GJ > 競馬ニュース > 天皇賞・春(G1)レース当日にまさかの落馬負傷、相棒も故障で長期離脱…北村友一騎手×ディアスティマが残した2年前の忘れ物
NEW

天皇賞・春(G1)レース当日にまさかの落馬負傷、相棒も故障で長期離脱…北村友一騎手×ディアスティマが残した2年前の忘れ物

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞・春(G1)レース当日にまさかの落馬負傷、相棒も故障で長期離脱…北村友一騎手×ディアスティマが残した2年前の忘れ物の画像1
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 30日には、京都競馬場で天皇賞・春(G1)が開催される。

 同レースは昨年、圧巻の強さで他馬との格の違いを見せたタイトルホルダーと横山和生騎手のコンビに連覇がかかるレースでもある。その他にも、苦楽を共にした間柄のディープボンドと和田竜二騎手は、悲願のG1初制覇を目指す。

 また、かつてのパートナーに手綱が戻り、前走の阪神大賞典(G2)を制したジャスティンパレスとC.ルメール騎手、同レースを2着と惜敗したものの新コンビで長距離界に名乗りを上げるボルドグフーシュと川田将雅騎手といったメンバーが新長距離王を目指す。

天皇賞・春(G1)レース当日にまさかの落馬負傷、相棒も故障で長期離脱…北村友一騎手×ディアスティマが残した2年前の忘れ物の画像2
ディアスティマ

 そんな中、北村友一騎手とディアスティマ(牡6歳、栗東・高野友和厩舎)が、2年越しにコンビで天皇賞・春の出走を実現させる。

 2年前の2021年に本番と同じ阪神3200mで行われた松籟S(3勝クラス)を快勝し、北村友騎手が「スタミナが豊富な馬」と高く評価していたディアスティマ。その勢いのまま天皇賞・春に駒を進めたが、開催当日に北村友騎手が落馬……。ディアスティマは、坂井瑠星騎手に乗り替わって6着に終わった。

 無念の北村友騎手だったが、休養中には『Number』(文藝春秋)のインタビューに応じ「怪我の前よりも進化した、成長した自分になって戻ってきたい。今はそういう気持ちで頑張っています」と語っている。

 しかし、その後は長期休養を経て復帰を果たしたものの以前の活躍ぶりが影を潜め、現在まだ4勝と苦戦。2018年には90勝を挙げてリーディング6位と次代を担う若手の1人に挙げられていたが、当時の精彩を欠いてしまっている状況だ。

 また、ディアスティマも次走の札幌日経オープン(L)を勝利した後に右前脚の種子骨靱帯炎を発症。約1年2か月後に復帰し、北村友騎手と再びコンビを結成したものの3連敗を喫している。

 大きなアクシデントによって長期離脱を余儀なくされた人馬だが、光明が見えたのが前走の日経賞(G2)だ。勝ち馬のタイトルホルダーとは差が開いたが、道悪で先行馬が崩れる中、直線では大きくバテずに3着。重賞で通用するスタミナを改めて証明し、上昇気流に乗って本番を迎えている。

 北村友騎手はパートナーの健闘に「終始リズムよくしっかりと走り切ってくれた」とコメント。一度は幻に終わった長距離王決定戦へ、2年前の“忘れ物”を取りに行く準備は整った。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

天皇賞・春(G1)レース当日にまさかの落馬負傷、相棒も故障で長期離脱…北村友一騎手×ディアスティマが残した2年前の忘れ物のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?