GJ > 競馬ニュース > 【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時
NEW

【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時

【この記事のキーワード】, ,

【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時の画像1

 18日に行われた小倉大賞典(G3)。6戦ぶりにコンビを組んだセルバーグとハイペースの逃げを打つと、10番人気の低評価を覆して3着に好走。三連単10万円オーバーの波乱を演出したのが今村聖奈騎手だ。

 勝利こそ逃したものの今村騎手はレース後、「内を通ったのはプラン通りでした。ハイペースにはなりましたが、それでも最後まで頑張れるのがこの馬の持ち味です」と、思い描いたコース取りとパートナーの力走に胸を張った。

 同騎手は一昨年のルーキーイヤーには51勝を挙げ、最多勝利新人騎手賞を獲得したニューヒロイン。今年ここまで1勝と苦戦していたが、この好騎乗をきっかけに来週以降の巻き返しが期待できそうである。

 また、このレースはスタート直後にホウオウアマゾンの鞍上・佐々木大輔騎手が落馬し、カラ馬のまま走り続けるアクシデントが発生。5着フェーングロッテンに騎乗していた幸英明騎手はレース後、「道中はカラ馬を気にしていて……。スムーズならもう少し頑張れたと思います」と話すなど、不完全燃焼に終わる馬も出てしまった。

 中でも落馬により大きな影響を受けてしまったのが、2番人気に推されていたゴールドエクリプス(牝5歳、栗東・大久保龍志厩舎)と角田大河騎手のコンビである。

 同馬は小倉競馬場でここまで3戦2勝3着1回というコース巧者。人気が示す通り勝ち負けに期待していたファンも多く、また昨年8月の小倉記念(G3)3着以来の騎乗となった角田河騎手にとっても、前回のレース後は「もう少しスムーズにポジションが取れていれば」と敗戦を悔やんでいただけに、ここはリベンジを懸けた一戦でもあった。

 しかしゲートを出た直後、隣で落馬したホウオウアマゾンと接触……。すぐに立て直して道中は後方からレースを進めたが、直線は見せ場を作れず12着という大敗を喫している。

「これはゴールドエクリプス陣営にとっては不運でしたね。レース後の角田河騎手は『ゲートでぶつけられて気持ちが切れてしまいました』と話しており、今回に関してはノーカウントにしてしまってもいいと思います。

悔しい結果となってしまった角田河騎手とっては小倉記念のリベンジもありましたが、実は今年に入ってから成績がそれほど芳しくないことから、ここは結果を出して今後に繋げたいところだったと思いますが……」(競馬誌ライター)

3年目の角田大河騎手に訪れた試練の時

【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時の画像2
角田大河騎手 撮影:Ruriko.I

 先述の今村騎手と同期である角田河騎手は一昨年、栗田伸一・福永祐一元騎手に続いて史上3人目となるJRA初騎乗から2連勝という鮮烈なデビューを飾り、年間勝利数でも今村騎手に続く36勝をマーク。同騎手とは幼馴染みでプライベートでも仲がよいことから、2人で切磋琢磨しあっている印象を持っているファンも少なくない。

 そんな有望株の角田河騎手だが、2年目の昨年も36勝と初年度の勝ち星を超えることができず。そして3年目の今年はここまで1勝と苦戦中であり、これは奇しくも今村騎手の勝利数と同じである。

 その今村騎手は小倉大賞典で人気薄とともに3着に好走。一方の角田河騎手は不利もあったとはいえ、結果的に2番人気で大敗。再浮上を目指す同期2人の間で明暗がくっきりと分かれることとなった。

 ちなみに角田河騎手は先週も全12鞍で未勝利に終わったことにより、今年の通算成績は106戦でわずか1勝。勝率はついに1%を切っている。

「絶好のポジションでしたが恵まれず、馬にかわいそうな競馬になってしまいました」

 レース後にはゴールドエクリプスが遭った不運をそう嘆いた角田河騎手。今はやや試練の時かもしれないが、果たして来週以降に巻き返しとなるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬