GJ > 競馬ニュース > 「世代の頂点までも狙える別格の存在」キタサンブラック産駒の良血馬が既走馬相手に初陣V! G1レーシングに「クラシック候補生」誕生!?
NEW

「世代の頂点までも狙える別格の存在」キタサンブラック産駒の良血馬が既走馬相手に初陣V! G1レーシングに「クラシック候補生」誕生!?

【この記事のキーワード】, ,
「世代の頂点までも狙える別格の存在」キタサンブラック産駒の良血馬が既走馬相手に初陣V! G1レーシングに「クラシック候補生」誕生!?の画像1
撮影:Ruriko.I

 3月も半ばに突入し、春G1シリーズの足音が聞こえてきた。来週末の24日には中京で高松宮記念(G1)、その翌週には阪神で大阪杯(G1)が行われる。

 そして4月に入ると桜花賞(G1)、皐月賞(G1)と3歳クラシックも次々スタート。競馬ファンにとってはたまらない季節の到来といえるだろう。

 3歳牡馬にとっては皐月賞や日本ダービー(G1)は最大の目標となるわけだが、3月時点である程度賞金を加算していないと勝つことはおろか、出走することすら難しいのが現実だ。そんな中、10日の阪神で初出走ながら、大物感漂う走りを見せた逸材が登場した。

 それが日曜の阪神4R・3歳未勝利(芝2000m)で、既走馬を相手に勝ち上がったスカイサーベイ(牡3歳、栗東・池添学厩舎)だ。

G1レーシングに「クラシック候補生」誕生!?

 スタートでやや後手を踏み、置かれる形となったスカイサーベイ。レース序盤は無理をせず後方2番手のインで脚を溜めた。向正面で徐々に位置を上げていくと、3~4コーナーの勝負所で一気にスパート。ソウルスターリングの全弟という話題の良血馬シャイニングソードと馬体を並べながら外を回って直線を向くと、一気の伸び脚で先頭へ。残り150m付近で2馬身近いリードを奪うと、最後はシャイニングソードの追い上げをアタマ差で凌いだ。

 レース後、「追い切りに乗って特性を掴んでいました」と話したのは騎乗したB.ムルザバエフ騎手だ。「思ったよりゲートは出なかった」というものの、「最後も物見をしていたくらいで止まっていません。まだ子供っぽいですが、能力は高いです」と課題を挙げながらもスカイサーベイの走りを褒めたたえた。

「良血馬がやっとデビューにこぎつけましたね。しかも既走馬や同じく良血のシャイニングソードらを相手に勝ち切ったのは、今後を見据える上でも大きいと思います。この馬の半兄ヴィクティファルスは、3歳の春にスプリングS(G2)を勝って、牡馬クラシックを歩みました。

スカイサーベイは兄と同じG1レーシングの所有馬ですが、1歳時の募集時のカタログには『世代の頂点までも狙える別格の存在』とまで評された逸材。叔父には未完の大器と呼ばれ、種牡馬としても成功しているシルバーステートがいる超良血馬です。時期的にダービーは厳しいかもしれませんが、菊花賞に間に合うようなら面白い存在になるかもしれません」(競馬誌ライター)

 G1レーシングは、2010年に設立された最も新しい社台系の一口クラブで、これまでにペルシアンナイト、ジュールポレール、ルヴァンスレーヴ、そしてセリフォスの4頭がJRAのG1を勝利している。ただし、牡馬・牝馬ともにクラシックでは未勝利だ。

 スカイサーベイと同じ3歳馬にはゴンバデカーブースという重賞ウイナーもいるが、やや順調さを欠いている。G1レーシングにとってもスカイサーベイは秘密兵器となるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「世代の頂点までも狙える別格の存在」キタサンブラック産駒の良血馬が既走馬相手に初陣V! G1レーシングに「クラシック候補生」誕生!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感