GJ > 競馬ニュース > サトノカルナバル「7馬身差」衝撃V!
NEW

D.レーン×サトノカルナバル「7馬身差」の衝撃V! イクイノックスと「同郷」のキタサンブラック産駒、来月のセレクトセールにも影響?

東京競馬場 撮影:Ruriko.I
東京競馬場 撮影:Ruriko.I

 22日、東京6Rに行われた2歳新馬戦(芝1400m)は、1番人気サトノカルナバル(牡2歳、美浦・堀宣行厩舎)とD.レーン騎手のコンビが優勝。単勝1.6倍の圧倒的支持に応えてデビューVを決めた。

「レース前からずっと落ち着いていて、賢い馬でした」

 この日、短期免許で約1年ぶりに日本での騎乗となったレーン騎手がそう振り返った一戦。サトノカルナバルはそのままハナにまで立てそうなほどの好スタートを切ったものの、道中は5番手まで下げてレースを進める。

 4コーナーを絶好の手応えで回り最後の直線へ。残り2ハロンを過ぎたあたりで先頭に立つと、あとは後続を突き放す一方となる。最後はレーン騎手が手綱を流す余裕を見せながらも、2着に7馬身差をつける大楽勝だった。

「非常に強い競馬でした。サトノカルナバルがマークした上がり3ハロン34秒0は、2位のそれを1秒0も上回る最速。最後の直線はまさに他馬が止まったかのような強烈な末脚でした。

レース後には(SNSやネット掲示板などで)『順調なら朝日杯は1番人気かな』など、早くも暮れの朝日杯フューチュリティS(G1)で期待する声も見かけられましたよ」(競馬記者)

ノーザンファーム出身のイクイノックス 撮影:Ruriko.I
ノーザンファーム出身のイクイノックス 撮影:Ruriko.I

 インパクト抜群のレースで初戦白星を飾ったサトノカルナバルは、現オープン・ジャスティンスカイの全弟となる。イクイノックスと同じノーザンファーム生産のキタサンブラック産駒ということもあってか、一昨年のミックスセールで9240万円という高価格で取引されており、早くから期待の高かった1頭だ。

 また、現2歳世代でノーザンファーム生産のキタサンブラック産駒といえば、今月9日の新馬でクロワデュノールが勝ち上がり決めたことは記憶に新しい。同馬の勝ち時計1分46秒7は、6月の東京・芝1800mの2歳新馬戦で歴代最速だった。

来月のセレクトセールにも影響?

「ノーザンファームは来月8日から翌日にかけて開催されるセレクトセール2024にも生産馬の多くを上場する予定。先日、リザーブ価格(最低落札価格)を公開していたのですが、イクイノックスの活躍もあってでしょうキタサンブラック産駒が1歳の牡・牝、当歳の牡・牝すべてで最高額になっていたことには驚きましたね。

サトノカルナバルとクロワデュノールも強い競馬で新馬勝ちを決めましたし、セール当日は先ほど挙げた馬たちをはじめとしたキタサンブラック産駒の評価もさらに上がることになりそうです」(同)

 ちなみにセレクトセール2024に上場されるノーザンファーム生産のキタサンブラック産駒は、1歳牡馬でデルフィニア2の23が7000万円、同牝馬でアスコルティの23が6000万円、当歳牡馬でセリエンホルデの24が7000万円、同牝馬でドリームアンドドゥの24が6000万円となっており、それぞれリザーブ価格の最高額となっている。(デルフィニア2の23とセリエンホルデの24はトップタイ)

 これらの馬たちの先輩となるサトノカルナバルに、レーン騎手はレース後「ポテンシャルの高い馬で、これから楽しみだと思います」と高評価を与えた。新たに登場したキタサンブラック産駒の大物候補がどこまで突き進んでいくか、非常に楽しみだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

D.レーン×サトノカルナバル「7馬身差」の衝撃V! イクイノックスと「同郷」のキタサンブラック産駒、来月のセレクトセールにも影響?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体