GJ > 競馬ニュース > G1・34勝ジョッキーが泥沼「62連敗」…今年2度目「自己ワースト」更新も、見えた「復活のシナリオ」
NEW

G1・34勝ジョッキーが泥沼「62連敗」…今年2度目「自己ワースト」更新も、見えた「復活のシナリオ」

G1・34勝ジョッキーが泥沼「62連敗」…今年2度目「自己ワースト」更新も、見えた「復活のシナリオ」の画像1
M.デムーロ騎手

 かつてG1請負人とまで呼ばれた男が窮地に陥っている。JRA・G1通算34勝を誇るM.デムーロ騎手のことである。

 C.ルメール騎手とともに一時代を築き、「デムルメ」と呼ばれたのはつい数年前のことだ。JRAの騎手免許取得後は、リーディング争いの常連でもあったが、数年前から徐々に騎乗馬の質が低下。2020年にはリーディングトップ10から陥落し、今年は同26位と苦しんでいる(8月20日現在)。

 そんなデムーロ騎手が最後に白星を挙げたのは7月16日の福島3R。それ以降は先週末まで「0-10-8-44」の成績で、2~3着は数多くあるものの、目下62連敗中である。今年1月から2月にかけて記録した55連敗の自己ワーストを更新中という、まさに泥沼状態に陥っている。

 先週末は、日曜の小倉5R・2歳新馬でジンセイ(牡2歳、栗東・庄野靖志厩舎)とのコンビで勝利を狙ったが、馬場入場後に他の馬に蹴られてしまい左膝蓋部挫創を発症。あえなく競走除外の憂き目に遭った。さらに6番人気ロコポルティ(牡5歳、栗東・西園正都厩舎)との初コンビで臨んだ同日10Rの薩摩S(3勝クラス)は、最後の直線で大外を急追するも先に抜け出したフルヴォートに僅かハナ差及ばず2着に敗れた。

 レース後、デムーロ騎手が「首の上げ下げで運がありませんでした」と語ったように、今回の大型連敗中は、勝ち運にも見放されている印象だ。

 今年2度目となる自身の連敗記録を更新中のデムーロ騎手だが、実は復活のシナリオを着々と描き、実現間近だという。

“腕利き”エージェントとの新たなコンビでV字回復!?

「つい先日、デムーロ騎手は自身のエージェントを関東の川島康孝氏から関西の甲斐弘治氏へと変更しました。生活拠点を関西に置いているデムーロ騎手ですが、これまで関東所属の川島氏が騎乗依頼をさばいていたため、競馬は関東を主戦場にするというミスマッチな状況が生じていました。

ところが今回のエージェント変更で、今後は競馬の拠点も関西に戻すことが予想されます。先週末も土日ともに(関西圏の)小倉で全て関西馬に騎乗していたのがその証です。普段の調教から騎乗馬と綿密にコンタクトを取れるようになるのもデムーロ騎手にとっては大きな追い風になるでしょうね」(競馬誌ライター)

 デムーロ騎手が新たに契約を結んだ甲斐氏といえば、今年6月まで吉田隼人騎手のエージェントを担当していた人物だ。吉田隼騎手は美浦所属でありながら、主戦場を関西に移して以降にブレイクを果たしたが、その陰に甲斐氏の存在があったのは言うまでもないだろう。

 そんな“腕利き”エージェントとの新たなコンビでデムーロ騎手はV字回復を遂げることができるのか。まずは今週末に連敗を止めておきたいところ。そして日曜にはヴァンヴィーヴ(牡2歳、栗東・牧浦充徳厩舎)と新潟2歳S(G3)に臨むことが決まっている。

 今回の大型連敗は嵐の前の静けさとなるのか。今後のデムーロ騎手の動向には要注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

G1・34勝ジョッキーが泥沼「62連敗」…今年2度目「自己ワースト」更新も、見えた「復活のシナリオ」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光