GJ > 競馬ニュース > 「5戦全勝」の最強助っ人、D.レーンと必勝態勢!?
NEW

「5戦全勝」の最強助っ人、D.レーンと必勝態勢!? メイケイエール弟とキタサンブラックの素質馬がスタンバイ、宝塚記念のシュトルーヴェも期待大

【この記事のキーワード】, ,
昨年のダービー馬タスティエーラ 撮影:Ruriko.I
昨年のダービー馬タスティエーラ 撮影:Ruriko.I

 今年もあの男が来日する。

 昨年の日本ダービー(G1)をタスティエーラで優勝し、直後の目黒記念(G2)もヒートオンビートで連勝する快挙を成し遂げたD.レーン騎手のことだ。

大舞台でレーン騎手の存在は不気味

 長らく乗り替わりでは勝てないと言われてきたダービーのジンクスも、最強助っ人には関係なし。大本命ソールオリエンスで2着に惜敗した横山武史騎手は、2021年のエフフォーリアに続く惜敗を喫してしまったが、このとき敗れた相手は福永祐一騎手(現調教師)が騎乗したシャフリヤールだった。

 どちらも腕達者なトップジョッキーだけに、相手が悪かったというしかない。ただ横山武騎手も将来の競馬界を背負っていくホープと期待されている存在。この苦い経験を糧に、さらなる成長を見せてくれるはずだ。

 話を戻すと、今回のレーン騎手は6月22日から 6月28日の滞在。短期間でも日本に来る以上は、手ぶらで帰らないだろう。おそらく宝塚記念(G1)で騎乗を予定しているシュトルーヴェのためにお呼びがかかったと推測される。上半期のグランプリは2019年にリスグラシューとのコンビで快勝した実績もあるだけに期待も大きくなる。

 そのレーン騎手だが、昨年の2歳新馬で騎乗機会5戦全勝の離れ業をやってのけたことも記憶に新しい。

■昨年レーン騎手とのコンビでデビュー勝ちした馬

6/3 東京5R シュトラウス
6/4 東京5R ボンドガール、6R バスターコール
6/10 東京5R ゴンバデカーブース
6/11 東京5R ダノンエアズロック

 ご覧の通り、5戦全勝のパーフェクトである。どの馬も上位人気馬であったことは間違いないのだが、デビュー前の評判と実力が必ずしも一致しないのは、よくある話。また、5頭中2頭が懇意にしている堀宣行厩舎の管理馬だったこともポイントだ。

 そういう意味でも土曜東京で騎乗を予定している5R(芝1800m)のソロモン、6R(芝1400m)のサトノカルナバルは注目したい。

 どちらも2歳牡馬で堀厩舎の管理馬。前者は重賞6勝のメイケイエールが全姉の良血、キタサンブラック産駒の後者もデビュー前の調教でスピード感ある走りを披露しており、当日も上位人気が予想される。

 レーン騎手は土曜に東京で8鞍、日曜に京都で3鞍の計11鞍に騎乗予定。中央の開催が終了した後にも26日の帝王賞(G1、大井競馬場)でセラフィックコールとのコンビも決まっている。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

「5戦全勝」の最強助っ人、D.レーンと必勝態勢!? メイケイエール弟とキタサンブラックの素質馬がスタンバイ、宝塚記念のシュトルーヴェも期待大のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か