GJ > 競馬ニュース > 【エルムS(G3)展望】砂上でオルフェーヴルの血が覚醒!? 重賞4勝オーソリティが復帰戦!
NEW

【エルムS(G3)展望】砂上でオルフェーヴルの血が覚醒!? 重賞4勝オーソリティが復帰戦!

【エルムS(G3)展望】砂上でオルフェーヴルの血が覚醒!? 重賞4勝オーソリティが復帰戦!の画像1
オーソリティ

 8月6日、札幌競馬場では北海道開催で唯一のダート重賞、エルムS(G3)が行われる。今年は芝で重賞を4勝している「あの馬」の復帰戦として注目が集まりそうだ。

 3歳春の青葉賞(G2)を皮切りに、3~4歳時にアルゼンチン共和国杯(G2)を連覇、さらに昨年2月にはサウジアラビアのネオムターフC(G3)を制したオーソリティ(牡6歳、美浦・木村哲也厩舎)が、キャリア14戦目で初めてダートに矛先を向けてきた。

 昨年はドバイシーマクラシック(G1)で3着に好走後、待望のG1制覇を懸けて宝塚記念(G1)に出走予定だったオーソリティ。ところが、馬場入場後に跛行を発症してしまい、無念の競走除外となっていた。

 その後の検査で右第3中手骨を骨折していたことが判明。長期休養に入っていたが、久々の実戦を北の大地で迎えることになった。

 芝では重賞4勝の実績を誇るが、ダート適性は未知数。ただし、父オルフェーヴルは古馬になってダートで能力を開花させる産駒が多いことはあまりにも有名だ。

 今年のドバイワールドC(G1)を制したウシュバテソーロを筆頭に、マルシュロレーヌ、ギルデッドミラー、ショウナンナデシコなどがダートで覚醒。国内外問わず、砂の大舞台で本格化した馬も少なくない。

 特にオーソリティは、母の父がダートの活躍馬も多いシンボリクリスエス。血統的にもいきなりダート重賞で好走しても何ら不思議はないだろう。

 鞍上はコンビ通算「3-1-1-0」の成績を誇るC.ルメール騎手。タイムフライヤーとのコンビで制した3年前に続く当レース2度目の優勝を狙う。

 そんなルメール騎手とオーソリティの最大のライバルとなりそうなのは、キングカメハメハ産駒のペプチドナイル(牡5歳、栗東・武英智厩舎)だ。

 こちらはデビューから芝で2戦続けて凡走した後、ダートに転向。昨年の秋に3勝クラスを突破し、オープン入りを果たした。

 オープン昇級後の3戦は、6着、4着、7着とやや苦戦していたが、2走前の大沼S(L)で富田暁騎手と4度目のコンビを組むと3馬身差で完勝。向正面でいったんハナを奪われる苦しい展開からオープン初勝利を挙げた。

 続くマリーンS(OP)は、57.5kgのハンデを背負ったが、鞍上の藤岡佑介騎手がハナを奪って、そのまま押し切り勝ち。最後は2着馬に3馬身半差をつける快勝で、中1週のローテーションを克服している。

 満を持して初めての重賞に挑戦するペプチドナイルだが、鞍上には大沼Sでコンビを組んだ7年目の富田騎手が再び起用された。富田騎手はこれまでJRAの重賞に46回挑戦し、22年のアイビスサマーダッシュ(G3)2着が最高着順。人馬ともに重賞初制覇のビッグチャンスを迎える。

 ダート重賞のタイトルを2つ保持しているエスポワールシチー産駒のペイシャエス(牡4歳、美浦・小西一男厩舎)も侮れない。

 昨年のユニコーンS(G3)で初タイトルを獲得すると、ジャパンダートダービー(G1)で2着に好走。秋には日本テレビ盃(G2)で4着、JBCクラシック(G1)でも3着と強豪古馬とも対等に渡り合う活躍を見せた。

 2つ目のタイトルを獲得したのは昨年12月の名古屋グランプリ(G2)。先に抜け出したヴァンヤールをゴールまでハナの差で交わし、古馬相手に重賞勝利をマークした。

 近走は2000m以上の長めの距離を使われているが、近2走は川崎記念(G1)で7着、ダイオライト記念(G2)で5着と、2戦続けて馬券圏外に消えている。今回は距離を一気に700m短縮しての一戦。これまで距離短縮時は「0-0-0-2」と結果は出ていないが、相性のいい菅原明良騎手と2戦ぶりのコンビで重賞3勝目を手に入れたい。

 2歳時に兵庫ジュニアグランプリ(G2)を制覇したセキフウ(牡4歳、栗東・武幸四郎厩舎)は、その後もサウジダービー(G3)2着、ユニコーンS2着、さらに韓国で開催されたコリアC(G3)3着など国内外で上位争いに加わっている。

 近2走は北海道に滞在し、大沼Sで2着、マリーンSで3着と安定感を発揮。今回は武豊騎手との初コンビでJRA重賞初勝利を狙いにきた。

 池添謙一騎手との新コンビで臨むのは、昨年のレパードS(G3)を制したカフジオクタゴン(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。その後は勝利こそないが、白山大賞典(G3)と佐賀記念(G3)でともに3着に好走している。鞍上はメイショウトウコンとのコンビで制した2007年以来の当レース2勝目を狙う。

 この他には、ムラはあるが嵌れば重賞でも通用する末脚を持つハセドン(牡4歳、栗東・安田翔伍厩舎)、前走アハルテケS(OP)でオープン特別初勝利を挙げたタイセイサムソン(牡5歳、美浦・奥村武厩舎)、今年初戦に園田で勝利を挙げると、中央に再転入後も勝利を重ね、目下4連勝中のワールドタキオン(牡5歳、美浦・斎藤誠厩舎)などにも注意が必要だ。

 今年のエルムSはオーソリティがあっさり勝利を飾るのか、それともダート馬が意地を見せるのか。発走は8月6日の15時35分を予定している。

【エルムS(G3)展望】砂上でオルフェーヴルの血が覚醒!? 重賞4勝オーソリティが復帰戦!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ