GJ > 競馬ニュース > 騎手免許返上のR.ピーヒュレクに「帰国しないで欲しい」の声!? 「プロフェッショナルないい馬」G1ホース妹をデビューVに導いた巧みな進路取り
NEW

騎手免許返上のR.ピーヒュレクに「帰国しないで欲しい」の声!? 「プロフェッショナルないい馬」G1ホース妹をデビューVに導いた巧みな進路取り

【この記事のキーワード】, ,

騎手免許返上のR.ピーヒュレクに「帰国しないで欲しい」の声!? 「プロフェッショナルないい馬」G1ホース妹をデビューVに導いた巧みな進路取りの画像1

 一身上の都合により、18日付けで短期免許を取り消すことがJRAから発表されたR.ピーヒュレク騎手。予定していた来月3日までの期間を約2週間残しての帰国となる。

 ドイツ出身のピーヒュレク騎手は、2021年の凱旋門賞(G1)をトルカータータッソで制し、昨年も独ダービー(G1)を初制覇するなど勢いに乗っている腕利き。親友だったF.ミナリク元騎手と同じく親日であることも公言しており、日本での活躍を期待したファンも多かったことだろう。

 しかし来日初騎乗となった先月6日の中山3Rは2番人気12着と大敗。同日メインの中山金杯(G3)でも騎乗馬エピファニーは1番人気に推されたが、11着に敗れたことで勢いに乗りそこねたか。

 その後、来日32戦目となったロゼルでJRA初勝利を挙げると、4日はビザンチンドリームできさらぎ賞(G3)を制したものの、先週終了時点でのJRA通算成績73戦3勝、勝率は約4%に留まっていた。

「先週は計7鞍に騎乗するも一桁オッズの馬が1頭もおらず、単勝万馬券の馬も含まれていました。先月、同じく一身上の都合で騎手免許を返上したL.モリス騎手と同様に、ピーヒュレク騎手も乗り馬にやや恵まれていない印象を受けましたね。

それでも先週日曜の東京2Rでは伏兵マルチライセンスを2着に持ってくるなど、腕は間違いなかったと思いますが」(競馬誌ライター)

 やや不完全燃焼の形で帰国の途につくこととなりそうなピーヒュレク騎手。今週末の全13鞍がひとまず日本でラストの騎乗となるが、土曜の東京6Rに行われた未勝利戦では、まさに凱旋門賞ジョッキーの本力発揮というような手綱さばきで来日4勝目をマークした。

R.ピーヒュレクに「帰国しないで欲しい」の声!?

 芝1600mで争われたこのレースは、C.ルメール騎手が騎乗するコンテネレッツアが単勝1.3倍という圧倒的1番人気。同5.1倍で戸崎圭太騎手が乗るデイジーが続き、他はすべてオッズ二桁以上という、まさに一騎打ちムードといった様相だった。

 対してピーヒュレク騎手の騎乗馬シュネルラウフェン(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)は単勝14.6倍の伏兵。G1馬シュネルマイスターの半妹という良血だが、ここがデビュー戦で既走馬が相手ということで厳しい戦いを強いられてもおかしくなかった。

 1枠2番からスタートしたシュネルラウフェンとピーヒュレク騎手は、中団のインコースを追走して最後の直線へ。前の進路が開かないと見るや、ピーヒュレク騎手は素早く外に持ち出すと、直線半ばからは再び内にもぐり込むという巧みなコース取り。ゴール前は人気のデイジー、コンテネレッツアと叩き合いとなったが、最後はクビ差で勝利を掴み取った。

「名手3人によるゴール前の叩き合いはしびれましたね。シュネルラウフェンは2強を競り落としてデビュー勝ちを決めたのですから、これには関係者の喜びもひとしおでしょう。直線ではピーヒュレク騎手のコース取りが光りましたね」(同)

 レース後のピーヒュレク騎手は「プロフェッショナルないい馬。距離が延びても大丈夫だと思います」とパートナーを称賛。そんな同騎手に対してSNSやネット掲示板では「2強を負かす見事な騎乗だった」「本当に帰国してしまうのだろうか」「帰国しないで欲しい」「せっかく日本の競馬に慣れてきたのに」と、帰国を惜しむ声も多くのファンから寄せられていた。

 JRA初勝利を挙げた際には「日本とヨーロッパの競馬の違いを感じていた」「自分が見ていた以上に日本の競馬のレベルが高かった」と戸惑いがあったことも語っていたピーヒュレク騎手。凱旋門賞を制しているように腕は間違いないだけに、そう遠くないうちに再び日本で騎乗してくれることを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

騎手免許返上のR.ピーヒュレクに「帰国しないで欲しい」の声!? 「プロフェッショナルないい馬」G1ホース妹をデビューVに導いた巧みな進路取りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光