GJ > 競馬ニュース > 「アーモンドアイのブルゾン」“奇跡”に絶賛の声!
NEW

JRA C.ルメール「アーモンドアイのブルゾン」の“奇跡”に絶賛の声!「弱い者イジメ」と批判された「謎」のヴィクトリアマイル出走が感動補完

【この記事のキーワード】,

JRA C.ルメール「アーモンドアイのブルゾン」の奇跡に絶賛の声!「弱い者イジメ」と批判された「謎」のヴィクトリアマイル出走が感動補完の画像1

 先日、C.ルメール騎手がインスタグラムにアップした「アーモンドアイのブルゾン」の奇跡が、ファンの間で話題になっています。

 アーモンドアイといえば、言わずと知れた9冠馬。「世紀の一戦」と言われた昨年のジャパンCでコントレイルとデアリングタクトの後輩三冠馬を退けた、誰もが認める史上最強牝馬です。まだ引退して間もないですが、JRAの殿堂入りも確実と言われています。

 そんなアーモンドアイを「特別な馬。愛している」と豪語するのが主戦のC.ルメール騎手です。昨年もコロナ禍でアーモンドアイに確実に乗るために、馬よりも早くドバイ入り。結局、レースが中止になってトホホな感じでしたが、その愛は「ベタ惚れ」というに相応しいでしょう! あんまり首ったけだと、奥様のバーバラさんが妬いてしまいますよ?

 アーモンドアイが引退した後も、ご自身のTwitterやインスタグラムで度々アーモンドアイについて語っているルメール騎手。今回はその中でアップされたブルゾンの画像が話題になっていることをご紹介します。

「超欲しい!」「COOL」「最高」――。ファンの方々が惜しみなく絶賛するアーモンドアイのブルゾン。詳細はインスタグラムを見ていただきたいのですが、背中には彼女が現役時代に勝利した桜花賞、オークス、秋華賞、ジャパンC、ドバイターフ、天皇賞・秋、ヴィクトリアマイルといった、9つのG1が余すことなく英語でデザインされています。

「余すことなく」ということは、連覇したジャパンCと天皇賞・秋は「2つ」描かれているということ。一見、無駄に思えますが、“ここ”非常に重要です。それでは下記に並べてみましょう。

 JAPAN CUP、VICTORIA MILE、YUSHUN HIMBA、OHKA SHO、JAPAN CUP、DUBAI TURF、TENNO SHO、SYUKA SHO、TENNO SHO。

 ブルゾンにデザインいる順番に並べてみましたが、勝った順というわけでもないですし、これだけでは何が何やらわかりませんよね? オークスをあえて日本名の「YUSHUN HIMBA」で記載しているところもポイント。それでは答え合わせです。

                 J「A」PAN CUP
VICTORIA MI「L」E
 YUSHUN HI「M」BA
                  「O」HKA SHO
           JAPA「N」 CUP
                  「D」UBAI TURF
                T「E」NNO SHO
                S「Y」UKA SHO
                T「E」NNO SHO

 実はこれ、各レースから1ずつアルファベットを持ち寄ると「ALMOND EYE」(アーモンドアイ)と縦読みできちゃうんですね! 話題のブルゾンがまさにこのデザインで、これって凄くないですか!?

 じゃあ、安田記念を2年続けて負けたことや、ファンやメディアの批判を覚悟でヴィクトリアマイルへ“弱い者イジメ”しに行ったのも、すべてはこのためだったの!? ウソみたいな有馬記念の敗戦もシナリオ通り――!?

 なんて邪推してしまうほどの奇跡っぷり。あの歴史的で感動的な現役生活に、こんなフィナーレ(オチ)が待っていたなんて……。さすが史上最強女王とルメール騎手! 役者が違いました。(文=藤田ハチ子)

JRA C.ルメール「アーモンドアイのブルゾン」の“奇跡”に絶賛の声!「弱い者イジメ」と批判された「謎」のヴィクトリアマイル出走が感動補完のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!