GJ > 競馬ニュース > 【フェブラリーS】C.ルメール「滑り込みセーフ」でオメガギネスと参戦!多彩なメンバー揃う砂の頂上決戦に武豊はセキフウとコンビ【結果発表】
NEW

【フェブラリーS】C.ルメール「滑り込みセーフ」でオメガギネスと参戦!多彩なメンバー揃う砂の頂上決戦に武豊はセキフウとコンビ【結果発表】

【フェブラリーS】C.ルメール「滑り込みセーフ」でオメガギネスと参戦!多彩なメンバー揃う砂の頂上決戦に武豊はセキフウとコンビ【結果発表】の画像1

 18日に東京競馬場で行われるダートの頂上決戦、フェブラリーS(G1)。賞金不足で除外の可能性があったオメガギネスは、サンライズホークの回避で滑り込みセーフ。出走すれば上位人気確実と見られていた馬だけに、陣営にとっては朗報だろう。

 ということで、同時期に行われるサウジC(G1)にトップクラスの馬が複数出走を予定しているため、メンバーレベルの低下を危惧されていたフェブラリーSですが、なかなかバラエティに富んだメンバーが集まりそうです。

 先日の【読者アンケート】では、過去の優勝馬の中で思い入れのある馬をテーマに募集しましたが、ご協力いただき誠にありがとうございました。早速、集計結果を発表したいと思います。

【フェブラリーS】C.ルメール「滑り込みセーフ」でオメガギネスと参戦!多彩なメンバー揃う砂の頂上決戦に武豊はセキフウとコンビ【結果発表】の画像2

1位カネヒキリ

 並みいる強豪を抑えて見事1位となったのは、G1・7勝の光るカネヒキリでした。2度の怪我による長期休養を乗り越えた不屈の名馬は、武豊騎手と金子真人オーナーという共通点があったことから「砂のディープインパクト」とも呼ばれました。C.ルメール騎手へ乗り替わった後は、元主戦武豊騎手のヴァーミリアンとの対決もありました。

2位アグネスデジタル

 13番人気で大波乱を演出した2000年マイルCS(G1)のイメージも強いですが、元祖二刀流といえばこの馬でしょう。2001年の天皇賞・秋(G1)では、当時現役最強馬といわれたテイエムオペラオーを撃破。実はデビューから4戦は福永祐一元騎手(現調教師)が騎乗していました。

3位ヴァーミリアン

 史上最強馬と評する声もあるエルコンドルパサーが世に送り出した超一流馬。ダートG1・9勝という素晴らしい成績を残しています。当初は芝路線で重賞勝ちした本馬ですが、ダートに転じてから本格化。ヴァーミリアンが制した2008年のフェブラリーSには、デアリングタクトの祖母デアリングハート(7着)も出走していました。

4位コパノリッキー

 フェブラリーS史上唯一の16番人気で優勝したのがコパノリッキーです。このときは田辺裕信騎手とのコンビでしたが、翌年のフェブラリーSは武豊騎手が騎乗して連覇。G1で前年の最低人気馬が翌年に1番人気で優勝した例は、他にないかもしれませんね。

5位ゴールドアリュール

 芝からダートに転戦して頂点を極めたゴールドアリュールですが、2002年の日本ダービー(G1)で5着に入った実力の持ち主。同年のジャパンダートダービー(G1)を制し、その後もG1で3勝を加算して計4勝。わずか1年という短期間での快進撃でした。

■番外編

 ここからはファンの声を紹介します。

・ウイングアロー

「ジャパンCダート創設元年にフェブラリーSと同一年制覇し、南井克巳調教師の開業一年目にいきなりG1勝ちをもたらした馬だから。それに、どちらもウイングアローの単勝1点で取ったからね(笑)」
「16番手の外からゴールドティアラ、ファストフレンド、メイセイオペラらダートの強豪をまとめて差しきったのを強烈に記憶しています」

・シンコウウインディ

「G1昇格となった1997年に勝ったシンコウウインディが思い出深いですね。個人的にはその前年に競馬デビューしたのも大きいです」

・メイセイオペラ
「メイセイオペラしかないよね!地方馬の歴史的快挙で地方競馬ファンの母親が泣いてた!今年は地方勢も強力なので楽しみです!」
「地方馬によるJRA・G1勝利は記憶に強く残っています」

・ホクトベガ、クロフネ

 ホクトベガはG1昇格前のG2時代のフェブラリーSに優勝した名牝でしたね。

 クロフネに投票した方もいたようですが、こちらはジャパンCダートの優勝馬でした。フェブラリーSと同じ東京のダート1600mだった武蔵野S(G3)で、1分33秒3のタイムで大楽勝。ファンの度肝を抜きました。

 対象となるレースが多いため、どの馬を選べばいいのか悩んだ方も多かったのではないかと思います。

 これから春のG1戦線に向けて盛り上がっていきます。次回のアンケートでも奮ってご参加ください。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【フェブラリーS】C.ルメール「滑り込みセーフ」でオメガギネスと参戦!多彩なメンバー揃う砂の頂上決戦に武豊はセキフウとコンビ【結果発表】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  3. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  7. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  8. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  9. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】