GJ > 競馬ニュース > 団野大成「重賞4勝」でもレースレベルに疑問あり?近年のスプリンターズSと好相性の北九州記念組、終わってみれば「拍子抜け」だったワケ
NEW

団野大成「重賞4勝」でもレースレベルに疑問あり?近年のスプリンターズSと好相性の北九州記念組、終わってみれば「拍子抜け」だったワケ

【この記事のキーワード】, ,
団野大成「重賞4勝」でもレースレベルに疑問あり?近年のスプリンターズSと好相性の北九州記念組、終わってみれば「拍子抜け」だったワケの画像1
団野大成騎手 撮影:Ruriko.I

 今夏最大の注目を集めた札幌記念(G2)が行われた20日、小倉競馬場では秋のスプリンターズS(G1、10月1日・中山)を見据えるメンバーの揃った北九州記念(G3)が開催された。

 スピード自慢たちが覇を競った注目の一戦を制したのは、団野大成騎手が騎乗した5番人気ジャスパークローネ(牡4、栗東・森秀行厩舎)だ。

 前走のCBC賞(G3)も団野騎手とのコンビ。7番人気の伏兵を積極的なポジション取りで連勝に導いた若手の有望株の手腕も光った。この勝利で今年の重賞4勝目を挙げた団野騎手だが、4勝中3勝が芝1200mのレース。初G1を手にした高松宮記念(G1)もスプリント戦だったように、短距離戦で頼りになる騎手としても注目の存在だろう。

 フルゲート18頭立ての芝1200m戦。外目の7枠15番から好スタートを決めたジャスパークローネは、団野騎手が押して押して1馬身ほどのリードでハナを奪うことに成功。これに52.0キロの軽量を生かしたスティクス、今村聖奈騎手のテイエムスパーダ、武豊騎手から松若風馬騎手へと乗り替わったモズメイメイが追いかける展開となった。

 懸命に追い上げを図る後続を尻目にジャスパークローネの脚色は一向に衰えないまま、最終コーナーを迎え、脚の鈍った先行勢が止まったところを、中団から末脚を伸ばしたママコチャとストーンリッジが交わして、それぞれ2着と3着に入った一方で、2戦連続で逃げ切り勝ちを収めたジャスパークローネのスピードが際立った。

「今日はジャスパークローネが一番速いと信じていました」と振り返った団野騎手。「気分良く行かせた方が持ち味が活きる馬」「ペースは気にせず馬とのコンタクトだけを意識していました」とパートナーの持ち味を把握していたからこそ出たコメントだった。

 近年の北九州記念組は、昨年17着に惨敗したジャンダルムが、8番人気の低評価を覆してスプリンターズSを制し、2020年に10番人気で3着に入ったアウィルアウェイが、本番でも10番人気で3着、19年の4着馬モズスーパーフレアも3番人気で2着と相性の良さを誇っている。

 伏兵馬が勝ったからといって、ただのフロックと考えては痛い目を見る可能性が高いかもしれない。

 ただ、勝ちタイム1分7秒3(良馬場)に関しては、レースレベルに疑問を残す時計だったようにも感じる。

「実は前日土曜の小倉メイン・佐世保S(3勝クラス)の勝ちタイムが北九州記念よりも速かったんです。同じ芝1200m戦ということもあって注目していましたが、勝ち馬のメイショウゲンセンは、1分7秒1で駆け抜けていたんです。

メンバーや展開が異なるため、単純な比較は不可能ですが、共通点はメイショウもジャスパーもどちらも逃げ切り勝ちだったことです。両馬の斤量も1キロしか変わらないですから、実質同等のパフォーマンスだったともいえそうですよ」(競馬記者)

 確かにG3に比べてメンバーが劣る3勝クラスのレースで1分7秒1が出たなら、北九州記念で1分6秒台が出ても不思議ではない馬場状態だったという見方も可能だ。

 特筆すべきは2つのレースにおける前後半のラップ構成。メイショウゲンセンが3F32秒8-34秒3で、ジャスパークローネは32秒9-34秒4と、ちょうど0秒1ずつ後れを取っている。少なくとも額面上では北九州記念の勝ち馬を上回るペースで0秒2の先着を決めていた訳だ。

 となると、1分6秒台必至と思われたレースで少々「拍子抜け」する勝ちタイムが出た背景には、「メンバーが弱かった」という可能性も見え隠れする。実際に今年の北九州記念が低レベルだったかどうかは、本番が終わるまで分からないものの、今年の結果に関しては再考の余地がありそうだ。

黒井零

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

団野大成「重賞4勝」でもレースレベルに疑問あり?近年のスプリンターズSと好相性の北九州記念組、終わってみれば「拍子抜け」だったワケのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”