GJ > 競馬ニュース > 「勝ち馬が一枚上だった」王者の背中を知る男も能力を称賛! 連対率100%キープの「新星」が横綱相撲で3連勝
NEW

「勝ち馬が一枚上だった」王者の背中を知る男も能力を称賛! 連対率100%キープの「新星」が横綱相撲で3連勝

【この記事のキーワード】, ,
「勝ち馬が一枚上だった」王者の背中を知る男も能力を称賛! 連対率100%キープの「新星」が横綱相撲で3連勝の画像1
浜中俊騎手

 先月29日、京都競馬場の11Rに行われた朱雀S(3勝クラス)は、好位から抜け出した1番人気サトノレーヴ(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)が直線押し切り優勝。1勝クラスから一気の3連勝でオープン入りを決めた。

 フルゲート18頭で争われた芝1200mのレース。12番枠からスタートしたサトノレーヴと鞍上の浜中俊騎手は、道中で外目の3番手をキープ。600m通過34秒1という比較的緩い流れを難なく追走し最後の直線に入る。

 鞍上に追い出されたサトノレーヴは一完歩ごとに力強い伸び脚を見せ、残り100m手前で先頭に並びかける。粘り込みを図る3番人気イルクオーレを最後は半馬身差でねじ伏せた。

「道中でやや外々を走らされた嫌いもありましたが、追われてからの脚はしっかりしていましたね。今回は約7ヶ月の休み明けだったのですが、それを物ともせずに横綱相撲で完勝。このクラスでは力が一枚抜けていたのでしょう。

これでサトノレーヴは5戦4勝2着1回と依然、連対率100%をキープ。キャリア的にもまだまだ上積みが見込めるでしょうし、今後も快進撃が続くのではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 2019年のセレクトセールにおいて5832万円(税込)で取引されたサトノレーヴは、短距離重賞3勝をあげた韋駄天・ハクサンムーンの半弟にあたる血統だ。

 兄がアドマイヤムーン産駒だったことに対し、本馬は父がロードカナロアに替わっている。父ロードカナロア×母父サクラバクシンオーという日本屈指の名スプリンター同士の組み合わせといえば、今年の高松宮記念(G1)を制したファストフォースと同じ組み合わせでもあるだけに、今後より一層の期待がかかってくるのは間違いないだろう。

 レース後にはネット掲示板やSNSなどにも「短距離界で新たなチャンピオンになるのでは」「秋にはスプリンターズS(G1)で見たい」「同配合のファストフォースとの対決が楽しみ」などといったコメントも寄せられていた。

「勝ち馬が一枚上だった」王者の背中を知る男も能力を称賛! 連対率100%キープの「新星」が横綱相撲で3連勝の画像2
荻野極騎手

「勝ち馬が一枚上だった」王者の背中を知る男も能力を称賛!

「サトノレーヴは昨年10月、中山の芝1200mで行われた勝浦特別(2勝クラス)を1分7秒7の好タイムで優勝。これは翌日に開催されたスプリンターズSでジャンダルムがマークした時計を0秒1上回っていました。

ちなみに今回2着のイルクオーレに跨っていたのが、スプリンターズSでジャンダルムに騎乗していた荻野極騎手です。スプリント王者の背中を知る同騎手もレース後には『勝ち馬が一枚上だった』とサトノレーヴの能力を認めていましたね」(同)

 また、サトノレーヴに騎乗していた浜中騎手もレース後、「上を目指せる馬です」と大きな舞台を見据えている。ただ、同騎手は重賞3勝のナムラクレアの主戦騎手だけに、嬉しい悩みが増えたともいえるかもしれない。

 オープン入りを果たしたことで今後は重賞戦線での活躍、ゆくゆくは兄ハクサンムーンが届かなかったG1制覇の期待もかかってくるだろう。スプリント界に現れたスター候補サトノレーヴに今後も注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「勝ち馬が一枚上だった」王者の背中を知る男も能力を称賛! 連対率100%キープの「新星」が横綱相撲で3連勝のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か