GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「落馬タックル」お咎めなしに...
NEW

JRA C.ルメール「落馬タックル」もお咎めなし……武豊「騎乗停止の悪夢」アーモンドアイの7連勝止めた安田記念(G1)との違いは?

JRA C.ルメール「落馬タックル」もお咎めなしに疑問の声!? 武豊「騎乗停止の悪夢」アーモンドアイの7連勝止めた安田記念(G1)との違いは?の画像1

 3日、中山競馬場で行われた7R・3歳1勝クラスは、6番人気のネクストストーリーが勝利。1月のフェアリーS(G3)で5着した実力馬が、自己条件をしっかり勝ち切った。

 一方、このレースはスタート直後に大野拓弥騎手が落馬する後味の悪い決着となった。

 12頭立ての芝1600mのレースで、2番枠からスタートしたモメントグスタールと大野騎手。だがゲートが開いた直後、内にいたジャングルキングからタックルを受け、大きくバランスを崩すアクシデント……大野騎手が落馬し、モメントグスタールのレースはあっという間に終わってしまった。

「スタート直後にジャングルキングが外へ切れ込んでしまった不可抗力とはいえ、モメントグスタールと大野騎手にとっては残念なレースになってしまいました。ただ、ジャングルキングに騎乗していたC.ルメール騎手にとっても肝を冷やしたでしょうね。

結果的にジャングルキングの発走調教注意だけで済みましたが、相手を落馬させてしまったことはもちろん、個人的にはルメール騎手が騎乗停止になってもおかしくないケースだと思いました」(競馬記者)

 記者がそう話す通り、スタート直後の斜行で騎手が騎乗停止になるケースは決して珍しくない。近年で最も話題を呼んだのは、1番人気アーモンドアイと2番人気ダノンプレミアムが揃って大きな不利を受けた、一昨年の安田記念(G1)だろう。

JRA C.ルメール「落馬タックル」もお咎めなし……武豊「騎乗停止の悪夢」アーモンドアイの7連勝止めた安田記念(G1)との違いは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  4. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  5. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  6. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  7. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  10. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活