GJ > 競馬ニュース > 【フェブラリーS】ドゥラメンテ産駒のダート替わりに期待大!? 二刀流G1制覇に挑むシャンパンカラー、その先には海外挑戦も視野?
NEW

【フェブラリーS】ドゥラメンテ産駒のダート替わりに期待大!? 二刀流G1制覇に挑むシャンパンカラー、その先には海外挑戦も視野?

【この記事のキーワード】, ,
【フェブラリーS】ドゥラメンテ産駒のダート替わりに期待大!? 二刀流G1制覇に挑むシャンパンカラー、その先には海外挑戦も視野?の画像1
シャンパンカラー 撮影:Ruriko.I

 18日に行われるフェブラリーS(G1)。ダート有力馬のサウジ遠征が相次ぐ中、芝の重賞ウイナーが複数頭出走を予定。既にダート適性の高さを見せているドゥラエレーデや、母父に二刀流馬クロフネを持つガイアフォースは人気を集めそうだ。

 そんな中で芝のG1馬ながら人気の盲点になりそうなのがシャンパンカラー(牡4歳、美浦・田中剛厩舎)だ。15日現在、『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズでは二桁人気に留まっており、当日も人気薄が予想される。

 前々走のNHKマイルC(G1)では雨の中で力強い伸びを見せ勝利。田中剛師も「湿った馬場でも勝っているし、ダートはいいと思う」と、パワーの要るダート馬場での善戦を予感させるコメントをしている。

 フェブラリーSと同じ東京コース・1600mの距離という意味では、芝ではあるものの4戦3勝と好相性のシャンパンカラー。人気薄の理由は前走の安田記念(G1)で14着と大敗したことか。

 しかしその安田記念は出走18頭全てが重賞馬(うちG1馬10頭)とハイレベルだった。3歳春にしてソングラインなど強豪古馬に挑戦したことは、経験の面ではむしろプラスと捉えることもできそうだ。

 昨年の三冠牝馬リバティアイランドなど芝馬の活躍が目立つ本馬の父ドゥラメンテの産駒だが、実はダートの成績も悪くない。東京ダート1600mという条件で見てみると勝率12.6%。これはダートリーディング上位のドレフォンやヘニーヒューズを上回る数字だ。

 ドゥラエレーデを筆頭に、ドゥラメンテ産駒のダート替わりは好調だ。アイコンテーラーはダート転向後に着実にステップアップし、JBCレディスクラシック(G1)を制覇。岩田望来騎手の初G1勝利の相棒となったヴァレーデラルナも、キャリア初戦は芝だった。

 また、シャンパンカラーの鞍上を務める内田博幸騎手もフェブラリーSの共同会見で「(ダート挑戦の話を聞いた時)驚きはなかった。芝馬でも兄弟がダートを走っていることもあるし決めつけは良くない」と前向きな様子。

 同馬はドバイのゴドルフィンマイル(G2)にも登録しており、同騎手は「ドバイにつながる走りができれば」とその先の海外挑戦を見据えた発言もしている。フェブラリーSでダート適性を見せることができれば、陣営の選択肢としてはより濃厚になるだろう。今回のレースを皮切りに成長することができれば、さらなる海外のビッグレースも射程圏内に入るかもしれない。

 フェブラリーSを勝利した二刀流馬はアグネスデジタル、アドマイヤドン、モズアスコットだが、これらの馬は全て芝マイルG1を制していることもシャンパンカラーにとっては大きなアドバンテージだろう。更なるステップアップを目指すためにも、まずは初ダートでの好走を期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【フェブラリーS】ドゥラメンテ産駒のダート替わりに期待大!? 二刀流G1制覇に挑むシャンパンカラー、その先には海外挑戦も視野?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光