GJ > 競馬ニュース > ウシュバテソーロ一強状態に待ったをかけるのはあの1頭!? 穴党・桃井はるこが願いを託したのは…『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第6回 日本テレビ盃
NEW

ウシュバテソーロ一強状態に待ったをかけるのはあの1頭!? 穴党・桃井はるこが願いを託したのは…『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第6回 日本テレビ盃

ウシュバテソーロ一強状態に待ったをかけるのはあの1頭!? 穴党・桃井はるこが願いを託したのは…『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第6回 日本テレビ盃の画像1

 夜風が秋めいてきた今日この頃。私は今、9月26日の深夜、自宅の屋根裏部屋にいます。先ほど、27日に船橋競馬場で開催される日本テレビ盃(Jpn2)の展望の原稿を書こうと、あれこれ下書きしていたら……いつの間にか寝落ちしてしまい、気づいたら、予定されていたYouTube生放送「エモエモ90’s」の時間の直前になってしまっていました。なので慌てて寝ぼけまなこで配信に参加してから、またパソコンのキーボードを叩いているというわけです。

 今回の日本テレビ盃、出馬表を見て驚きましたよ。穴馬にと目星をつけていた南関所属のライトウォーリアとセイカメテオポリスは、なんと、前日に金沢で行われる白山大賞典(Jpn3)に出走。前走セイカメテオポリスに騎乗していた金沢の吉原寛人騎手は、ライトウォーリアのほうに騎乗すると決定したみたいです。これは勝負気配をビンビン感じますね。

 先ほど金沢へ向かう馬運車に乗り込むセイカメテオポリスの姿を、大井の渡邉和雄調教師のXで見ることができました。同厩舎といえば、東京ダービー(S1)、ジャパンダートダービー(Jpn1)を制したミックファイアの活躍がめざましいですが、セイカメテオポリスの、その堂々とした歩様にほれぼれしました。このコラムが更新される頃には白山大賞典の結果は出ていますが……どの馬にとっても、実り多きレースになりますように。

 さて、話を翌日の日本テレビ盃に戻しますと、予定されていた有力馬の一頭、UAEダービー(G2)を勝利し、米国・ケンタッキーダービー(G1)6着に入ったデルマソトガケは調整中に左脚の蹄を痛めて出走を見送り。となると、東京大賞典(G1)、川崎記念(Jpn1)、そして今年3月にドバイワールドC(G1)を制したウシュバテソーロに人気が被るのは必然なわけで……予想オッズでは1.1倍に! ウシュバテソーロ、強くて魅力的な馬ですものね。 

 私はダートの競馬に思い入れがあるのですが、それは、ターフで思うように実力を発揮できなかった馬が、ダートを使ったらその秘めた才能が開花するというようなドラマチックなことがあるからです。最強馬ってどこででも勝てる馬のことを言うとは思うんですけど、そんな馬はなかなかいないでしょう。日本の競馬場は右回り左回り両方ありますし、洋芝、野芝、小回り、様々なトライをする中で、馬の適性が開花しての勝利って、感動もひとしおです。

 2019年、ウシュバテソーロのデビューは新潟の芝1800m、2歳新馬戦でした。その後、5歳で初めてダート、横浜S(3勝クラス)でいきなり勝利。その後はダートに専念、6勝3着1回というすばらしい走りを見せています。3年もの間、もがきながらも自分の輝ける場所を探し続け、ダートで才能を開花させた同馬は、最高峰の東京大賞典、そしてドバイワールドCを勝利。次に見据えるのは11月のブリーダーズCクラシック(G1)……ビッグスケールな夢を見せてくれますね! さて、この日本テレビ盃では、休み明け一戦目、どの程度の本気度で挑むのでしょうか。たとえ100%の力を出さなくてもぶっちぎってくれるのでしょうか。戦ってきた舞台、相手を見たらそんな想像もできますから、この人気もうなずけます。

ウシュバテソーロ一強状態に待ったをかけるのはあの1頭!? 穴党・桃井はるこが願いを託したのは…『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第6回 日本テレビ盃の画像2

 しかし……そこは穴狙いのモモーイ、もう一度先入観をとっぱらって、予想してみたい! 目を閉じて、頭の中に船橋1800mのコースをイメージして……近くにあるららぽーとや歩道橋もイメージすると……そういえば、ちょっと前までは、お父さんは船橋競馬場で競馬を楽しみ、お母さんと子供はショッピングモールでお買い物という家族連れを多く見かけましたが、最近は中継でパドックを見ていても、女性やカップル客が多いこと! まだ改装は完成していませんから、今後ますますきれいに生まれ変わっていろんな人が楽しめるレジャースポットになっていくのでしょうねぇ……。

 と、話がそれました。船橋競馬場の直線は308m。入り口から出口にかけて徐々にコーナー角度がきつくなるスパイラルカーブを採用しています。なので、大井やドバイとはまた適性が違いますよね。そして、レースを見ていると、とにかく逃げ、先行が有利なイメージがあるのですよ。ウシュバテソーロといえば、ドバイでの鋭い末脚、後方から一気にまとめて面倒を見るまくりが印象的でした。しかし今回も鞍上は名手・川田将雅騎手ですから、そこはちゃんとこのコースに対応して、先行や逃げという戦法で来るのか? いや、でも明らかに本番は11月のアメリカですよね、新しいことを試すのは……。

 そうなると、直近レースの4戦ですべて逃げを打っていて3勝3着1回のミトノオーが浮上します。それに、このレースの過去の結果を見ると、去年は2着のクラウンプライド、 去年3着、21年には勝利している牝馬・サルサディオーネなど斤量が軽い先行勢の活躍が目立ちます。

さらに、ミトノオーは1800mの伏竜S(OP)では圧勝、同じく勝利した兵庫チャンピオンシップ(Jpn2)も距離は1870m。2000mのJDDでは3着に粘りました。一方、ウシュバテソーロは、直近6走で唯一負けたのがラジオ日本賞(OP)、1800mなのです。もっと長い方がいい……1800mは、距離が短いのではないでしょうか?
と、いうことで、私の◎は、ミトノオーとします!

 鞍上に逃げを打てる武豊騎手を確保しているのも、心強いです。そういえば、最近JRA公式YouTubeチャンネルで、レース中の騎手のヘルメットに取り付けたカメラの映像が公開されていますが、見てみるとその激しさにびっくりしますね。土が飛んできて前が見えなくなってしまったり、最後の直線では追っているせいか、画像が激しくぶれたり。

しかし、武豊騎手のヘルメットカメラを見て驚きました。馬場状態や騎乗馬にもよると思うのですが、他の映像よりぶれが少ないのです。レース中の騎乗フォームを見ていても、馬上でピタッと安定していますよね。

1着馬にJBCクラシックへの優先出走権が与えられるこのレース。馬の邪魔をしないでその才能を引き出す武豊騎手を背に、古馬とは初対戦となりますが、秋のG1、そしてその先の大きな夢へと、ぶっちぎっちゃってほしいですよ。がんばれミトノオー!!!

桃井はるこの印

◎ミトノオー

〇ウシュバテソーロ

△スワーヴアラミス

▲ セキフウ

告知!!

●桃井はるこワンマンライブ『モモーイタイムトラベル -Music Journey-』12/2(土)Veats Shibuyaにて開催決定。
FC先行受付エントリーが10/2(月)12:00~10/9(月)23:00まで
プレリクエスト先着先行チケットがローソンチケット( https://l-tike.com/momoi/ )にて10/18(水)12:00~発売開始。

●10月より文化放送「超!A&G+」にて新番組『サバイバルクイズシティ ラジオ編』がスタート。毎週火曜日19:30~生放送。

●パーソナリティを務める『THE WORKS』がFM NACK5(79.5MHz)にて毎週日曜日24時から放送中。( https://www.nack5.co.jp/program/theworks/ )

●9/30(土) 両国SUNRISEにて坂本英三率いるEIZO JAPANとのツーマンライブ『EIZO JAPAN VS 桃井はるこ』開催!
詳細→ https://eizojapanvsmomoiharuko.peatix.com/

●好評発売中発売の純情のアフィリアニューシングル『ジェネレーション・ギャップ』に収録される「恋はバラエティ!」の作詞を担当。
公式ページ→ http://stand-up-project.jp/j-afilia/


その他最新情報
桃井はるこ公式ホームページ http://rg-music.com/momoi/
桃井はるこX https://twitter.com/momoiktkr

ウシュバテソーロ一強状態に待ったをかけるのはあの1頭!? 穴党・桃井はるこが願いを託したのは…『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第6回 日本テレビ盃のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!