GJ > 競馬ニュース > 戸崎圭太「馬に助けられました」4連勝ドゥレッツァが菊花賞戦線に急浮上! 母はニュージーランドのオークス馬で3200mのG1で好走
NEW

戸崎圭太「馬に助けられました」4連勝ドゥレッツァが菊花賞戦線に急浮上! 母はニュージーランドのオークス馬で3200mのG1で好走

【この記事のキーワード】, ,
戸崎圭太「馬に助けられました」4連勝ドゥレッツァが菊花賞戦線に急浮上! 母はニュージーランドのオークス馬で3200mのG1で好走の画像1
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

 19日、新潟競馬場で行われた日本海S(3勝クラス・芝2200m)は、1番人気に支持されたドゥレッツァ(牡3、美浦・尾関知人厩舎)が差し切り勝ち。昨年11月から破竹の4連勝を飾り、オープン入りを果たした。

 レースは先行馬が有利な流れとなり、後方となった本馬にとって不利な展開の中、抜群の末脚を披露。これで4連勝の全てが上がり最速での勝利となった。

 鞍上の戸崎圭太騎手も「馬に助けられました。もう少し楽な競馬をさせてあげたかったのですが、位置取りが後ろになってしまいました。そこから差し切るということは、馬に力があるのだと思います」と本馬の強さに脱帽し、能力を高く評価。

 前残りを図った2着のレッドラディエンスに騎乗した石川裕紀人騎手も「勝った馬が思った以上に切れて強かった」と負けを認めざるを得ないコメントを残した。

菊花賞は“夏の上がり馬”が有利?

 今回の勝利で菊花賞(G1)への道が大きく開かれたドゥレッツァだが、昨年秋にデビューするも春先には爪を痛め、さらには傷腫れの影響から2度も予定レースを回避するなど、春のクラシックには縁がなかった。ここにきてようやく力を付けてきた、いわゆる夏の上がり馬である。

 また、ドゥレッツァの父ドゥラメンテは一昨年の菊花賞馬タイトルホルダーを輩出しており、母モアザンセイクリッドも現役時代にはニュージーランドでオークス(G1)を制し、芝3200mの重賞オークランドC(当時G1)でも3着に入った。むしろ長距離は大歓迎の傾向だと思える。

 さらに管理する尾関師は「ある程度、距離は持つタイプ」と示唆し、前走騎乗したC.ルメール騎手も「長くいい脚を使ってくれた。上のクラスでもいける」とポテンシャルの高さに太鼓判を押していたほどだ。

 夏の上がり馬といえば、古くはメジロマックイーンやマヤノトップガンらの菊花賞馬を思い出す方も多いだろう。そこで過去20年の菊花賞の勝ち馬を見てみると、ワールドプレミアやフィエールマンといった重賞未勝利の夏の上がり馬が9頭とおよそ半数を占めている。

 気になるドゥレッツァの次走は今のところ未定だが、菊花賞を視野に入れてローテーションを組むとのこと。このまま一気に連勝街道で世代頂点に立つ可能性も十分に考えられるだけに、今後ますます注目を集めそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

戸崎圭太「馬に助けられました」4連勝ドゥレッツァが菊花賞戦線に急浮上! 母はニュージーランドのオークス馬で3200mのG1で好走のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安