GJ > 競馬ニュース > 「俺はそういう根拠のない意味ないの許さへんからな」池添謙一がブチキレ?ドンフランキーへの感謝が思わぬ火種…絡んだファンに怒り隠せず
NEW

「俺はそういう根拠のない意味ないの許さへんからな」池添謙一がブチキレ?ドンフランキーへの感謝が思わぬ火種…絡んだファンに怒り隠せず

「俺はそういう根拠のない意味ないの許さへんからな」池添謙一がブチキレ?ドンフランキーへの感謝が思わぬ火種…絡んだファンに怒り隠せずの画像1
池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I

 2024年のG1開幕を告げたフェブラリーS(G1)は、藤岡佑介騎手が騎乗した11番人気の大穴ペプチドナイルが優勝。2着に5番人気ガイアフォース、3着に13番人気セキフウが入った3連単の払戻は、153万円という大波乱に終わった。

 レースの流れとしては、各馬の騎手にとっても位置取りの判断が難しかっただろう。2番人気ウィルソンテソーロ、3番人気ドゥラエレーデが積極的に前の馬を追い掛ける展開となり、逃げ先行馬にとって過酷な展開。そんな激流を作り出したのが、前半3F33秒9のラップを刻んで飛ばしたドンフランキーと池添謙一騎手のコンビだ。

 最後の直線で力尽きたドンフランキーは、善戦虚しく9着に敗戦。快速が持ち味の馬だけに距離の壁も影響した可能性があるものの、骨折明けのG1で十分な見せ場を作る健闘だったかもしれない。

池添騎手に絡んだファンの発言が思わぬ火種に

 これには池添騎手も自身のSNSで「僕は悔いが残るレースはしてません。自分のレースはしました」と振り返り、やれるだけのことはやったという感じで「それでも頑張って踏ん張ったドンフランキーありがとう」とパートナーを労った。

 ただ、発言の中で「力があるから逃げ馬について来る。ペースも流れる。競馬ってそうだから」と触れていたことに対し、とある競馬ファンが池添騎手の言葉に否定的なニュアンスの見解を発信。こちらについては本人への直接のコメントではなかったが、これに気付いた池添騎手が「俺はそういう根拠のない意味ないの許さへんからな」と返信する事態へと発展してしまった。

「相手は一般の方でしたが、内容としては“力があるから逃げ馬についてくる”と池添騎手が話したことに対し、そうではないという意味合いの発言でした。勿論、レースや馬への見解は自由であるべきですし、あくまで個人の感想なら許容されるとは思います。

ですが、池添騎手のことを“おまえ”“笑う”と、第三者が見た際に不快に感じられる発言をしてしまった点は、他のファンからも反感を買ってしまったみたいですね。インターネットで発信する以上、どこで誰が見ているかわからないため、もう少しソフトな表現にすべきだったかもしれません」(競馬誌ライター)

 池添騎手の目に留まったことがきっかけとなったこのブチ切れ騒動。池添騎手が大人の対応を見せたことにより、ひとまずは終息したようだが、自分だけ顔を出さない匿名での発言には特に注意が必要である。

 近年は特にSNSで有名人相手に匿名のファンが誹謗中傷し、問題となるケースが増えているため、軽率な発言が相手を予想以上に傷つけてしまうリスクも伴う。

 だからといって発言や表現の自由まで制限される訳でもないとはいえ、仮に個人の感想を述べただけだったとしても、最低限のモラルと常識は守る必要がある。SNSで関係者がファンと交流することも珍しくなくなってきただけに、お互いにリスペクトのある関係を築きたいものだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「俺はそういう根拠のない意味ないの許さへんからな」池添謙一がブチキレ?ドンフランキーへの感謝が思わぬ火種…絡んだファンに怒り隠せずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬