GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か
NEW

C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方かの画像1
藤岡佑介騎手

 11番人気の大穴ペプチドナイルの勝利という大波乱に終わった今年のフェブラリーS(G1)。ドンフランキーが飛ばした超ハイペースの流れを外目の4番手から抜け出す強気な競馬で初重賞勝ちがG1のオマケつき。6年ぶりの制覇でG1・2勝目を挙げた藤岡佑介騎手の好騎乗も光った。

 勝ちタイムの1分35秒7(良)は例年並みではあったものの、前半3Fが33秒9で流れたこともあり、ペプチドナイル以外の先行勢は総崩れ。後方から末脚を伸ばした馬に向く展開だったかもしれない。

フェブラリーSでも善戦したかもしれない超大物登場か

 そんな今年のフェブラリーSだった訳だが、1時間ほど前に行われた3歳限定のヒヤシンスS(L)もG1に引けを取らないほど、見どころのあるレースだったことにも触れておきたい。

 G1と同舞台の東京ダート1600mを舞台に争われた一戦で、1番人気に推されたのはC.ルメール騎手が騎乗したアンクエンチャブル。道中を好位の3番手につけてリズムよく走り、最後の直線を力強く抜け出した姿に完勝の予感すらあった。

C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方かの画像2
三浦皇成騎手

 しかし、これをとても届かないような位置から差し切ったのが、三浦皇成騎手が騎乗していた5番人気ラムジェット(牡3、栗東・佐々木晶三厩舎)だ。

 後方待機策を採った同馬は、11頭立てのレースで最後の直線でも10番手。三浦騎手が激しいアクションを見せていただけに、手応えが悪いようにも映ったものの、そこから長くいい脚を使い、勝ちパターンに持ち込んでいたアンクエンチャブルを差し切っただけでなく、ゴール板を通過した際には3馬身もの差をつけていた。

 これには2着に敗れたルメール騎手も「勝ち馬は驚くくらい強かったです」と脱帽。これまで数多くのG1馬に跨ってきた名手ですら驚きを隠せなかったのだから、ラムジェット陣営としては嬉しい誤算といったところか。

 この勝利には三浦騎手から「距離が延びていいのは間違いない」「内容的には完勝」とパートナーの能力に太鼓判。陣営から「招待されればUAEダービー(G2)、その後のケンタッキーダービー(G1)」というプランまで飛び出した。

「三浦騎手によると、あれでもまだ抜け出してから遊んでいたらしいですよ。ラムジェット陣営が自信を深めたのも頷ける強さでした。どれだけ凄かったのかというと、勝ち時計でしょうか。同日メインのフェブラリーSで5着に入ったキングズソードの走破時計が1分36秒0、そこから3馬身離された6着レッドルゼルが1分36秒5でした。

ラムジェットの勝ち時計1分36秒3は、単純な時計比較でレッドルゼルに先着している想定です。しかもまだ成長途上の3歳馬ですから、世代トップクラスの評価は妥当といえそうです。ただ気になるのは、もしかしたら鞍上問題が発生するかもしれないことです」(競馬記者)

 確かに言われてみれば、日本馬が海外のレースに遠征する際、三浦騎手に限らず乗り替わるケースが珍しくない。実際、かつて三浦騎手が主戦を任されていたダンシングプリンスがサウジカップデーに行われるリヤドダートスプリント(G3)に出走したときは、ルメール騎手に乗り替わっての勝利だった。

 三浦騎手の継続騎乗に期待したいところだが、JRA・G1未勝利の実績を考えると、鞍上交代の可能性はゼロではない。はたして三浦騎手の継続騎乗は叶うだろうか。超大物登場を予感させたラムジェットの今後に注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬