なくない数のファンが超伏兵馬の単勝を購入していたことになる。

「もちろんペプチドナイルに大口投票があった可能性もありますが、さすがに2桁人気順の伏兵馬に1人が数百万円単位の大金を投じるとは考えづらいですよね。

SNSでは、『JRAが裏で操作しているんだろ』などといった陰謀めいた説を唱えたファンもいたようですが……」(同)

 一方で、ペプチドナイルの激走は決して驚くようなことではなかったという声もある。

超大穴ペプチドナイルに激走サイン…

「東海S(G2)の凡走で、ペプチドナイルを軽視していたため、パドックで同馬の気配をしっかりと確認していませんでした。ただレース後にVTRを見返すと、歩様も気合い乗りも抜群。前走時とは別馬のような好状態でしたね。返し馬でもいいフットワークで駆けていましたし、オッズが大きく変動したのは、それを見逃さなかったファンがかなりいたからだと思います」(同)

 今年のフェブラリーSに限らず、レース後にオッズが大きく下がっていたというのは競馬ファンにとってよくある事象といえるだろう。そのたびにJRAの陰謀論などが囁かれるが、実際は締め切り直前まで馬の状態に目を配らせていたファンがいるためと考えるのが自然だ。

 フェブラリーSの教訓を生かして、今週末はパドックも返し馬も、そして直前のオッズの動きもしっかりと確認した上で、JRAに勝負を挑みたいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【フェブラリーS】レース直前に「920万円投入」で人気急上昇?超大穴ペプチドナイルに激走サイン…「安過ぎる153万馬券」に陰謀論唱えるファンものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?