GJ > 競馬ニュース > D.レーン「5戦5勝」から1年…
NEW

D.レーン「5戦5勝」から1年…「アノ個性派」の全弟とコンビ予定、宝塚記念当日の新馬戦は

宝塚記念に騎乗予定のD.レーン騎手
宝塚記念に騎乗予定のD.レーン騎手

 上半期のグランプリ・宝塚記念(G1)が近づいてきた。今年は阪神競馬場がスタンドのリフレッシュ工事中のため、18年ぶりに京都競馬場で開催。登録馬は13頭に留まったが、ドウデュースはじめ、ジャスティンパレス、ベラジオオペラ、ソールオリエンスと4頭のG1勝ち馬が出走を予定している。

 すでに13頭すべての鞍上が確定している模様だが、注目はシュトルーヴェと初コンビを組む豪州の名手D.レーン騎手の存在だろう。

 レーン騎手が最後に日本国内で手綱を取ったのは、ちょうど1年前のエプソムC(G3)が行われた6月11日だった。

 2019年の初来日から21年を除き、春のクラシックシーズンに合わせてJRAの短期免許を取得していたレーン騎手。ところが、制裁点数超過のため今春の来日は叶わず。制裁期間が終了したのが今月13日だった。

 今回、中央では宝塚記念が行われる週の2日間のみの騎乗となるが、すでにシュトルーヴェ以外にも有力馬を確保しつつあるようだ。中でも注目は、始まったばかりの2歳新馬戦でレーン騎手がどの馬に跨るかだろう。

新馬戦で5戦5勝の離れ業を披露

「レーン騎手は22日土曜を東京で、23日日曜を京都で騎乗する予定です。

1年前は2歳新馬戦で5戦5勝の離れ業を披露。それもシュトラウス(東京スポーツ杯2歳S・G2)、ボンドガール(ニュージーランドT、G2)、ダノンエアズロック(プリンシパルS、L)など、後に重賞戦線で活躍した馬ばかりなので、今年のラインアップも大きな注目を集めそうです。

2歳新馬は土曜東京で2鞍、日曜京都では1鞍が組まれていますが、土曜はどうやらサトノカルナバルとソロモンに騎乗することになりそうです。どちらもノーザンファーム×堀宣行厩舎の馬で、前者はジャスティンスカイの全弟、後者はメイケイエールの全弟です。追い切りの動きなどから、いきなり2連勝を飾る可能性は十分にありそうですよ。

一方で、日曜の新馬戦は今のところ騎乗馬が未定。ルージュレアリーズ(武豊騎手)、サラコスティ(C.ルメール騎手)、エリキング(川田将雅騎手)といったノーザンファームの有力馬はすでに鞍上が確定済みですが、もう1頭、杉山晴紀厩舎のヴェルニッツがノーザンファームの生産馬で鞍上未定となっています」(競馬記者)

 レーン騎手はこれまで実戦で一度も杉山晴厩舎の馬に騎乗したことがないが、ヴェルニッツを所有する吉田和美オーナーが2020年にレーン騎手が来日した時の契約馬主だった。

 どの馬に騎乗するにせよ、レーン騎手の存在はルージュレアリーズら他の有力馬にとって、大きな脅威となるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

D.レーン「5戦5勝」から1年…「アノ個性派」の全弟とコンビ予定、宝塚記念当日の新馬戦はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に