GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「落馬タックル」お咎めなしに...  > 2ページ目
NEW

JRA C.ルメール「落馬タックル」もお咎めなし……武豊「騎乗停止の悪夢」アーモンドアイの7連勝止めた安田記念(G1)との違いは?

 アーモンドアイが14番、ダノンプレミアムが15番と最有力馬が並んでスタートを迎えた2019年春のマイル王決定戦。しかし発馬直後、さらに外にいた16番ロジクライが急に内側へ斜行したため、アーモンドアイら4頭が大きな不利を受けたのだ。

 この結果、アーモンドアイの連勝は7でストップ。ダノンプレミアムに至っては最下位でゴールした直後、川田将雅騎手が下馬するシーンも見受けられた。一方、ロジクライの鞍上・武豊騎手には開催1日の騎乗停止処分が下り、「申し訳ないです」と謝罪する後味の悪いレースとなってしまった。

「厳密に言えば、あの時の安田記念のロジクライは発馬から2、3完歩目の斜行。今回のルメール騎手の件は、不可抗力の要素が強いスタート直後の1完歩目の斜行でした。

ただ、安田記念のケースは4頭が被害馬となりましたが、落馬はなく全馬完走しています。一方で今回の被害馬は1頭だけでしたが、大野騎手が落馬していることからも単純な比較はできないと思いますね。

判断の詳細はJRAの裁決委員にしかわかりませんが、ルメール騎手が武豊騎手と同じように開催1日、もしくは落馬を重く見て2日間の騎乗停止になっても不思議ではなかったと思います」(別の記者)

JRA C.ルメール「落馬タックル」もお咎めなしに疑問の声!? 武豊「騎乗停止の悪夢」アーモンドアイの7連勝止めた安田記念(G1)との違いは?の画像2

 もしルメール騎手が2日間の騎乗停止になっていれば、皐月賞(G1)は参戦不可だった。騎乗予定だったホープフルS(G1)2着馬オーソクレース陣営にとっても事なきを得たことになる。

「道中、ハミを取ったけど、休み明けの分かな……」

 この日のメイン・ダービ卿チャレンジT(G3)では2番人気のルフトシュトロームに騎乗したものの、見せ場なく13着に大敗したルメール騎手。勝ち星は1Rで挙げた1勝だけと、どこか冴えない1日だった。

JRA C.ルメール「落馬タックル」もお咎めなし……武豊「騎乗停止の悪夢」アーモンドアイの7連勝止めた安田記念(G1)との違いは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!