GJ > 競馬ニュース > 戸崎圭太「今回に関しては…」フェブラリーS(G1)オメガギネス乗り替わりに付言。超新星ジャスティンミラノ完璧騎乗も「他人事発言」連発の裏にある厳しい立場
NEW

戸崎圭太「今回に関しては…」フェブラリーS(G1)オメガギネス乗り替わりに付言。超新星ジャスティンミラノ完璧騎乗も「他人事発言」連発の裏にある厳しい立場

戸崎圭太「今回に関しては…」フェブラリーS(G1)オメガギネス乗り替わりに付言。超新星ジャスティンミラノ完璧騎乗も「他人事発言」連発の裏にある厳しい立場の画像1
戸崎圭太騎手

2週連続重賞勝利も十分にあったはずの戸崎騎手

 16日、先週の共同通信杯(G3)で2歳王者ジャンタルマンタルらを一蹴し、一躍クラシックの中心に躍り出たジャスティンミラノ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)について、鞍上の戸崎圭太騎手が改めて称賛の声を送っている。

 先週11日のレース直後には「乗りやすくて強い勝ち方だったと思います」「直線でも手応えがあったし、追ってからも味があった」「今日の感じなら距離が延びても大丈夫」と、突如現れた超新星を手放しで称賛していた戸崎騎手。

 さらに、この16日は『競馬ラボ』の連載企画『週刊 戸崎圭太』を通じて「まだ緩さもある中で、しなやかさが優れている」「ゆったりしながら速い」と賛辞が止まらない様子。詳細はぜひ本連載をご覧いただきたいが、肝心な今後については「活躍してくれるんじゃないでしょうか」と、どこか他人事のようにも取れるコメントに留まった。

「他人事発言」連発の裏にある厳しい立場

 すでに皐月賞(G1)への直行が発表されているジャスティンミラノだが、鞍上の発表はまだない。戸崎騎手の騎乗が光った共同通信杯だったが、これがテン乗りだったこともあって、陣営も鞍上決定に慎重になっているようだ。

 実際にレース当日の勝利騎手インタビューでも、最後に今後に向けて「ファンに一言」と問われると「えー」「あのー」など、これまでスムーズだった受け答えが一転……。戸崎騎手としても言葉を選ばざるを得なかったのかもしれない。

「クラシック前のこの時期は、特に鞍上問題がデリケートになりますね。今週もホープフルS(G1)2着のシンエンペラーが、川田将雅騎手との新コンビで報知杯弥生賞ディープインパクト記念(G2)に進むことが大きな話題になりましたが、管理する矢作芳人調教師は『弥生賞は川田騎手で。その後は未定』と本番の皐月賞で乗り替わりになる可能性も示唆しています。

逆に川田騎手らトップジョッキーにしても、クラシックでコンビを組む馬はギリギリまで見定めたいところ。ジャスティンミラノは結果を出した戸崎騎手が有力だと思いますが、正式な発表はまだ先になるかもしれません」(競馬記者)

 また、記者曰く戸崎騎手が慎重なコメントに終始することには理由があるという。

 今週末18日に東京競馬場で行われるフェブラリーS(G1)だが、今年の1番人気が濃厚なオメガギネス(牡4歳、美浦・大和田成厩舎)は、これまで戸崎騎手とのコンビで5戦3勝2着2回、ここまで連対率100%という次代のダート王候補だ。当初は賞金不足で除外対象だったが回避馬が出たことで出走が叶い、一躍主役候補に挙げられている。

戸崎圭太「今回に関しては…」フェブラリーS(G1)オメガギネス乗り替わりに付言。超新星ジャスティンミラノ完璧騎乗も「他人事発言」連発の裏にある厳しい立場の画像2
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 しかし、今回の鞍上はC.ルメール騎手だ。デビューからずっとコンビを組んできた戸崎騎手にとっては、ようやくG1の舞台に立つというところで、まさかの乗り替わりとなってしまった経緯がある。

 この急遽の主戦降板劇については、戸崎騎手は先述した『週刊 戸崎圭太』内で「あんまり言いたくない騎手もいると思います」と前置きしながらも「今の時代、乗り替わりは沢山あって、どの馬でもずっと乗れると思っていないとは常々意識にはあります」と昨今の乗り替わり事情についてコメント。

 しかし、「ただ、今回に関しては思ってもいなかったので……」と、オメガギネスについてはまさに青天の霹靂だったことを明かしている。

 ちなみに戸崎騎手はフェブラリーS当日、決戦の舞台となる東京で騎乗。7鞍の騎乗依頼を受けているが、残念ながらメインレースは「騎乗馬なし」となっている。

 今回、オメガギネスと新コンビを組むルメール騎手は、言わずと知れた昨年のリーディングジョッキーだ。食って食われる弱肉強食の世界に生きるだけに、乗り替わりは日常茶飯事だが、今回のオメガギネスについては戸崎騎手としても思うところがあるようだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

戸崎圭太「今回に関しては…」フェブラリーS(G1)オメガギネス乗り替わりに付言。超新星ジャスティンミラノ完璧騎乗も「他人事発言」連発の裏にある厳しい立場のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題