GJ > 競馬ニュース > メジロマックイーンの孫ナイトインロンドンが3連勝で菊花賞へ!出世レースの阿寒湖特別を完勝し、長距離の名手に大きな手応え
NEW

メジロマックイーンの孫が3連勝で菊花賞へ!出世レースの阿寒湖特別を完勝し、長距離の名手に大きな手応え

【この記事のキーワード】, ,
メジロマックイーンの孫が3連勝で菊花賞へ!出世レースの阿寒湖特別を完勝し、長距離の名手に大きな手応えの画像1
和田竜二騎手 撮影:Ruriko.I

 30日、札幌競馬場で行われた阿寒湖特別(2勝クラス)は、1番人気のナイトインロンドン(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)が勝利。今年4月が初勝利と遅れてきた大器が3連勝で菊花賞(G1)戦線に浮上した。

 過去の勝ち馬にステイゴールドやマンハッタンカフェ、ファインモーションといった名馬が名を連ねる札幌の出世レースに、新たな新星が登場した。

 14頭立て芝2600mのレースで単勝1.8倍の大本命に支持されたナイトインロンドンは、中団から早めの進出を開始すると4コーナーで先頭集団を射程圏に。最後の直線でも脚色は衰えず、2着ライリッズに2馬身差をつける完勝で3連勝を飾った。

「高いステイヤーの素質を感じさせるレースでした。レース後に大竹調教師も『道中、手が動いてると思いました』と指摘していたように、向正面で和田竜二騎手の手綱が動いていた際は『大丈夫かな?』と思ったのですが、どうやら手応え自体は『楽だった』そうです。

その名の通り、マイラーとして活躍したグレーターロンドンを父に持つナイトインロンドンですが、芦毛の馬体はメジロマックイーンを父に持つ母譲り。豊富なスタミナも母父から受け継がれているのかもしれません。ジョッキー、調教師とも菊花賞を意識したコメントをしていましたし、秋が楽しみになる1勝だったと思います」(競馬記者)

出世レースを完勝し、長距離の名手に大きな手応え

 一昨年、昨年、そして今年と天皇賞・春(G1)で2着したディープボンドの主戦として有名な和田竜騎手だが、長距離の名手としても名高い。

 古くは世紀末覇王と言われたテイエムオペラオーとの名コンビを始め、2005年の天皇賞・春では14番人気のビッグゴールドを2着に導いて大波乱を演出。最近でも2017年の菊花賞で13番人気のポポカテペトルで3着と、3000m以上のレースではどんな馬でも「和田竜騎手が乗っているだけで要注意」と言われるほどの成績を叩き出している。

「ここ3戦連続で東京を使われていたように、いわゆる跳びの大きな馬で本来は大きなコース向き。和田竜騎手も『小回りで楽ではないと思っていた』と振り返っていましたが、今回は勝負所で馬群を縫っていく器用さも見せていました。

和田竜騎手も『(札幌を)こなしてくれて先々に向けて収穫がありました』と、今回の勝利に大きな手応えを感じている様子ですし、近年の菊花賞は道中に動ける器用さも重要なファクターの1つ。今年は春のクラシックの上位陣が軒並み菊花賞へ向かうことが予想されていますが、『大きいコースならもっと動けるし、菊花賞に向けて楽しみ』と本人もまんざらではない様子でした」(同)

「菊花賞を目標に一度美浦に戻りますが、まだ馬は完成途上。暑いのでトライアルを挟むのかなどはまた考えます」とは大竹調教師。2勝クラスを勝ち上がったことで、賞金的にも菊花賞へ大きく視界が開けたことは間違いない。

 歴史的名ステイヤー・メジロマックイーン譲りの芦毛の馬体が、秋の淀で大仕事をするかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

メジロマックイーンの孫が3連勝で菊花賞へ!出世レースの阿寒湖特別を完勝し、長距離の名手に大きな手応えのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ