GJ > 競馬ニュース > ノーザンファーム天栄見学ツアーが激アツ
NEW

「納税もできちゃう」ノーザンファーム天栄見学ツアーが激アツ!アーモンドアイが走った坂路も歩ける…アノ名物場長や在厩馬との記念撮影も可能?

「納税もできちゃう」ノーザンファーム天栄見学ツアーが激アツ!アーモンドアイが走った坂路も歩ける…アノ名物場長や在厩馬との記念撮影も可能?の画像1

 毎年のように多くの名馬がドラマを演出するG1レース。昨年は世界最強馬まで上り詰めたイクイノックスが話題を独占。暮れのグランプリ有馬記念(G1)でも武豊騎手とドウデュースによる復活勝利が感動を呼んだことは記憶に新しい。

 また、2020年のジャパンC(G1)を制して有終の美を飾った名牝アーモンドアイは、父エピファネイアとの間に生まれた初年度産駒アロンズロッドが、8月の新潟開催を目標にデビューを予定。現役時代の母の主戦を任されたC.ルメール騎手とのコンビは、多くの注目を集めるだろう。

絶対王者ノーザンファームが誇る外厩施設

 そしてこれらの名馬たちを世に送り出したのが、生産界の絶対王者ノーザンファームである。

 今年の春G1でも桜花賞馬ステレンボッシュ、皐月賞馬ジャスティンミラノ、オークス馬チェルヴィニアらが同ファームの出身。その好成績と切っても切れない関係にあると考えられるのは、ノーザンファームが誇る「天栄」と「しがらき」といった外厩施設だ。

 一昔前なら放牧から戻った馬の調教は、栗東や美浦といった東西のトレセンをメインに仕上げられるケースが多かったものの、外厩施設を経由することによって安定した運動量の確保を実現。帰厩後に各トレセンで最終的な仕上げを施されるパターンも増えた。

 先述したイクイノックス、ドウデュース、アーモンドアイたちも、ノーザンファーム天栄で鍛えられたことのある馬だった。競馬ファンならお目当ての馬の状態をチェックする際、ノーザンファーム天栄やしがらきの文字を目にしたことがあるはずだ。

 そんな誰もが気になる場所であるノーザンファーム天栄を見学できる「魅惑のツアー」が行われていることをご存じだろうか。

 それは、福島県天栄村が「ふるさと納税」の返礼品として提供している「ノーザンファーム天栄見学ツアー」のことだ。

 詳細については「ノーザンファーム天栄見学ツアー」で検索すると、容易に見つかるため詳細は各自でご確認いただきたいのだが、各ページで掲載されているツアーの内容を簡単に紹介しておきたい。

 本ツアーは「月1回だけの限定開催」「1回あたり5組10名限定」「ふるさと納税だけの限定」が売り。「あのアーモンドアイが走った坂路を歩いてみませんか?」と説明がされており、非常に気になる情報だった。

 また、ツアー見学中に厩舎にいる馬との記念撮影も可能とのこと。さらにはいまやちょっとした有名人の木實谷雄太場長に会える可能性もあるという。

 ちなみに選択肢のひとつは記念品ありの50000円、もうひとつは記念品なしの25000円といった2種類。返礼品についての問い合わせ先は天栄村企画政策課(TEL:0248-82-2333)にて受け付けているらしい。

 天栄の外厩施設の見学もできて納税まで出来るなら一石二鳥?興味のある方は、ぜひチェックしてみて欲しい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「納税もできちゃう」ノーザンファーム天栄見学ツアーが激アツ!アーモンドアイが走った坂路も歩ける…アノ名物場長や在厩馬との記念撮影も可能?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体