GJ > 競馬ニュース > クロノジェネシス元主戦が「油断騎乗疑惑」で騎乗停止処分!ノーステッキ楽勝ムードからまさかの敗戦…「後味の悪さ」残る結果もキズナ産駒の素質馬がデビュー勝ち
NEW

クロノジェネシス元主戦が「油断騎乗疑惑」で騎乗停止処分!ノーステッキ楽勝ムードからまさかの敗戦…「後味の悪さ」残る結果もキズナ産駒の素質馬がデビュー勝ち

【この記事のキーワード】, ,
クロノジェネシス元主戦が「油断騎乗疑惑」で騎乗停止処分!ノーステッキ楽勝ムードからまさかの敗戦…「後味の悪さ」残る結果もキズナ産駒の素質馬がデビュー勝ちの画像1
北村友一騎手 撮影:Ruriko.I

 あってはならないことが起こってしまったのは10日、中京5Rに行われた3歳未勝利だ。

 芝2200mを舞台に争われたこのレースは、最後の直線で北村友一騎手のアスクカムオンモアが持ったままの手応えで、逃げていた単勝1.5倍の大本命馬サンブノワを交わし先頭へ。レース後に同騎手が「抜け出してからもスピードは落ちず、トップスピードを維持してくれた」と振り返っていた通り、手応えも十分に残っていたため、あとは流す程度でも勝てると考えたのかもしれない。

 しかし、外からさらに脚色の上回る3番人気オールセインツ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が追い上げていたことは、北村友騎手にとっても想定外の展開だったはずだ。直線でムチを一度も入れることなく勝ち馬に交わされたアスクカムオンモアは半馬身遅れてゴール。一見すると楽勝ムードに思えても、実際のところは余力が残っていなかった可能性があるとはいえ、北村友騎手が最後まで全力で追っていれば、結果も変わったのではないかと感じたファンがいてもおかしくなかっただろう。

 見方によっては油断騎乗とも受け取られかねない北村友騎手の騎乗ぶりには、JRAも「明確に着順に影響があったとは認められないものの、騎手としての注意義務を怠ったもの」と判断。裁決の結果、同騎手は23日から2日間の騎乗停止処分を課せられることとなった。

「うーん、これは難しいところですね……。レース後のダメージを軽減するために、楽勝ムードの騎手がゴール前で緩めるのを見掛けることも珍しくはありませんが、それは勝利を完全に確信できていればこそです。

特に競馬はスポーツとしてだけではなく、公営ギャンブルとしての側面を持っていますから、着順に影響する疑わしい動作は御法度。公正競馬の観点からも厳しい処分が下されます。故意かどうかはともかくとして、仕方のない処分だったように思います」(競馬誌ライター)

 近年、同様の疑惑で騎乗停止処分が下されたケースは、2021年の有馬記念(G1)前日、横山武史騎手が同様の騎乗で明確に着順に影響があったとは認められなかったものの、2日間の騎乗停止処分を受けたことを覚えているファンもいるだろう。

 ちなみに過去には黛弘人騎手、四位洋文元騎手も追う動作を緩めて制裁を受けたこともあるが、こちらも『騎手としての注意義務を著しく怠った油断騎乗である』と認められた上で、より重い30日間(開催日9日間)という騎乗停止処分が課せられている。

名門からキズナ産駒の「大物」がまたも出現

 その一方で北村友騎手に油断騎乗疑惑が降りかかる原因となったオールセインツが強かったことも事実。キズナ産駒の本馬は近親に秋華賞馬エアメサイアなどがいる良血でセレクトセールでも約9000万円の高値がついた期待馬。管理する友道調教師は戦前「まだ前向きさがひと息で、トップスピードに上がりません。使ってからでしょう」と慎重なコメントを出していた上に今回は既走馬が相手の初出走だったのだから、この勝利には価値がある。

「私も正直、最後の直線はアスクカムオンモアの楽勝だと思って見ていましたのでこれは恐れ入りました。管理する西の名門・友道厩舎からは共同通信杯(G3)を勝ったジャスティンミラノ、3日のデビュー戦を5馬身差で快勝したジュンヴァンケットに続いてまたもキズナ産駒の大物が現れましたね」(同)

 レース後、藤岡康太騎手は「勝負どころで待たされる形になりましたが、外に出すと一歩ずつ反応してくれました。勝ち切ってくれたのは何よりです」と、ややロスがありながらも強烈な末脚を爆発させたパートナーを評価し、初陣を飾れたことに安堵の様子だった。

 結果的に楽勝ムードの馬がノーステッキで敗れるという、少々後味の悪いレースにはなったものの、オールセインツが強過ぎたために想定外の事態にまで発展したとすれば、北村友騎手も不運だったのかもしれない。本調子とはいえない状態でデビュー勝ちを決めたオールセインツは、次走でも注目して損はなさそうな素質馬だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

クロノジェネシス元主戦が「油断騎乗疑惑」で騎乗停止処分!ノーステッキ楽勝ムードからまさかの敗戦…「後味の悪さ」残る結果もキズナ産駒の素質馬がデビュー勝ちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  3. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  6. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  7. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  8. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  9. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  10. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート