GJ > 競馬ニュース > 【モモーイの超!大穴でグッジョブ!第2回】
NEW

桃井はるこが穴党になった理由を激白! オタク界の競馬女王がかしわ記念(G1)で期待する5頭とは?【モモーイの超!大穴でグッジョブ!第2回】

【この記事のキーワード】,

【モモーイの超!大穴でグッジョブ!第2回】の画像1

 私はダート競馬が好きなんです。そして、穴党なんです。なぜかって? 理由は色々ありますが、今回は私の競馬の原体験のお話をいたしましょう。それは、2013年の年末のことでした。

 もともとプロ野球などのスポーツ観戦が趣味だった私は、よく新聞の1面を飾っているオルフェーヴルが第58回有馬記念(G1)で引退すると知り、全くミーハーな気持ちでWINS後楽園へと向かいました。初心者コーナーで「オルフェーヴルください」とだけ告げ、案内されるままマークカードを塗りつぶし単勝馬券を購入。フロアで画面越しにその勝ちっぷりと池添謙一騎手のヒーローインタビューを見届けたのです。

 その強さ、みんなの期待に応えるかっこよさに魅かれ「どうしても本物の競馬を観てみたい!」となって、7日後には東京大賞典(G1)のゴール前にいました。大井競馬場での年末の大一番、1着になったのはホッコータルマエ。パドックで光り輝く馬たちの大きさと美しさ、目の前に広がるダートコースを土煙を上げて走る力強さを目の当たりにし、すっかり競馬に恋してしまいました。そして「今度はタルマエが走るJRAのG1レースを観に行きたい!」と、翌年2月、初めて東京競馬場に向かったのです。

 競馬場へ行く電車を待つ昼下がりの駅には、のどかな空気が流れていました。ふとホームの隅のベンチを見ると、フェブラリーS(G1)の出馬表がでかでかと印刷されているスポーツ新聞を持った若いお父さんと、その膝の上には幼稚園児くらいのお下げ髪が可愛い娘さんがいました。私は同じベンチの少し離れた席に腰を下ろしました。今でいう歌手の「ののちゃん」のような、おしゃまな女の子がお父さんと楽しそうにおしゃべりしているのが聞こえます。

 ふとお父さんが「なぁ、この中で今日、どれが勝つと思う?」と新聞を広げ女の子に見せました。女の子は「うーん」と少し考えたあと「これ!」と元気に紙面を指します。お父さんはちょっと困ったふうに、諭すような口調で「これはね、いちばん人気がない馬だから、勝たないんだよ。他は?」と聞きました。しかしその後、電車が来るまで、女の子は何回聞かれても「ううん、これがいいの!」と、頑として自分の意見を曲げませんでした。その女の子が推していた馬こそ、その年の優勝馬、コパノリッキーだったのです。もっとも、女の子は「この人がいい」と、田辺裕信騎手のほうが気に入った様子でしたが。

 その数時間後。私は、ゴール板の前で砂煙を上げ駆け抜けた16頭の馬のお尻を目で追っていました。そこで、行きのホームで見かけた親子の会話がオーバーラップしてくるのでした。

 コパノリッキーは最低人気から目の覚めるような優勝を果たしました。2番人気のホッコータルマエはまさかの2着。私は、騒然とする場内の雰囲気に、競馬に絶対はないということを肌で知るのでした。

 果たしてあのお父さんは娘さんのいう事を聞いて、272.1倍の単勝馬券をゲットできたのだろうか。ぼうっとしていた私は、後ろにいた女性の嬌声で我に返ります。振り返るとOL風の女性が、応援馬券を高く掲げながら「田辺君!応援してきてよかった!タンプク!持ってる!」と飛び跳ねていました。競馬に詳しそうな周りの男性達に「すごいね、これで何買うの?」と聞かれて、女性は「えーと、ヴィトン!」と答えました。最っ高の笑顔で。

 これが、私の競馬場での原体験です。こんなことがあったら、ダートレースが好きで、しかも穴馬を仕留めたいと思うようになるのは、ごくごく自然なことですよね。

 さて、ゴールデンウィークといえば船橋競馬場で行われるダート左回り1600m、かしわ記念(G1)です。私、このレースは結構得意なイメージがあるんですよ。それがなぜか、過去の結果をおさらいしていてわかりました。この10年で1番人気が一度も勝利していないのです。といっても、やはりJRA勢が強いレースではあるのですが、1頭でも地方馬が絡むだけで高配当が狙えると思ってます。

 かしわ記念の行われる船橋1600mのコースは、南関競馬で唯一のスパイラルカーブ。直線は308mとJRAの競馬場と比較すると短く、入り口が緩く徐々にコーナーがきつくなるカーブの形状によって、外からまくろうとすると遠心力で外にふられてしまい、ロスが大きくなるのです。なので、直線の前では4番手以内の位置取りでないと厳しいでしょう。

 きっと1番人気に推されるであろうシャマルは、小回りの浦和から広い盛岡、大井など様々なコースを経験し、安定感では一番ですよね。ひとつ気になることといえば出走回数が多すぎるかなというところです。

 メイショウハリオはこのメンバーの中では昨年の帝王賞(G1)優勝、東京大賞典、フェブラリーSではいずれも3着と一番の実績馬ですが、直線が長い大井、東京と違い船橋で後ろから行って差し切れるかというと……距離的にもマイルは忙しいのではないかと考え、取りこぼしもあるかなと思います。

 ハヤブサナンデクンはこちらも使ってきた距離から勘案すると先行できるかは疑問に思いますが、このレースの勝ち馬を多く輩出しているゴールドアリュール産駒というところが気になるなぁ。

 ヴァレーデラルナは牝馬限定戦で安定した成績を残しており、去年の同レースの勝ち馬ショウナンナデシコの鮮やかな逃げ切り勝ちがイメージされます。斤量は牡馬より2キロ軽く最内枠を引き、鞍上は元南関リーディングの戸崎圭太騎手。去年、一昨年とソリストサンダーを2着に導くなどコースを熟知していると言え、侮れない存在でしょう。

 スピーディキックは地方の牝馬限定戦では強さが光りますが、地方の4歳になったばかりの馬と中央古馬との対戦とあってはその世代のトップでもなかなか厳しいと思います。次の牝馬限定戦で買いたいですね。

 というようにいろいろ考えをめぐらせて……今年のかしわ記念、私の本命は、◎スマイルウィとします。脚質は逃げ・先行タイプにも拘わらず、過去15戦、連対を外していません! 今回が交流重賞初挑戦ですが、実は今回出走する地方の馬一番の実力馬はこの馬だと思います。父エスポワールシチーは同レースに5回出走。優勝3回、2着1回3着1回という「かしわ記念の申し子」。レースレベルは上がりますが、手綱を取るのは南関リーディングの矢野貴之騎手。先行してそのまま粘りこみ、あるいは逃げ切り勝ち……地元での感動的な制覇が見たい!

 と、いうことで、私の予想は……

◎スマイルウィ
〇シャマル
▲ヴァレーデラルナ
△メイショウハリオ
×ハヤブサナンデクン

 となりました。

 大型連休が大穴連休となるか!? 現在リニューアル工事が着々と進んでいる船橋競馬場がどんなドラマで彩られるのか、楽しみですねー!

(文=桃井はるこ)

【モモーイの超!大穴でグッジョブ!第2回 かしわ記念】の画像1

—————

-告知-

●ワンマンライブ「MOMOI HARUKO LIVE 2023『Summer Punch!』」開催決定。
7/15(土) 昼夜2部制にて開催。会場:Veats Shibuya
各種先行チケットはローソンチケットにて販売(Lコード:73417)。受付期間等詳細は桃井はるこのツイッター、公式サイトでご確認ください。

●パーソナリティを務める『THE WORKS』がFM NACK5(79.5MHz)にて毎週日曜日24時から放送中。ラジオやradiko.jpでお楽しみください。

●スマートフォン向けゲーム「東方ロストワード」の ミュージックビデオにボーカルアーティストとして参加。
東方ロストワード公式YouTubeチャンネルにて『(TT)プレシャスワード』MV(フルVer.)とビデオレターが公開中。
https://www.youtube.com/@touhoulostword

●2023年6月21日(水)発売のでんぱ組.inc New EP「ONE NATION UNDER THE DEMPA」に収録の『イッき♡いっぱつ』作詞を担当。
https://dempagumi.tokyo/2023/04/23/230621_ep_release/

●連載コラム『モモーイアンテナ』掲載の月刊ラジオライフが毎月25日発売。

※その他、最新情報は桃井はるこ公式サイト
http://rg-music.com/momoi/

及びツイッターをチェック!
桃井はるこTwitter (@momoiktkr)
事務所Twitter (@RightGauge)

—————

桃井はるこ

桃井はるこ

シンガーソングライター、声優。2013年オルフェーヴルの引退レースに感動し、東京大賞典で競馬現地初観戦。中央、地方ともに好き。最強の思い出は2016年有馬記念フェスティバルで一列目を引き武豊騎手とルメール騎手の間の席で観覧したこと。落ち着いたら北海道の牧場にまたひとり旅に行きたいな。

Twitter:@momoiktkr

桃井はるこが穴党になった理由を激白! オタク界の競馬女王がかしわ記念(G1)で期待する5頭とは?【モモーイの超!大穴でグッジョブ!第2回】のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も