GJ > 競馬ニュース > 戸崎圭太「馬に助けられました」4連勝ドゥレッツァが菊花賞戦線に急浮上! 母はニュージーランドのオークス馬で3200mのG1で好走
NEW

戸崎圭太「馬に助けられました」4連勝ドゥレッツァが菊花賞戦線に急浮上! 母はニュージーランドのオークス馬で3200mのG1で好走

【この記事のキーワード】, ,
戸崎圭太「馬に助けられました」4連勝ドゥレッツァが菊花賞戦線に急浮上! 母はニュージーランドのオークス馬で3200mのG1で好走の画像1
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

 19日、新潟競馬場で行われた日本海S(3勝クラス・芝2200m)は、1番人気に支持されたドゥレッツァ(牡3、美浦・尾関知人厩舎)が差し切り勝ち。昨年11月から破竹の4連勝を飾り、オープン入りを果たした。

 レースは先行馬が有利な流れとなり、後方となった本馬にとって不利な展開の中、抜群の末脚を披露。これで4連勝の全てが上がり最速での勝利となった。

 鞍上の戸崎圭太騎手も「馬に助けられました。もう少し楽な競馬をさせてあげたかったのですが、位置取りが後ろになってしまいました。そこから差し切るということは、馬に力があるのだと思います」と本馬の強さに脱帽し、能力を高く評価。

 前残りを図った2着のレッドラディエンスに騎乗した石川裕紀人騎手も「勝った馬が思った以上に切れて強かった」と負けを認めざるを得ないコメントを残した。

菊花賞は“夏の上がり馬”が有利?

 今回の勝利で菊花賞(G1)への道が大きく開かれたドゥレッツァだが、昨年秋にデビューするも春先には爪を痛め、さらには傷腫れの影響から2度も予定レースを回避するなど、春のクラシックには縁がなかった。ここにきてようやく力を付けてきた、いわゆる夏の上がり馬である。

 また、ドゥレッツァの父ドゥラメンテは一昨年の菊花賞馬タイトルホルダーを輩出しており、母モアザンセイクリッドも現役時代にはニュージーランドでオークス(G1)を制し、芝3200mの重賞オークランドC(当時G1)でも3着に入った。むしろ長距離は大歓迎の傾向だと思える。

 さらに管理する尾関師は「ある程度、距離は持つタイプ」と示唆し、前走騎乗したC.ルメール騎手も「長くいい脚を使ってくれた。上のクラスでもいける」とポテンシャルの高さに太鼓判を押していたほどだ。

 夏の上がり馬といえば、古くはメジロマックイーンやマヤノトップガンらの菊花賞馬を思い出す方も多いだろう。そこで過去20年の菊花賞の勝ち馬を見てみると、ワールドプレミアやフィエールマンといった重賞未勝利の夏の上がり馬が9頭とおよそ半数を占めている。

 気になるドゥレッツァの次走は今のところ未定だが、菊花賞を視野に入れてローテーションを組むとのこと。このまま一気に連勝街道で世代頂点に立つ可能性も十分に考えられるだけに、今後ますます注目を集めそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

戸崎圭太「馬に助けられました」4連勝ドゥレッツァが菊花賞戦線に急浮上! 母はニュージーランドのオークス馬で3200mのG1で好走のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】