GJ > 競馬ニュース > D.レーンも称賛したノーステッキ「9馬身差」の圧勝劇! 「怪物候補」の始動戦が決定…「ウマ娘オーナー」の超高額馬と頂上対決が実現!?
NEW

D.レーンも称賛したノーステッキ「9馬身差」の圧勝劇! 「怪物候補」の始動戦が決定…「ウマ娘オーナー」の超高額馬と頂上対決が実現!?

D.レーンも称賛したノーステッキ「9馬身差」の圧勝劇! 「怪物候補」の始動戦が決定…「ウマ娘オーナー」の超高額馬と頂上対決が実現!? の画像1

 夏競馬が後半戦に突入したこともあり、この時期休養を取っていた有力馬たちの今後の動向が続々と発表され始めている。

 今年2月の京都記念(G2)以来、休養に入っていた昨年のダービー馬ドウデュースは天皇賞・秋(G1)で復帰し、ジャパンC(G1)に転戦予定であることが、管理する友道康夫調教師から明かされた。宝塚記念(G1)2着のスルーセブンシーズは凱旋門賞(G1)挑戦が正式に決定したこともあり、競馬ファンを大いに賑わせている。

 そんな中、6月の東京・2歳新馬戦(芝1600m)で9馬身差の大楽勝を決めたシュトラウス(牡2歳、美浦・武井亮厩舎)は、10月7日のサウジアラビアロイヤルC(G3)から始動を予定していることが、本馬を所有するキャロットクラブから発表された。

 父は国内外でG1・6勝のモーリス、母ブルーメンブラットもマイルCS(G1)の覇者という良血のシュトラウスは、デビュー前から管理する武井調教師も「普通に走ればまず負けない」と自信たっぷりのコメント。レースでも師の言葉通り、ノーステッキの圧勝を決めており、度肝を抜かれたファンも多かったに違いない。

 ちなみに東京・芝コースの2歳新馬戦で2着馬に9馬身以上の差をつけたのは、1993年11月のノーザンプリンセス以来、実に30年ぶりの快挙でもあった。レース後、騎乗していたD.レーン騎手も「ポテンシャルが高く良い馬です」とシュトラウスに賛辞を送ったのも当然だろう。

 そのレーン騎手はすでに帰国しているため、サウジアラビアRCは乗り替わりが決定となる。現在のところ鞍上は明確に発表されていないようだが、将来有望な若駒だけに、誰が手綱を取ることになるのかも注目を集めることは間違いない。

「ウマ娘オーナー」の超高額馬と頂上対決が実現!?

 ただ、そんな怪物候補のシュトラウスも、復帰戦は一筋縄にいかないかもしれない。なぜなら同じく大物との評価を受けているボンドガール(牝2歳、美浦・手塚貴久厩舎)も出走を予定しているからである。

 ダノンベルーガの半妹という同馬は、シュトラウスが勝った新馬戦の翌日にデビュー。セレクトセールにおいて『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)でおなじみの藤田晋オーナーに2億3100万円という超高額で購入された同馬だが、その期待通り1番人気に応えて白星発進を決めた。

 稍重の馬場で繰り出した上がり3ハロン33秒0も優秀なものだったが、その後、3着に負かしたコラソンビートが2連勝でダリア賞(OP)を優勝。2着だったチェルヴィニアも未勝利戦をほぼ馬なりで6馬身差の大楽勝を決めてしまったものだから、ボンドガールの評価をより高めることとなった。

 SNSやネット掲示板などにも「この2頭に勝ったボンドガール強すぎだろ」「来年の桜花賞は決まりだな」などといった声も寄せられているだけに、シュトラウスといえど簡単に太刀打ちできるような相手でもないかもしれない。

「ボンドガールは早くも桜花賞(G1)候補と言われるほど評価がうなぎ登りですが、シュトラウスも十分にクラシックを意識できるパフォーマンスでしたからね。それだけに、秋口に早くも2歳牡牝の頂上対決が実現するといっても過言ではなさそうです」(競馬誌ライター)

 グランアレグリアやダノンプレミアム、サリオスなど後のG1ホースが勝ち馬に名を連ねる超出世レースのサウジアラビアRC。果たして今年はどの馬に軍配が上がるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

D.レーンも称賛したノーステッキ「9馬身差」の圧勝劇! 「怪物候補」の始動戦が決定…「ウマ娘オーナー」の超高額馬と頂上対決が実現!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ