GJ > 競馬ニュース > 【根岸S】レモンポップ、ドライスタウトも不在となれば大穴党桃井はるこの出番!?フェブラリーS前哨戦で推すのは? 『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第10回
NEW

【根岸S】レモンポップ、ドライスタウトも不在となれば大穴党桃井はるこの出番!?フェブラリーS前哨戦で推すのは? 『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第10回

【根岸S】レモンポップ、ドライスタウトも不在となれば大穴党桃井はるこの出番!?フェブラリーS前哨戦で推すのは? 『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第10回の画像1

 GJ読者のみなさま、今年もよろしくお願いします! 桃井はるこです。去年ラストの勝負、東京大賞典(G1)の展望では、◎に推したウィルソンテソーロが2着に入ってくれたおかげで喜びの的中報告をいただいたりもしましたが……勇気を持って消したウシュバテソーロが1着、さすがに強かったですね! しかし、私は今年も大穴狙いの姿勢を崩さずミラクルを信じて、競馬の夢を追いかけ続けたいと思っていますよ。まぁ、1番人気が勝っても最低人気が勝っても、各馬が無事にレースに出走し、ただひとつの栄冠を勝ち取ることって、どちらにせよ奇跡的なことなんですけどね!

 みなさんは今年のお正月、福袋は買いましたか? 私は結局ひとつしか買いませんでした。コーヒーショップの、ドリップコーヒーが沢山入っている福袋です。私は毎日コーヒーを飲むのでお買い得感がありました。でも最近は昔のように中に何が入ってるかわからない、いわば売れ残りの寄せ集めのギャンブル的な福袋は少なくなり、ちょっと寂しいですね。アパレルの福袋はとくに、どれも同じ中身の福袋用に作った商品が主流ですもんね。そんな風潮でも、人は何が出るかわからないドキドキ感を求めるものです。

 最近、私のテリトリーである秋葉原や中野や吉祥寺などの中央総武線沿線には、ガチャガチャ専門店が随分増えました。大型ゲームセンターも、フロアの半分がガチャガチャコーナーだったりとかね。私も先日「サラブレッドコレクションぷちぬいぐるみ」という小さな競走馬のぬいぐるみのガチャを見つけてやってみましたが、芦毛の「カレンチャン」が当たりましたよ。もうひとつ回した「推しへの愛を叫ぶ!シャカシャカアクリルキーホルダー」は「最高かよ」という文字が当たったので、推したい馬のマスコットと一緒に飾りたいと思います。

 ですが、キーホルダーのボールチェーンってとれやすくて、バッグにつけているといつのまにか落としてしまうんじゃないかと心配なんですよね……と思っていたら、100円ショップでいいものを見つけました。その名も「ボールチェーンキーパー シメ蔵」。ボールチェーンキーホルダーの留め具のところを包むように保護して外れないようにする、軟質プラスチック製の専用の留め具です。よく街中で競走馬モチーフのキーホルダーをバッグにぶら下げている人を見かけては、かわいいけれど落とさないか勝手に心配していましたが、こういうものがあれば怖くないですね。私が知らなかっただけで、きっとみなさんこのような便利なものを使っているのかもしれません。 

【根岸S】レモンポップ、ドライスタウトも不在となれば大穴党桃井はるこの出番!?フェブラリーS前哨戦で推すのは? 『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第10回の画像2

 さて、今月展望するのは根岸S(G3)です。ダートレースが好きな私としては、過去10年を遡っていると歴代勝ち馬にはゴールスキー(2014年1着)、モーニン(2016年1着)、ノンコノユメ(2018年1着)など想い出いっぱいの名前が並んでいますね。2月に開催されるG1・フェブラリーSの優先出走権が与えられるので、G3のこのレースを使う意味をくみ取って展望したいなぁと思うわけです。

 芝スタートではないので枠順の有利不利はそんなになさそう、1400mという距離から短距離が得意なスピード馬も参戦してくるレースというイメージがあります。今年は2023年の勝ち馬レモンポップはサウジC(G1)に挑戦するため不在かー……と思いつつ、改めて去年の映像を見ていると、一頭、とても強い競馬をしている馬がいました。2着のギルデッドミラーです。斤量55キロ、6歳の牝馬はこれがラストレースとなりましたが、大外から伸びてくる鋭い末脚はインにいたレモンポップを差さんばかりの勢いでした。よし、じゃあ今年のギルデッドミラー的な穴馬を探すぞ! とばかりに馬柱を見ていたら、私の目をクギヅケにしてくれた馬がいましたよ。 

 本命は、◎アルファマムとします。マジェスティックウォリアー産駒の牝馬なのですが、とにかく上がりタイムが速い! 前走の霜月S(OP)では根岸Sと同じ東京1400mのコースで上がり3F34.7秒と、34秒台をマークし勝利。NST賞(OP)でも上がり3F最速35.5秒の出走馬中最速で勝利していますし、過去のレースを遡ってみると乾いた良馬場でも上がり最速を連発。最後方から飛んでくる牝馬の鬼脚は、ブロードアピールを彷彿とさせます。レースを展望するためにアルファマムのレース映像を遡って見ていたらすっかりファンになってしまいましたよ。目を閉じると、今年の根岸Sは東京ダートの長い最後の直線、大外からアルファマムが猛然と追い込んで、ぶっちぎりで頂点に立つ姿が見えてきます……!

 そして、対抗にはオマツリオトコ! 全日本2歳優駿(G1)では、UAEダービー(G2)1着、そして最高峰のレースと言っても過言ではないブリーダーズCクラシック(G1)で2着したデルマソトガケに、タイム差無しの2着。1400mのレースでは3回走って2勝、2着1回とパーフェクト連対。穴党ゴコロがウズウズしてしまう戦績です。 

 今回はG1勝ち馬などの実績馬が不在なので、相手には好調な上がり馬をチョイスしたいところ。人気は集めるでしょうが、1400mのコースで4連勝中のサンライズフレイムと、2連勝中のエンペラーワケアとしたいと思います。

 先日、横浜アリーナで開催された、アニメのプリキュアシリーズの20周年を記念して主題歌が全曲歌われるライブイベント「全プリキュア20th Anniversary LIVE!」を見学してきました。音楽に合わせて届けられる前向きなメッセージに、戦う女の子、あきらめない女の子って美しいなぁと、うっとり惚れ惚れしました。競馬でだって、ダートでだって、女子が強いんだってところを見せてほしいです。がんばれ、女の子、がんばれアルファマム~~~!!

【根岸S】レモンポップ、ドライスタウトも不在となれば大穴党桃井はるこの出番!?フェブラリーS前哨戦で推すのは? 『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第10回の画像3

(文=桃井はるこ)

告知!!

●2/24(土)新宿ロフトプラスワンにて『はるこの秘密Volꓸ 28 善は急げ!”アキバ系”前夜を語れ!』 開催。
スペシャルゲスト:水野あおい(桃井はるこが原点とするアイドル)
OPEN 18:00 / START 19:00
チケット:前売¥4000 / 当日¥4500(飲食代別)
前売券はイープラスにて発売中
https://eplus.jp/sf/detail/4030570001-P0030001

●文化放送「超!A&G+」にて メインパーソナリティを務める 『サバイバルクイズシティ ラジオ編』が毎週火曜日19:30~放送中! 放送終了後にはYouYubeでのおまけ生配信も。

https://www.joqr.co.jp/qr/program/sqc/ 

●パーソナリティを務める『THE WORKS』がFM NACK5(79.5MHz)にて毎週日曜日24時から放送中。

https://www.nack5.co.jp/program/theworks/

●ライト・ゲージオンラインショップにて過去のライブDVDやオフィシャルグッズが販売中。

http://rg-music.shop-pro.jp/


その他最新情報
桃井はるこ公式ホームページ http://rg-music.com/momoi/
桃井はるこX https://twitter.com/momoiktkr
事務所X https://twitter.com/RightGauge

桃井はるこ

桃井はるこ

シンガーソングライター、声優。2013年オルフェーヴルの引退レースに感動し、東京大賞典で競馬現地初観戦。中央、地方ともに好き。最強の思い出は2016年有馬記念フェスティバルで一列目を引き武豊騎手とルメール騎手の間の席で観覧したこと。落ち着いたら北海道の牧場にまたひとり旅に行きたいな。

Twitter:@momoiktkr

【根岸S】レモンポップ、ドライスタウトも不在となれば大穴党桃井はるこの出番!?フェブラリーS前哨戦で推すのは? 『モモーイの超!大穴でグッジョブ!』第10回のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬