GJ > 競馬ニュース > 北村友一「完全復活」の序章!
NEW

北村友一「完全復活」の序章!「チーム・クロノジェネシス」が手掛けるキタサンブラック産駒がチェルヴィニア弟を完封で2歳“レコード”V

北村友一騎手とクロノジェネシス
かつて一世を風靡した北村友一騎手とクロノジェネシス

「チーム・クロノジェネシス」がハイレベル新馬を快勝!

 9日、東京競馬場で行われた2歳新馬は、3番人気のクロワデュノール(牡2歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が勝利。母に英オークス(G1)2着のライジングクロスがいる良血馬がデビュー戦を快勝した。

 6月から開幕した2歳新馬で初の東京・芝1800m戦ということもあって、期待の素質馬が集結。1番人気は今年のオークス(G1)を勝ったチェルヴィニアの半弟アルレッキーノ。2番人気は調教で抜群の動きを見せていたブラックセイバー。キタサンブラック産駒のクロワデュノールは3番人気だった。

 レースは、アルレッキーノとクロワデュノールが頭一つ抜けた好スタートで幕を開けた。内からブラックセイバーらが抵抗するも結局、ハナを切ったのはアルレッキーノとC.ルメール騎手。クロワデュノールと北村友一騎手はこれを追走するような形の2番手に控えた。

 1000mを61.3秒で通過し、最後の直線を迎えると前を走っていた2頭のマッチレースが展開。馬なりのまま後続を引き離すと、ルメール騎手と北村友騎手のアクションが徐々に大きくなる。同じサンデーレーシングの勝負服をまとった2人のスパートはほぼ同時だったが、追い出してからの手応えは歴然。最後はクロワデュノールがアルレッキーノに2馬身半差をつけてゴールした。

シンエンペラー
今年のクラシックを沸かすシンエンペラーも、東京・芝1800mを好タイムでデビュー勝ちした

「素質馬同士が激突する見応えのあるレースでしたね。最後はクロワデュノールとアルレッキーノの一騎打ちになりましたが、スタート直後の2ハロン目が11.4秒とややハナ争いが激しくなった中で1、2番手を走っていた馬。普通の馬なら終盤で失速してもおかしくないのですが、逆に後続を突き放す走りを見せただけに素質はかなり高そうです。

また勝ち時計の1:46.7は、6月の東京・芝1800mの2歳新馬戦で歴代最速。この開催の東京・芝1800mといえば、昨年ここを勝ったダノンエアズロックは今年の日本ダービー(G1)まで駒を進めています。他にもダービーで3着だったシンエンペラーや昨年のダービー馬タスティエーラ、一昨年の皐月賞馬ジオグリフなどが東京・芝1800mでデビューしているだけに今後の楽しみが膨らみますね」(競馬記者)

北村友一騎手
北村友一騎手

1年以上の戦線離脱を乗り越え、完全復活を目指す北村友一騎手

「前の馬(逃げたアルレッキーノ)がしっかり走れそうだったので、それを目標に4コーナーから動かして早めのレースをしました」

 レース後、そう振り返ったのはクロワデュノールの鞍上・北村友騎手だ。かつてクロノジェネシスとのコンビで一世を風靡し、2018年には90勝を挙げてリーディング6位に食い込むなど若手の代表的な存在だったが、2021年に大きな落馬事故に巻き込まれた。

 診断の結果、背骨に8本の骨折が見られる重傷。2022年6月11日の復帰までに1年以上の時を擁した。その後、なかなか結果が出ない日々が続いていたが、昨年は40勝を挙げるなど、じょじょにかつての姿を取り戻しつつある。

「昨年の夏の“裏函”(競馬開催はないが、近くの札幌が開催している関係で多くの馬が滞在している)で北村友騎手を見かけたときは驚きました。

大半のジョッキーはレースのある札幌にいて、ここに残ったジョッキーは滞在する各馬の調教で大忙しになることもあって、基本的には乗鞍を求める若手が中心なんですが、実績のある北村友のようなジョッキーが精力的に追い切りをこなしている姿が印象的でしたね。おそらくですが、馬にたくさん乗ることで、少しでも早く感覚を取り戻そうとしていたのだと思います」(別の記者)

「初戦を無事に勝ててよかったです」

 北村友騎手×斉藤厩舎×サンデーレーシングといえば、かつての盟友クロノジェネシスとまったく同じコンビ。破格の時計でデビュー戦を制したクロワデュノールが、あの時のような旋風を巻き起こすか。来年のクラシックへ、また1頭有力な存在が台頭した。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

北村友一「完全復活」の序章!「チーム・クロノジェネシス」が手掛けるキタサンブラック産駒がチェルヴィニア弟を完封で2歳“レコード”Vのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬